「むさしのの野菜」タグアーカイブ

【晴れました~☼】第13回 Musashinoごちそうフェスタ『物産・逸品市』開催中です!

朝の天気とは打って変わって、晴天の中、開催中です!

晴れました~(((o(*゚▽゚*)o)))
お昼過ぎ、晴れたのもあって、だんだんお客様も増えてきました。
武蔵境からマイスタームラカミさんも出店!
「むさしのプレミアム」でもお馴染みの、武蔵野花凛さんと紅梅堂さん。
日本酒の試飲もさせていただけます🍶
コムギキッチンの玉子焼きは絶品
吉祥寺ではお馴染みのお店も出店。
五日市街道沿いのお肉屋さん、白川牛肉店のコロッケ、大好きです。(む~観スタッフは伺ったときは売り切れ、入荷待ち状態でした。)

チャリティ林檎
茨城県北物産コーナー。ねば~る君LEDライトも販売中!
武蔵野地粉うどんも毎年大人気
列の最後尾。武蔵野地粉うどんののぼり旗がはためいています。
家庭での使用済み油、期限切れ油の回収も行っています。

“物産・逸品市”は、この後16時まで、東急百貨店吉祥寺店 北側広場にて開催しています!

※武蔵野市内の小学生ファミリーが育てた大根、市内産野菜の販売は、販売開始から約1時間で完売となりました。ありがとうございました。

『第13回 Musashinoごちそうフェスタ』は、11月30日まで開催しています。詳しくはこちら→http://musashino-kanko.com/musashino-event/mg-festa-2017/

 

【☂の中、開催中です!】第13回 Musashinoごちそうフェスタ『物産・逸品市』

午後は☔、やみます!

みなさんどうぞ、吉祥寺東急百貨店北側広場へ、武蔵野市の美味しいものを食べに来てください😋

写真は、100円以上の募金で貰える、蜜がたっぷりの「ごちそうフェスタ」ロゴ入り林檎🍎です。

物産・逸品市の大人気企画、チャリティー林檎🍎。

集まった募金は、東日本大震災の復興・復旧支援を目的に寄付します。 ※林檎がなくなり次第終了となります。

【武蔵野市 市制施行70周年記念事業】『第13回 Musashinoごちそうフェスタ』物産・逸品市についての詳細は、コチラ>>http://musashino-kanko.com/musashino-event/mg-festa-2017/

 

 

 

除草ヤギさん、間もなく山へ帰ります。

こんな天気☔☂⛆なので、楽しい話題を!

先日、むさしのNOW!にも掲載した、農業体験農園「野菜塾さかい村」の除草ヤギさん。10月で今年のお仕事を終え、山へ帰って行くそうです。

む~観スタッフ達の方へ向かってダッシュ💨して来るヤギさん達。

何かくれるの~?

みんな仲良く。

近所にお住いのごきょうだいが、ヤギさんに会いに来ていました~😃

とっても人に慣れています。
今年も私たちを癒してくれて(人”▽`)ありがとう☆

農業体験農園「野菜塾さかい村」の3,000坪の畑。

農業体験農園「野菜塾さかい村」は、市民農園と違い、指導を受けながら農作業が出来るので、プロ並みの野菜を作ることが出来ると評判です。

毎年市報で入園者を募集するそうですので、興味のある方はチェックしてみてください(^_-)-☆

農業体験農園「野菜塾さかい村」
〒180-0022 武蔵野市境2-11-7

【武蔵野市フィルムコミッションより】7月30日午前10時~テレビ朝日「おかしな刑事16」ON AIR! 緑町市民農園でのロケシーンに注目!

6月4日(日)、緑町市民農園(東京都武蔵野市緑町1丁目6番)にてTVドラマ「おかしな刑事16  居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査」の撮影が行われました。そのシーンを含むドラマ放送日が決まりましたのでお知らせします。

「おかしな刑事シリーズの新作が日曜ワイドにて登場!!
今回は鴨志田さんがそば打ちを習いに行った先で事件が!?
どんな結末が待っているのか、お楽しみに!
放送:テレビ朝日系列全国ネット
2017年7月30日(日)10:00〜11:50」(http://www.lespros.co.jp/news/detail/12634より)

http://www.tv-asahi.co.jp/nwide/(テレビ朝日 日曜ワイドHP)

トマトの枝ぶりを入念にチェック
藤棚の下でもロケがありました。

 

【武蔵野市フィルムコミッションより】

ロケは、市民の方が実際に育てていらっしゃるトマト畑をお借りし行われました。当日は日曜日のため、農作業に訪れる方も多く、本番の際には一時、会話や作業を止めていただくなど、多大なご協力をいただきました。本当にありがとうございました。

【St. valentine’s day♡開催】武蔵野ウド品評会・即売会にむさしのプレミアム商品が出店します!

む~観HPでもご紹介しておりますウド品評会・即売会に、今年もむさしのプレミアムから紅梅堂さんが出店予定です!

2016年紅梅堂出店の様子。
2016年紅梅堂出店の様子。

続きを読む 【St. valentine’s day♡開催】武蔵野ウド品評会・即売会にむさしのプレミアム商品が出店します!

「ここでしか…」が多くない?!レア度高いです!『むさしの青空市』

リサイクルと市民交流の催しとして毎年人気の『むさしの青空市』が今年も開催されます。

第36回むさしの青空市

開催日 2016年11月13日(木)
時 間 10:00~15:00 ※雨天決行
場 所 むさしの市民公園(武蔵野市役所南側)
 主 催 武蔵野市・むさしの青空市実行委員会

続きを読む 「ここでしか…」が多くない?!レア度高いです!『むさしの青空市』

食の祭典『Musashinoごちそうフェスタ』まもなく開催!!

毎年秋に開催される武蔵野市の食の祭典『Musashinoごちそうフェスタ』の開催までまもなくです!!

ごちそうフェスタ2016

イベントに合わせて発行される「ごちそうフェスタガイドブック」は市内約500店の飲食・食品店が紹介されていてとっても便利!
当然、年間を通じて大人気!!多くの方に手に取っていただいています。 続きを読む 食の祭典『Musashinoごちそうフェスタ』まもなく開催!!

めっちゃ癒される2景@武蔵境・高橋農園

現在、武蔵境・高橋農園には野菜以外のお楽しみが2つあります。

1)ひまわり
IMG_ひまわり1

目前に迫る”ひまわり”は大きく花を咲かせ、夏の訪れを告げています。 続きを読む めっちゃ癒される2景@武蔵境・高橋農園

実は武蔵野市が発祥の地だった野菜”うど” 恒例の『うど品評会』開催

うど1

シャキシャキとした歯ごたえと清々しい香りが特徴の野菜”うど(独活)”は今が旬です。

東京を中心に関東各地で栽培されていますが、実は武蔵野市・吉祥寺がうど栽培発祥の地で、江戸時代後期(天保年間)から現在まで約200年にわたり栽培が続けられています。

うど

吉祥寺産のうどは『東京うど』として全国に知れる農産品となっていますが、吉祥寺で栽培が始まったころは多くの関係者が技術開発、改良に尽力し現在に至っています。
毎年、市内の生産者が出来を競う『うど品評会』が恒例となっています。会場では真っ直ぐに伸びた純白の”うど”が春の香りを漂わせています。
また、即売会やうど料理の試食会もあり、うどの春巻きとか、ラーメンにうどをトッピングなんて言う目新しいメニューを体験できますよ!

うど品評会

開催日  2016年2月22日(月)
場 所 JA東京むさし・武蔵野支店
即売会 11:45~12:45 1階入口前
品評会の一般観覧 12:00~13:00 2階会議室

昨今では、京野菜や鎌倉野菜など、産地名を改めて冠することでアピールするご当地野菜がブランド的な人気を博している中、江戸から始まり、明治、大正、昭和、そして現代まで、生産が続いている野菜は『伝統野菜』と呼ばれ関心が高まっています。

JA東京中央会では江戸期から始まる東京の野菜文化を継承する在来種・在来の栽培法等に由来する伝統野菜を『江戸東京野菜』として商標登録し(2011年)、現在約30品種がブランド化されています。
それら『江戸東京野菜』のひとつが『東京うど』で、それぞれの江戸東京野菜には歴史的ストーリーがあります。

  • 吉祥寺発祥『東京うど』のストーリー
    武蔵野には大きな川が無く、米を作るには適さなかったという地理的理由もあり、収入源となるうど栽培が始まりました。
    江戸後期の野菜と言えばホウレンソウや小松菜、ネギが中心で今ほど種類が豊富ではありませんでした。そこに香りの良い『うど』が登場し人口100万人を数える大消費地江戸市中で人気の野菜となりました。
  • 武蔵野うど栽培の歴史を伝える『うど橋』
    JR中央線武蔵境駅から徒歩約10分。玉川上水の桜橋と境橋の間にうど栽培の歴史を伝える『うど橋』が架かっています。橋の東側には『独活の碑』があり、次のような碑文が刻まれています。
    「今から180年前(天明5年頃)よりこの土地の人々は薪炭をつくり、または落葉の温熱で軟化独活を栽培し、生活していた。近年栽培法がいろいろと改善されて、早期大量出荷され、全国に東京うど特産地として有名になった。このたび、由緒ある玉川上水への橋をかけられるのにあたって、特産地の名をとどめるため独活橋と命名されたものである」
    うど橋

東京うどの他、練馬大根、亀戸大根、品川かぶ、寺島なす、などは名前を聞いたことがあると思いますがこれらも東京野菜に認証されています。
例えば、練馬大根には、幕府の五代将軍・徳川綱吉が練馬で大根をつくらせた…などのストーリーがあります。

大都市東京に『江戸東京野菜』という歴史と伝統を語れる野菜があるなんて魅力的だと思いませんか。

武蔵境で激辛ラリー開催!

旨いもん!ちらし表_リサイズ

実はとうがらしの産地で有名だった武蔵境で激辛名物を食べて廻るスタンプラリーが開催されています!
■期間 2015年10月1日(木)~10月31日(土)
■参加費 無料
■場所 JR武蔵境駅の周辺

武蔵境活性化委員会は2010年度より武蔵境産唐辛子づくりに取り組み、地域参加型の『HOT』なイベントを行っています。

武蔵境の激辛モノは辛いだけじゃない!
旨くてやみつきになる辛さなのです!
武蔵境のお店を回るスタンプラリー、『旨いもん!ラリー2015』で是非お試しください。

【参加店舗】
・イルカプリッチョ
(武蔵野市境南町2-13-6 0422-33-0012)
・東大楼
(武蔵野市境2-2-3 0422-52-0033)
・昌里亭
(武蔵野市境1-2-3 0422-55-8929)
・武蔵境増田屋 蕎麦処ささい
(武蔵野市境2-11-2 0422-51-4366)
・麺や純氣
(武蔵野市桜堤1-8-5 増田ビル1F 0422-57-6816)
・ハイナン焼きショーロンポー
(武蔵野市境2-3-1 0422-37-0539)
・チリエージョ
(武蔵野市境1-3-4 1F 0422-38-7838)
・コックテイルハンバーガーズ
(武蔵野市 境南町2-1-22 1F 0422-39-7707)
・上海楼
(武蔵野市境南町2-8-6 1F 0422-31-8105)
・むさしの野菜食堂ミルナーナ
(武蔵野市境南町2-17-5 センチュリー境南2 0422-30-9195)
・ママの休日
(武蔵野市境南町2-13-12 090-3816-2100)
・クック・チャム
(武蔵野市境1-3-1  1F 0422-60-2799)
・木蘭(ムーラン)
(武蔵野市境2-2-20 0422-54-4785)

以上13店舗です!

【武蔵境の唐辛子栽培の取り組みについて】
昭和初頭まで武蔵野近郊では「八房唐辛子」というとても辛い唐辛子が栽培されていた歴史があります。
武蔵境活性化委員会では、2010年度より武蔵境産唐辛子づくりに取り組んでいます。また次代を担う子ども達に、自然にふれ、環境・食の大切さを感じてもらうために『アグリ体験プロジェクト』を実施し、苗植えから収穫までの工程を子ども達に手伝ってもらい栽培し、「武蔵境産とんがらし」として販売しています。
また、武蔵境の飲食店では『さかいHOTほっとプロジェクト』として武蔵境産とんがらしを使用したオリジナルメニューを提供しています。
(武蔵境活性化委員会発行iisakaii(いいさかい)参照)