むー観 のすべての投稿

街中でクリスマスの気分が高まる季節がやって来ました!

いよいよ12月に入ります。
吉祥寺の街ではクリスマスソングが流れ、お店のウインドウにはクリスマスグッズが並び始めています。

通りごとに違った雰囲気を持つイルミネーションが輝いています。近くを通り過ぎる時にチェックしたいイルミネーションの幾つかをご紹介します。
2015イルミ_南口

ペニーレーン2
2015イルミ_平和通り

2015イルミ_ダイヤ街

街にはまだまだたくさんの光の演出がなされていますので、お気に入りのイルミネーションを見つけるのも良しですね☆

お茶を飲みながら、食事をしながら、ショッピングをしながら、
『○○…しながら』、光が降り注ぐような、華やかで幻想的な世界を楽しめますよ!

なんだかウキウキしてきませんか?
今年最後のひと月を、心豊かにお過ごしください。

 

必見!ここにストーリーあり!『武蔵野市の歴史と文化財』~蕨手刀から凱旋門まで~

武蔵野市立 ふるさと歴史館では、市指定文化財を中心にした『武蔵野市の歴史と文化財の企画展』を開催しています。
2015武蔵野市の歴史展示 ◆展示期間 2015年12月24日(木)
◆場   所 武蔵野市立 武蔵野ふるさと歴史館
        (武蔵野市境5-15-15)

展示では古代~近世~近代まで、武蔵野の時代背景を文化財と歴史上の出来事で解説し、歴史の流れを立体的に捉える事ができる内容となっています。

今回限定で公開された武蔵野八幡宮所蔵の「蕨手刀」は始めて一般公開された資料としても注目の一点です。
蕨手刀と壺

(↑8世紀代の蕨手刀(左)と土師器(壺)/武蔵野八幡宮から出土)

蕨手刀_2

(↑蕨手刀は鉄製の刀で柄頭が蕨の若芽のように渦をまく意匠から命名された。古墳時代の終わりから奈良・平安時代にかけて盛行した刀。北海道から九州にかけて出土しているが、北海道・東北での確認例が8割を占める。)

近世は、現代につながる都市が作られた時代でした。市内に伝わる古文書や検知帳(土地台帳)などの実物を見る事によって、1660年代に開発が始まった吉祥寺村・西久保村・関前村・境村の新田開発の時代を知る事ができます。

古文書_1

(↑開発は計画的なものであったっため「幟」に似た短冊型の耕地が多いことが検知帳の記述でもうかがえる。)

その後、開国への道を歩むことになった日本は欧米諸国による政治的・経済的影響を受け、世界史の大きな動向に巻き込まれていきます。

近世_浮世夢はなし

(↑江戸の風俗を描いた”浮世夢はなし”ではペリー来航時や生麦事件での人々の様子が具体的にみて取ることができる。)

近代は、国民国家が成立する時代へと入り、近代化が欧米列強諸国に追いつくことを意味した。軍事力も重要な要素であり、次第に対外戦争に対応するものへと移行していきました。

展示

(↑明治38年の境停車場に掲げられた”日露戦争凱旋門扁額”(画面右)が公開されている。)

地引絵図

武蔵野市の重要な文化財である『武蔵野市域における「地引絵図」』では吉祥寺村・西久保村・関前村と同新田・境村と同新田の4村の幕末から明治期にかけての景観を知ることができます。
絵図の地割を観察すると、昔の地割と現在の地割が似通っていることがわかります。

是非、昔ながらの名残を発見してみてください。きっと面白いことが見つかりますよ!

更にスペシャルに楽しみたい、歴史をもっと知りたいと言う方は、武蔵野ふるさと歴史館・学芸員の高尾さんに解説をお願いできます。
たっぷりある知識の引き出しからエピソードを切り取って、歴史や人々の生活、文化を解説してくれます!(本当に良く解る)

武蔵野市トレジャーハンティング「探偵ムサシと忘れられた手帳」賞品発送のお知らせ

2015年9月26日(土)より開催しておりました“武蔵野市トレジャーハンティング」「探偵ムサシと忘れられた手帳”は2015年11月3日(火・祝)をもって終了いたしました。

本年もたくさんのご参加をいただき誠にありがとうございました。
また、ご協力いただきましたアンケートを貴重なご意見として、今後のナゾ解きゲームの企画に反映させていただきます。

2015トレジャー抽選会アンケートにお答えいただきました方々から抽選のうえ、ご当選者様に順次賞品をご送付いたします。
※当選の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきますので予めご了承下さい。

 

注目のライブにカモーン!!『キンぱれ』~アートと喋りと落語のライブ~

2015キンぱれ

武蔵野市とは縁の深いイラストレーターのキン・シオタニさんと落語家の立川晴の輔さんの二人が繰り広げる絵と落語と喋りのライブ!!

3年ぶり、6回目となる今回は、キンシオさんの地元武蔵野市で『武蔵野』をテーマに開催されます。

やわらかく、優しく、ゆるく表現するのが得意なキンシオさんと隠居ペディアこと落語家の立川晴の輔さんが”おもしろい武蔵野ネタ”をいっぱい話してくれますよ。

これを聴いたらこれからの吉祥寺、三鷹、武蔵野が楽しくなる!!

「キンぱれ」
■日時 2015年12月19日(土)/13時45分
■場所 武蔵野市民会館大ホール
■出演 立川晴の輔、キン・シオタニ
■問い合せ 080-9875-1122 ツキノニジ(12時~18時)

キンぱれFacebookはこちら
キン・シオタニ公式ページはこちら
立川晴の輔公式ページはこちら

実は、先日キンシオさんがむー観事務局にいらして、さささ~~と自筆でポスターにCMを書き込んで行かれました(どこの部分を書き足したかわかりますか?笑)
その時のもお話しがとっても楽しくて、武蔵野ネタがチラチラと…、
あっと…お後は会場で(笑)
キンぱれポスター

井の頭公園で『かいぼり27』が始まりました

井の頭公園の池の水質浄化と生態系の回復を目的として『かいぼり』が始まりました。
前回の実施は2014年1月~3月でそれ以後は水の透明度が上がった事や、水草の復活などが報告されています。

約2年振りとなる今回は、前回実施されなかった「弁天池」のかいぼりも行われます。弁天池の水が抜かれるのは28年ぶりで、今回は護岸工事も併せて予定されています。

≪弁天池≫
・水抜き 2015年11月10日(火)
・いけ干し期間 2016年2月上旬ごろまで
・魚類など捕獲作業 2015年11月21日(土)~23日(月・祝)
※在来種を保護し、外来種を駆除します。

≪お茶の水池・ボート池・ひょうたん池(2014年実施以来2年ぶり)≫
・水抜き 2016年1月14日(木)
・いけ干し期間 2016年3月上旬ごろまで
・魚類など捕獲作業 2016年1月23日(土)~24日(日)
DSC03175

↑弁天池への水の供給を止め、ポンプで弁天池からボート池に排水しています。(2015年11月12日)

DSC03176

↑池の様子(2015年11月12日)

■参照
武蔵野市役所

読売新聞ONLINE

■かいぼりの主催
東京都・武蔵野市・三鷹市および21関係団体

コウノトリ保全フォーラム『野生復帰10年、そして新たな旅立ち』~全国へ そして世界へ~

≪コウノトリ≫
全長約110cm、翼を開いた時は約200cmの大型の水鳥。
全身は白と黒。クチバシは太くて長く、黒味がかった褐色。
脚は赤く、目の周囲にも赤いアイリングがある。
親鳥は鳴き声を出さず、くちばしを叩き合せて音を出し、互いの意思疎通をはかる。

江戸時代には至る所で見られる鳥でしたが、1970年代に日本の空から姿を消しました。

その後、保全活動が始まり、野生復帰まで長い道のりがありました。2005年には兵庫県立コウノトリの郷公園が試験放鳥を開始してから今年で10年の節目の年に『コウノトリフォーラム』が開催されます。

konotori

日 時 2015年11月29日(日)
第1部:10時30分~11時50分
第2部:12時30分~16時45分
場 所 東京都美術館 講堂
(東京都台東区上野公園8-36)
定 員 200名
対 象 中学生以上
内 容 第1部 研究報告を中心に
第2部 講演及びパネルディスカッション
-野生復帰10年、そして新たな旅立ち-

 

応募方法
往復はがき、または、Eメールで以下のとおりお申し込みください。
第1部・第2部どちらか一方のみのお申し込みも可能。
応募者多数の場合は抽選。当落にかかわらず連絡あり。
○往復はがき
 希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢、代表者の住所・氏名・電話番号を明記し、返信面に代表者の住所・氏名を記入のうえ、以下のあて先まで。
【あて先】
〒191-0042 日野市程久保7-1-1
多摩動物公園「コウノトリ保全フォーラム」係
【締 切】
2015年11月15日(日)消印有効
○Eメール
stork2015@tokyo-zoo.net あてに、件名を「コウノトリ保全フォーラム」とし、本文に希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢、代表者の住所・氏名・電話番号を記入して送信。
【締 切】
2015年11月15日(日)送信分まで有効

「コウノトリ保全フォーラム-野生復帰10年、そして新たな旅立ち- ~全国へ そして世界へ~」公式はこちら

 

富山県南砺市と吉祥寺の友好交流イベント「とやま南砺ウィーク」がスタート!

nanto

南砺市と武蔵野市は43年の交流都市で、毎年秋に開催されている富山県南砺市との交流イベントが本日(11月7日)から始まりました。
今年も南砺市が特産品を持って武蔵野市にやってきましたよ!!

今回のイベントパンフレットには素敵なイラストと

“離れた土地で違う文化のヒトとヒトが共に暮らす、そんな新しい友好の関係、互いに無いものをおぎない合い、支え合う姿はとても美しい”

こんな素敵な言葉が添えられています。

実はコレ、今年の吉祥寺のイルミネーションデザインも手がけているアニメーション監督の森本晃司さんのイラストです。(是非イベント会場で手に取ってご覧ください)

南砺市は富山県の南西に位置し、西は石川県、南は岐阜県に接し、どちらにも約1時間の距離です。2015年春北陸新幹線の金沢・富山〜長野間が開業し南砺市がグッと近くなり、吉祥寺からは約4時間で到着できます。

みなさん写真やテレビなどで藁葺屋根の集落を目にしたことがあるかと思いますが、この≪相倉(あいのくら)合掌造り集落≫≪菅沼(すがぬま)合掌造集落≫は世界遺産に登録されています。
紅葉の季節はもちろんですが、雪景色のライトアップは必見の幻想的な風景を目にする事ができます。

さて、今回のイベントでは吉祥寺のまち歩きを楽しみながらいろいろな南砺に出会えます。イベント会場でパンフレットを手に入れて南砺を体験してくださいね。


なんと吉祥寺まち歩き「南砺×武蔵野 結ぶ祭」

■期間 2015年11月7日(土)~15日(日)
■場所 吉祥寺

カフェや雑貨店で南砺に出会える。
期間中カフェや飲食店、雑貨屋などで南砺の食材を使ったスペシャルメニューを提供したり南砺のクラフトを限定販売します。
なんと吉祥寺まち歩きMAP


観光PRキャラバン「JR吉祥寺駅中・観光キャラバン」

日時 11月7日(土)~8日(日)12時~17時
■場所 JR吉祥寺駅構内びゅうプラザ前
■内容 観光PR、南砺市ブランドマーク「NANTOくん」によるPR、観光相談コーナーの開設
JRびゅう


観光物産PRイベント「なんと!幸せのおすそわけ展」

日時 11月7日(土)~8日(日)
7日:11時~午後5時30分
8日:10時~午後5時
■場所 コピス吉祥寺A館1F・ふれあいデッキこもれび
■内容 南砺市の特産品販売、民謡披露、南砺市ブランドマーク「NANTOくん」によるPR、観光PR、南砺市利賀地域特産のクロモジを使ったお茶の試飲や手湯体験。
nanto-kunbussankopisu-kaijo


南砺市は「世界演劇祭」の開催地としても世界的に知られる演劇・舞踏芸術のメッカで、世界的に活躍している劇団≪SCOT≫が拠点として活動を続ける場所です。
そのSCOTが吉祥寺公演を開催します。

吉祥寺シアター SCOT×吉祥寺シアター 公演
日時 12月19日(金)~26日(金)
■演目 『エレクトラ』 『からたち日記由来』 『鈴木演出教室』
■場所 吉祥寺シアター
チケットはSCOT公式でチェック!

※南砺里山倶楽部のHPはこちら

武蔵野市のコミュニティバス・ムーバスが「北斗の拳」「シティーハンター」「義風堂々!! 直江兼続~前田慶次 花語り~」のラッピングで運行中!

”愛され、走り続けて20年”
武蔵野市内を走るコミュニティバス『ムーバス』の運行20周年を記念したラッピングバスが走り始めました!!

ムーバス北西循環2

↑写真は本日の北西循環2

運行期間 2015年11月1日~2016年3月末まで(全5台)

20周年記念のヘッドマークを付けた車体には、漫画のキャラクターがデザインされています。
デザイン協力は市内の漫画編集会社「株式会社コアミックス」や作品の著作権を管理している「株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズ」により

・「北斗の拳」(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983
・「シティーハンター」(C)北条司/NSP 1985
・「義風堂々!!直江兼続~前田慶次  花語り~」(C)原哲夫・堀江信彦・出口真人/NSP 2014

以上、3作品のキャラクターがデザインされています。


ムーバスは、高齢の女性からの『足が悪くなり最寄りのバス停まで歩けなくなりました。…(中略)。せめて、誰も乗っていない吉祥寺からの回送バスに乗れるようにならないものでしょうか』と言う一通の手紙に始まりました。

行政主導のコミュニティバスを走らせることは、前例がないこともあり、いくつもの壁を乗り越え、検討され、約5年の時を経て、1995年11月26日に全国で初めての運行が始まりました。

”愛され、走り続けて20年”

現在では市内の3駅全てを起終点に7路線・9ルートを運行し、年間約260万人に利用され、高齢者の方のみならず市民の確実な足になっています。


ラッピングの施工風景をちょっと見せちゃいます!

シティーハンターIMG_1053

北斗施工途中IMG_1081

義風堂々IMG_1086

ラッピングバスのデザインはこちら

武蔵野イルミネーション2015

今年もライトアップが始まります!
武蔵野市内3駅で実施されるイルミネーションをお楽しみください。
151012ilumi (1)-2

【吉祥寺駅北口ロータリー及び周辺】
吉祥寺イルミネーションは地元商店会や企業、大型店などが一体となって点灯しています。

今年は世界で活躍するクリエイティブチームと世界的アニメーターの森本晃司監督とのスペシャルコラボレーション。まもなく100周年を迎える井の頭公園や吉祥寺に縁のある「水」をメインテーマに掲げ、『Kichijoji Aqua Illumination 2015』として実施します。多彩な音と色彩の演出をお楽しみください。

期   間 2015年11月3日(火・祝)~
2016年1月11日(月・祝)
点灯時間 17時~24時
場   所 吉祥寺駅北口駅前広場、サンロード、
平和通り、公園通 り、ダイヤ街、
吉南通り他

 

日 時 2015年11月3日(火・祝) 14時30分~18時
会 場 吉祥寺駅北口駅前ロータリー内
14時30分 開会・吉祥寺所縁のアーティストなどによるライブ
14時35分

藤村女子中学・高等学校

児童文化部 ハンドベル演奏

15時40分 ティム・スカンラン ~バスキング・ジャパン~
16時05分

第29回吉音コンテストグランプリ

DA.RASS BATTERY

16時30分

第30回吉音コンテストグランプリ

Cats&SeaSide Village

17時00分

イルミネーション点灯式

武蔵野市観光機構親善大使
徳山秀典によるカウントダウン

17時15分 あさみちゆきライブ
18時00分 点灯式終了

主催/問合せ 吉祥寺イルミネーション実行委員会(商工会議所内) TEL:0422-22-3631

【三鷹駅北口イルミネーション】

期   間 2015年11月20日(金)~
2016年2月2日(火)
※雨天決行
点灯時間 17時~25時
場   所 三鷹駅北口ロータリー及び
中央通りの街路樹

 

≪点灯式イベントプログラム≫ ※雨天決行

日 時 2015年11月20日(金) 18時~20時
会 場 三鷹駅北口駅前
ロータリー
18時 店頭セレモニー
18時30分 イルミネーション万燈神輿(まんどうみこし)出発
ナツメグコンサート
くにたち金管アンサンブル

主催/問合せ 第8回三鷹駅北口むチューイルミネーション事業実行委員会/武蔵野市中央地区商店連合会 TEL:0422-50-0828

【武蔵境駅イルミネーション】

期   間 2015年11月7日(土)~
2016年1月31日(日)
※雨天決行
点灯時間 17時~25時
場   所 武蔵境駅南口ロータリー及び
北口周辺、スイングロード

 

【同時開催】
スイングロードライトアップ
期   間 2015年11月7日(土)~1月31日(日)

≪点灯式イベントプログラム≫ ※雨天決行

日 時 2015年11月7日(土) 17時~17時30分
会 場 武蔵境駅南口駅前広場
17時 開会宣言
17時05分 来賓祝辞
17時20分 点灯式カウントダウン

主催/問合せ 武蔵境駅イルミネーション実行委員会/武蔵境商店会連合会 TEL:0422-32-6554

 

武蔵野市最大の食の祭典『第11回 Musashinoごちそうフェスタ』で食の欲求を満たそう!!

毎年秋に開催される武蔵野市の食の祭典『Musashinoごちそうフェスタ』が開催されます。

開催期間 2015年11月1日(日)~11月30日(月)

ごちフェス2015

毎年大人気!
市内512店舗の飲食・食品店と会期中のイベント情報を網羅した「公式ブック(A5判・フルカラー)」に今年は特典情報満載の食べ歩きマップが追加されました!

※配布は2015年11月1日(日)から市内各所で配布されます。
(武蔵野市観光機構でも配布)
2015ごちフェスハンドブック

■物産逸品市
2015年11月23日(月・祝) 10時~16時

武蔵野市の新名物「武蔵野地粉うどん」、創業から長く愛されるお店、毎日行列のできる人気店、むさしのプレミアム認定店など市内22店舗と友好都市の味が一堂に集まり紹介・販売します。

■ムサラン抽選会
応募期間 2015年11月1日(日)~11月30日(月)
※当日消印有効
フェスタ参加店で食事や買い物をすると「高反発マットレスパッド」や「ホテル利用券」「選べるギフト」など、合計200名様に総額160万円相当の豪華賞品が当たります。

その他、武蔵野野菜の販売、ガチャポン食育クイズなど多彩なイベントが開催されます。

公式ブックと地図を片手に楽しみ方はいろいろ、一か月間『食』を思いっきり楽しみましょう!
詳細はこちら