街路樹 tree-lined road? an avenue?

昨夜から降った雪で、吉祥寺駅前も朝は軽い雪景色となりましたが雪の結晶

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

お天気は良く、空は青く澄んでいました。

お昼休みに、歩道に少し残った氷で

「滑らないように…っとDASH!

と注意しながら歩いているときに、妙に目に焼き付いたのがこちら。

なんの事はないいつもの風景なのですが、

今日のような「カキーンとよーく冷やしておきましたよ!」的空気のなかでは、

なんだか心の端っこから「じゅわ~ん」と溶けるような風景となりました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 吉祥寺駅北口

大型店が建つ賑やかな通りの「吉祥寺大通」

この道路の街路樹は”シダレヤナギ”です。

大寒の寒さの中も薄緑色の葉をゆらゆらとなびかせています。

もう少ししたら…

新しい緑の美しさが人々に清涼感を与えてくれるのでしょう。

それまで、あと少し寒さに耐えましよう。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ もう一つは吉祥寺大通とT字にぶつかる「本町新道」

我が事務局のある通りです!

この道路の両側には”クスノキ”が植えられていて、

一年を通して緑の潤いを与えてくれています。

個人的には、冬の葉と緑の色は寒さに耐えるべく、厚さを増し力強い緑になっていると感じています。



武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵野市には「大木・シンボルツリー2000計画 」という

プロジェクトがあります。

これは、西暦2000年代に大木2000本を守り育てて22世紀につなげようと言う運動です。

街の木にこの写真のようなプレートが付けられているのを時々見かけます。

現存のものだけでなく、後世に残る木の植栽も進められています。

古くは約3000年前にヒマラヤ山麓に造られたと言う街路ですが、

生活の一部となり四季を語りかけていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください