山々の展望を一人占めできた瞬間

さすがに大寒、毎日寒い日が続き「雪」は降るのか?降らないのか?とあたふたしたりしていますが、本来「雪」は冬の風物として詩歌などで風情ある表現がされたりするものなのですよね…。

最低気温の記録が聞かれるこの時期は身を震わせながら過ごしていますが、嬉しいことに日は少しずつ長くなってきました。

先の雪の日の後、武蔵境駅前のスイングビルの最上階からみた景色は山々の展望を思う存分楽しむことができ、かなりお得感がありました!(^^v

スイングビルから望む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください