東風解凍(はるかぜこおりをとく)、暦の上では春への変わり目を迎えました。

寒さを乗り越え立春を迎えると、少しずつ春を感じる景色に触れるようになりますね。

ゆっくりと蕾をひらきほころぶ梅の花や鶯。
わたしたちの心を躍らせてくれる季節です。

先日街角で椿の鮮やかさが目に止まりました。
漢字では『木偏に春』と書く『つばき』には、寒さに耐えつつ春の訪れを待つ人々の気持ちが表れているのでしょうか。

冬枯れの風景の中、白に紅色の斑が入った華やかな美しさに季節の変わり目を感じました。
つばき

春風を感じるまであと少し!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください