どいてどいて舟がでるよ

彫刻館特設展 Art and the Zoo vol.5 「どいて どいて 舟がでるよ──鋳金家 本山ひろ子作品展」

井の頭自然文化園の彫刻館特設展 Art and the Zoo vol.5 「どいてどいて 舟がでるよ──鋳金家 本山ひろ子作品展」を観てきました。

とても素敵な作品展なので、ぜひお出かけください。

どいてどいて舟がでるよ

彫刻館B館の入口に垂れ幕が出ています。
つぶらな瞳のニワトリさんがとってもキュート。

どいてどいて舟がでるよ

展示の中央に据えられた舟が目をひきます。
ノアの箱舟?
いいえ、これはヒトの声がしなくなったずっと未来のお話。

動物たちがみんなで海に行こうと話し合います。
「乗り物に乗っていくのはどう?」
自動車? 飛行機? 自転車? 大きな舟!
小さい動物も、大きな動物も、必死に舟を作ります。
お気に入りの場所を見つけ、乗り込みます。
「どいてどいて 舟がでるよ!」

展示室の壁に、青い海を背景にして物語が書かれています。
物語を読んで、作品をみて、物語を読んで、作品をみて。
物語と作品をじっくり比べると、いっそう楽しめます。

どいてどいて舟がでるよ

舟の中央には、足の悪いキリンさん。
いつも団体行動のコウモリたち、ヒツジたちが乗っています。

どいてどいて舟がでるよ

船長を務めるペンギンさんやブタさんも乗り込みます。
マストには小さな動物たちがしがみついています。

どいてどいて舟がでるよ

「どうぶつたちは、この後どうなるのでしょう?」
展示室の終わりに、ポストイット・コーナーがあります。
あなたが想像するお話の続きをポストイットに書いて貼りつけることができます。

どいてどいて舟がでるよ

開催情報は武蔵野市観光機構HPイベント情報をご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください