武蔵境で定期的に落語が楽しめます

「本寸法・噺を聴く会」

ほんすんぽう…??ってなに??となりますよね(^^)

「本寸法」とは、お手本となるような、本格派のと言った意味だそうです。

武蔵野市、武蔵境エリアではしばしば落語会が催されています。

商店街のなかのお蕎麦屋さんなどで噺を楽しむことができるのです!

江戸時代の日本で確立された話芸、大衆芸能として親しまれた「落語」を街中のこんな密着した関係で楽しめるって、なかなか粋な企画だと思います。

皆さんの興味のあるところから、ぜひ落語の魅力に触れてください。

弥太郎 「隠居さん、こんにちは」
ご隠居 「おーおー、よく来たね」

なんて会話が聞こえてきそうです。

↓ ↓ 以下をチェックして是非お出かけください。 ↓ ↓

【詳細はむー観Webからどうぞ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください