50年に1度の花『リュウゼツラン(竜舌蘭)』が開花しそう!@井の頭自然文化園

センチュリープラントと呼ばれ、数十年かけて花を咲かせる植物があります。

その名はリュウゼツラン(竜舌蘭)

名前の由来は肉厚の葉を竜の舌に見立てて『竜舌蘭』としたとされています。
茎を急激に伸ばした後に開花し、花が終わると先端から枯れ始め、最後は跡形もなくなくなってしまいます。

先日、井の頭自然文化園の熱帯鳥温室前にある『アオノリュウゼツラン』が花茎を伸ばしはじめた。

…というので、早速観察に行ってきました!

実は私、約10年程前に東京都 浜離宮で一度このお花を見ているのですが、

それ以来「もう花を見る可能性は少ないなぁ…」なんて思っていたのです。

ですから~!再び目にすることが出来る喜びでウキウキしています。
行ってみると、伸びていますよ!伸びています!!
すっくと真直ぐ天に向かって茎が伸びています。

そして先端部蕾がいくつも付いていますよ♪
井の頭自然文化園6月21日の計測では、

花茎は530センチ、全長約630センチとのこと。
ひと株の大きさは約2メートル四方。

葉っぱ一枚も非常に大きい、お~きなお~きなお花です。

温室の壁面に大きなメジャーを掛けてくださっているので、大きさが良くわかりますよ。

観察にお出かけしてみてください。

そして皆様の観察・開花情報を事務局ブログやfacebookにお寄せください。お待ちしています(*^▽^*)

余談ですが、リュウゼツランの一種『アガペ・テキーラ』の樹液を蒸留したものが、

メキシコのかの有名なお酒テキーラですテキーラ音譜

尚、逃げ出したリス達もあと2、3匹を残し無事捕獲とおっしゃっていましたから、今頃は全てのリスが保護されているといいですね~~りす

「50年に1度の花『リュウゼツラン(竜舌蘭)』が開花しそう!@井の頭自然文化園」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >ELD-ERさん
    コメントありがとうございます。
    御祖母様のお言葉スバリ!想像をはるかに上回る大きさです(^^)
    まだ蕾は固そうでしたが、どれくらいで開花するのか想像がつきません。
    また、事務局ブログにUPします!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    竜舌蘭って、信じられないほど花が高くなるんですよね。
    祖母が、ずば抜けて背の高い人のことを「竜舌蘭に花が咲いたみたい」といっていましたが、まさしくその通りで、巨大でした。
    開花したらすぐにブログに書いてください。見に行きます。

武蔵野市観光推進機構事務局 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください