「アール・ブリュット」タグアーカイブ

【本日初日!】DCF WORKS @ Gallery NAGATANI2

以前、当blogでもご紹介させていただきました、デイセンターふれあいDCF作品展『DCF WORKS』が、本日初日を迎えました。

DCFのロゴマークもカッコよく!

DCF WORKSのアーティストたちは、からだに障害があるため、ありとあらゆる方法で色をつけます。

手のひらで、指先で、腕で、肘で、脚で。

たたく、おす、こぼす、ひっぱる、たらす、おとす。

作品展ですが、もちろん購入も出来ます。お財布にも優しい価格なので、安心して楽しくお買物してみてください😉

「ものつくり工房HICOBAE」で人気のだるまちゃん達も、購入できます!
夏らしい涼しげなヘアゴム

武蔵野アールブリュット2017の受賞作品も展示してありましたよ!

カラフルです。
栄えある『市長賞』を獲得した作品。なんと、触れます!

今週末7月30日まで開催していますので、ぜひ皆様お誘いあわせの上足をお運びください。

デイセンターふれあいDCF作品展『DCF WORKS』、日時等詳細はこちら>>

Have  a lovely weekend at Musashino-shi!

 

 

 

デイセンターふれあいDCF作品展
『DCF WORKS』、間もなく開催します!

デイセンターふれあい」では、活動の一つとして創作活動を行っており、手作り小物ブランド「DCF」を立ち上げています。

武蔵野アール・ブリュット2017でも、コピス吉祥寺「ふれあいデッキこもれび」にて販売を行いましたので、記憶に新しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今週木曜7/27より『デイセンターふれあいDCF作品展』を開催します。

今回も、革細工、トートバッグ👜、Tシャツ👕、靴👞などの力作を展示して、皆様のお越しをお待ちしております。

 日程 2017年7月27日(木)~30日(日)
 時間 27日(木)、28日(金) 11時~17時
29日(土) 11時~18時
30日(日) 11時~15時
 会場 ギャラリー永谷2
武蔵野市吉祥寺本町1-20-1(ヨドバシカメラ隣)
 主催・お問合せ デイセンターふれあい
tel:0422-54-5134
email:fureai@fuku-musashino.or.jp

社会福祉法人武蔵野 公式サイトもご覧ください>>

フライヤー

【む~観photoギャラリー📷】武蔵野アール・ブリュット2017②

(【む~観photoギャラリー📷】武蔵野アール・ブリュット2017①より、続き。)

HIMONINGEN見学を終え、「武蔵野市立吉祥寺美術館」へ。

ここにもHIMONINGENのヒトビトがやって来ていました!

吉祥寺美術館では、今回惜しくも展示の機会がなかった作品たちの写真を見ることも出来ました。

最後の会場、「アートギャラリー絵の具箱」へ。

この会場は、動物特集です。

ピンクの恐竜のボディは風船🎈で出来ているそうです。

以上4会場回らせていただいて、どの作品もとてもカラフルで、月並みですが観ていてとても元気や勇気が湧いてきました。

観終わってまず感じたのは、「自分も何か創造したい!(創造出来るかも!)」という感覚・・・。

美術・芸術の才能には特に恵まれていないむ~観スタッフ(中年女子事務職)でさえ、このまま画材を買って帰りたい気分になりました。(次回のアール・ブリュットに出展を目指します?!)

また、各会場では、公式パンフレットの他に作品・作者の紹介の冊子が配布されており、1作品づつじっくり観て、より作品の理解を深めることが出来ました。

障害のある人・ない人、描く人・織る人、日本人・外国人、一人で作る人・大勢で作る人、生きている人・旅立ってしまった人。

みんな違っていて共存しているところがとっても武蔵野市っぽいですよね。

色々な人の表現に触れる貴重な体験でした。

 

 

【む~観photoギャラリー📷】武蔵野アール・ブリュット2017①

2017年7月7日(金)~7月10日(月)まで、武蔵野市内の4会場で開催された『武蔵野アール・ブリュット2017』。

期間中は2,800人以上の方が来場され、大盛況の末に幕を閉じました。

む~観スタッフも4会場全てにお伺いし(あまりの暑さ☀に3日に分けて行きました。)、初「武蔵野アール・ブリュット」体験をしてきましたので、ここに皆さんとシェアさせていただきます。

まずは、吉祥寺大通り沿い、ヨドバシカメラさんのお隣の「ギャラリー永谷1・2」から。

イメージカラーの紫のお花が皆様をお迎えします。

展示された全作品が掲載されたパンフレット!む~観にも掲示させていただきます。

続きまして、吉祥寺美術館へ行く途中、コピス「ふれあいデッキこもれび」にて、こんなヒトビトに出会いましたよ!

7/8(土)-7/9(日)ワークショップ「HIMONINGEN(ヒモニンゲン)」みんなのアートが開催されていました。

HIMONINGEN(ヒモニンゲン)は、紐の持つ、結ぶ、繋がる機能をテーマにヒトの繋がりを表現した、美術家SYUTA(三友周太)氏が提案する参加型のビジュツ作品です。

2本の紐を用いて人型を制作する作品は、誰でも比較的容易に制作に参加でき、制作者が自分の分身を創りだしてゆきます。(武蔵野アール・ブリュット2017パンフレットより抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【む~観photoギャラリー📷】武蔵野アール・ブリュット2017②へ続く。