第8回武蔵野市国際オルガンコンクール 本選

昨日武蔵野市民文化会館にて開催された、第8回武蔵野市国際オルガンコンクール 本選を観に/聴きに行ってきました🎹

台風の影響で、雨模様の本選でした。
9/17本選と9/18入賞者披露演奏会のチケットは完売です!

本選が、1次予選、2次予選と大きく違うのは、「ファイナリストたちの自由な選曲によるリサイタル」であるところです。

本選<演奏曲目>
自由な選曲によるリサイタル。1960年以降生まれの作曲家によるオリジナルのオルガン曲を1曲含むこと(10分以内)。ひとりあたりの持ち時間(出入りと曲間の時間も含む)は、40分以上50分以内で休憩なしとする。 (本選 プログラムより抜粋。)

ふむふむ、曲目が指定されていた1次、2次と比べて、より「その人らしさ」が垣間見られるという事ですね🎶

む~観スタッフが武蔵野市民文化会館に到着した時、ちょうど3人目のファイナリスト、トーマス・エドウィン・ゲイナーさんの演奏中だったため、会場の外で聴きながら待ちました。

約10分の休憩をはさみ、4人目のファイナリスト、千田 寧子 さんの登場です。

椅子の高さも各自調整します。
手も脚も使って奏でます。かなりの運動量!腹筋を鍛えないとオルガニストにはなれませんね💦
会場は撮影禁止なので、特別にPAルーム(と呼んでよいのでしょうか…?)で撮影させていただきました。関係者の皆様、有り難うございました。

10分休憩を挟みます。

続いて、5人目の奏者、アマンダ・モールさんの登場です。

 

18時、ファイナリスト5人全員の演奏が終わりました。

すぐに審査に入るため、観客は一旦会場から出て、ホワイエで待機します。

ここで、当日配られた本選プログラムより、ファイナリストの皆さまの演奏曲目をご紹介します。

18時45分~、いよいよ表彰式です🎊

第8回武蔵野市国際オルガンコンクール 表彰式の模様はコチラ>>

 

 

 

「第8回武蔵野市国際オルガンコンクール 本選」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です