吉祥寺が舞台の映画「あんてるさんの花」

~大切な人を大切にできていますか?~

8月5日~吉祥寺を舞台にした映画

「あんてるさんの花(来春公開予定)の撮影映画

武蔵野市内で行われていましたが、8月15日無事にクランクアップしましたクラッカー

連日の炎天下晴れ、早朝から深夜まで、

武蔵野市全体をフルに駆け回る撮影で、

出演者やスタッフの皆さんはとても大変そうでしたが、

無事撮り終える事ができ、本当に良かったです!

事務局では「フィルムコミッション」としてロケ誘致や支援を行う事業 を行っています。

今回の「あんてるさんの花」では、全編武蔵野市内撮影ということもあり、

全面的協力体制を取りましたチョキ

プロデューサーはハーモニカ横丁で「おふくろ屋台」を営む

松江勇武(まつえいさむ)氏。

→Twitterはこちら

「街の持つ生活感をそのまま詰め込みたい」

「心あたたまるファンタジーを通じて多くの方々に活力を与えたい」

そんな思いを込めて制作された映画です。

≪監督・脚本≫ 

宝来忠昭(ほうらいただあき)

≪出演≫ 

小木茂光(おぎしげみつ)

田中美里(たなかみさと)

主人公、安藤照夫(小林茂光)は吉祥寺で居酒屋「あんてる」を営む。

舞台の居酒屋「あんてる」

本町1丁目近鉄裏に実在のタイ炭火酒場「ラコタ」で撮影。

ストーリーの中で、安藤がゲスト出演するラジオ局のシーンは、

やはり!やはり~!我が事務局サテライトスタジオで行われ、

サテライトスタジオはなんと言っても見え見えガラス張りですから~

撮影中は、通りを行き交う方々も「あら?なぁに?」と足を止めていましたグッド!

「むさしのFM」と「商工会館」はレコード会社の設定ひらめき電球

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

事務局での撮影準備風景
その他撮影現場は…

市文化施設の「松露庵」(昭和初期の木造平屋を改修した茶室)

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

むさしのプレイス前公園(7月オープンの複合図書館)

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

市役所保健室、総合体育館、道路課資材置き場…などの市施設から

ハモニカ横丁

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
ライブハウス・シルバーエレファント、

常に賑わいを見せる東急裏の通り

…などなど

武蔵野市を駆け回る撮影になりましたカチンコ

 

主題歌は吉祥寺で路上ライブを続けてきた

MeguMild「名前のない今日」(発売日未定)

公開は来春予定!(吉祥寺バウスシアターをはじめ、全国各地配給予定)

みなさんのお馴染みの風景が随所に見られるはずです!!

お楽しみに!!


ヒミツ事務局スタッフも通りすがりAや上司B、などでこっそり出演しています目

 

東京新聞記事

吉祥寺経済新聞記事

「吉祥寺が舞台の映画「あんてるさんの花」」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    小林茂光(こばやし しげみつ)さんではなく、小木茂光(おぎ しげみつ)さんの間違いでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です