井の頭観察会「のぞいてみよう!ふしぎなクモの世界」

「蜘蛛」

と聞くと、多くの人が「嫌い~」とか「怖いーっ」とか、拒否反応を示してしまう事が多いのでしょう。

世界中で100万種以上、日本には1500種がいると言われている蜘蛛は、種類によっても違いますが、実は多くの蜘蛛は害虫を捕食する役割を果たし、私たち人間の生活に利益をもたらせてくれています。

 

梅雨時の今、庭木の枝の隅っこにクモの糸があり、そこに水滴が付いてキラキラしている事がありますね。

よく「雨に打たれても、強風に曝されても、壊れることが無いのだなぁ」なんて思ったものですが、

クモの糸というのは自然界に存在する素材の中でも、ずば抜けた強度を持っているそうです。

 

知れば知るほど、驚きや感心することばかりだと言われる「蜘蛛」の生態を知るチャンスです。

「のぞいてみよう!ふしぎなクモの世界」

■開催日 2014年6月29日(日)

■時  間 午前10:00~12:00(小雨決行、強雨時は室内プログラム)

 

■申込受付 eメールでのみ受け付け 申し込みはこちら
■申込期限 2014年6月27日(金)24時まで
※ただし、定員になり次第終了

「井の頭観察会「のぞいてみよう!ふしぎなクモの世界」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください