センスオブノスタルジア~園長の部屋から

井の頭自然文化園「資料館」で

「センス オブ ノスタルジア──園長の部屋から」

が開催されています(~2/27・日まで)

2010年開園68周年をむかえた井の頭自然文化園。

戦時中の開園や猛獣処分、アジアゾウの「はな子」の来園など、

さまざまなできごとがありました。

展示では、動物園と井の頭池を中心に

自然環境や生物相の変遷を、

写真や映像資料、標本などをとおして紹介されています。

動物園やその周辺の変化をずっと見続けてきた

「ポッペケ園長」(架空の人物)の部屋が展示の舞台です。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

この部屋をのぞけば、

昔を知っている方もそうでない方も、

なつかしいモノ、なつかしい風景に出会うことができるでしょう。

そして、古いもののなかに、新しい発見があるはずです。

会   期:~2月27日(日)

会   場:井の頭自然文化園本園「資料館」1階 特設展示会場
料   金:一般400円、中学生150円、65歳以上250円

       (1枚のチケットで本園と分園の両方に入園できます。)
開園時間:午前9時30分~午後5時(入園は、本園、分園いずれも4時まで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください