「new open!」タグアーカイブ

武蔵境に「ボンジュール・ボン」と「カルディコーヒーファーム」登場!!

2019年6月28日(金) 武蔵境駅の南口にあるイトーヨーカドー武蔵境店 東館の1Fに「ボンジュール・ボン」と「カルディコーヒーファーム」がオープンしました。

武蔵境のボンジュールボンとカルディ

武蔵境でのお買物が楽しくなりますね♪

続きを読む 武蔵境に「ボンジュール・ボン」と「カルディコーヒーファーム」登場!!

【む~観photoギャラリー📷】『COCOMARU THEATER 』の館内は、こんな感じ🎥

2017年10月21日(土)、目出度く🎊オープンした、ココロヲ・動かす・映画館 ○『COCOMARU THEATER 』🎦

「いつになったらオープンするの?」、「等身大のはな子さんがいるらしい!?」等、オープン前から話題になっていたので、昨日、写真を撮らせていただきました!

先ずは1Fから。

1Fエントランス。ここで1Fミニシアターの映画のチケットの購入や、2階のカフェの飲み物やお食事の支払いをします。
先着でもらえるエコバッグ。
1Fロビー
1Fロビー
1F38席のミニシアターはこんな感じ。

続いて2Fへ。

スタッフの若林さん。お食事や飲み物は、1Fエントランスで注文+会計して、2Fで受け取るシステム。
2Fのカフェ+映像ブース。映像を観ながら食事ができる空間です。

快適そうな椅子たち。ついつい長居してしまいそう。支配人やスタッフの想いが詰まっていますね。

お楽しみの3Fは・・・!!

いらっしゃーい!とばかりにはな子姉さんが迎えてくれます。

等身大(約2m30cm)はな子さんは、オープンから数カ月はここにいるそうです!

後姿もセクシー♡

はな子さんを360度激写📷できます。

足元とか鼻とか・・・!

3Fは、展示・イベント・食事が楽しめるスペースとなっています。む~観スタッフは、ちょっと異国感が漂っている!と感じました。モロッコやチュニジアっぽい感じ・・・?

オープンから2日目、本日もイベントがたくさん開催されるようです。必ず、事前に公式ホームページを確認してから行ってみてください!

https://www.cocomaru.net/

オープンまで色々あったCOCOMARU THEATER。どうぞ末永く、ここ武蔵野市で、映画好きの皆さんの憩いの場であり続けますように😊

 

 

【速報:本日遂に!オープン🎬】ココロヲ・動かす・映画館 ○『COCOMARU THEATER 』

本日10/21(日)11時、☂の中、遂に!満を持して!オープンしました!

1F

2F

3F

ワクワクしますね🎶
また改めてレポートします!

 

 

武蔵境駅にオープンする”nonowa武蔵境EAST”内に『むさしのプレミアム』の販売コーナーが登場します!

2016年6月10日(金)武蔵境駅改札を出た正面に新たな商業エリア「nonowa武蔵境EAST」がオープンします。

sakaiEAST

新店舗の青果店ころくや内にて武蔵野のお土産品むさしのプレミアムの商品販売をスタートします。(食品部門の販売になります)
是非、足をお運びいただき武蔵野市の美味しいモノを体験ください。

カフェ・タリーズコーヒーではむさしのプレミアムの雑貨を展示します。

オープニング
日 時 2016年6月10日(金) 10:00

併設の屋外イベント広場”nonowa Terrace”ではオープニングイベントとして『nonowa MARKET』が開催されます。
採れたての新鮮野菜や加工品、地ビールや地酒、お菓子など、地域の魅力を体験できるマーケットです。多摩・武蔵野エリアの魅力を再発見してください。
nonowa MARKET

開催日 2016年6月10・11・12日の3日間
場 所 nonowa武蔵境EAST屋外イベント広場
時 間 11:00~19:00 ※最終日のみ16:00終了


武蔵野ふるさと歴史館が開館します

約2年の準備期間を経てふるさと歴史館』が開館します!

20141212103850864_0001

市の歴史、文化を守り・伝え・育む拠点として、博物館機能公文書館機能の他、歴史資料を媒体とする市民交流拠点を志向した市民スペースなどの館内サービスが提供されます。

場所は、新しい街へと進化を続ける武蔵野市境

オープンは12月14日(日)/9:25~ 北側入口前で開館記念式典

ふるさと歴史館 - コピー

■1階は展示室と作業スペース

《ガイダンスエリア》

武蔵野市の歴史の移り変わりを一望できる象徴的な写真で構成したグラフィックと地形や地勢、自然などについてを大型スクリーンで知ることができる。

《第一展示室(武蔵野展示室)》

武蔵野市の歴史を資料やパネルを使い解説。

3万年前の石器時代~現代までを学ぶことができます。

《第二展示室(企画展示室)》

定期的にテーマを変えて企画展を行うスペース。

《市民スペース》

来館者が落ち着いて過ごせる空間であり、時にはイベント等の開催もできる。

■2階は歴史公文書と民族資料の収蔵庫と会議室

歴史公文書等収蔵庫では断熱、調湿などの管理がされています。

民族資料収蔵庫は外部から見ることができる見学窓が設置されています。

ふるさと歴史館 - コピー (2)

●アクセス  JR武蔵境駅から徒歩12分

●開館時間 9:30~17:00まで

(休館日金・土・祝日・年末年始)

●入館料   無料。

●お問合せ 0422-53-1811

 

 

nonowa武蔵境・オープニング間近


武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵境駅の西口に5月9日『nonowa口』が新設されましたが、(右写真→)
この5月29日(水)には駅と商業施設が一体となった
『nonowa武蔵境』が開業します。


そもそも『ののわ』ってなんでしょう?

東京を東西に走る中央線のまん中に位置する

三鷹~立川のエリアは都会の便利さと自然の豊かさの両方を兼ね備えているエリアです。

"ののわ"はそんな土地に根ざしたライフスタイルを考え実践するための活動『むさしののわ』から作られた言葉です(^-^)/


緑⇔人⇔街 全てがつながって=ののわ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

↑毎月1回エリアマガジン『ののわ』発行中(駅改札などで配布)


武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
さて、武蔵境駅の『nonowa武蔵境』のお話に戻りますが(‘-^*)/

高架下に出来る商業施設の壁面は緑化されとっても爽やかな印象です。

お店はオリジナリティとクオリティの高さが評判のスーパーマーケット”クイーンズ伊勢丹”

食材や生鮮食品を中心に多彩なラインナップ。

店内とウッドデッキのイートインコーナーがあり、今後は参加型イベントの開催も予定されています。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

オープン間近の現場は慌しそう

また武蔵境駅界隈が変化します!楽しみですね。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

中央線・武蔵境駅西側に『nonowa口』OPEN!

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 『武蔵境駅』は武蔵野市で最初に開かれた駅です。

明治22年4月11日に中央線の前身である私鉄甲武鉄道の時代に新宿駅~立川駅開通と共に『武蔵境駅』ができました。

当時この区間には新宿・中野・境・国分寺・立川の5駅でしたので、武蔵境駅は大変に古い歴史を持つ駅となります。

また、国木田独歩、北原白秋の作品中にもこの地が登場したりと、文豪の足跡を感じる地域でもあります。

近年は中央線高架の工事や駅周辺の開発が目まぐるしく進み、駅の南北を繋ぐ通路が開通したほか、

2013年5月9日からは駅西側に

新しい改札『nonowa口』がOPENしました。
改札使用時間は7:00~22:00 suica専用です。


武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 南北を繋ぐ通路の真中に開設され利便性もぐ~~んとアップ合格

また5月29日にはnonowa口に食品スーパー「クイーンズ伊勢丹」もOPEN予定です。

南には市の複合施設"武蔵野プレイス "や

大国主命を祀る"杵築大社 "(武蔵野市七福神めぐりの一社)

左)武蔵野プレイス 右)杵築大社
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

北には"すきっぷ通り商店街 "や

かつての浄水場引込み線跡が遊歩道になった"本村公園"

国木田独歩が思案したとされる独歩の森がある"境山野緑地"

玉川上水、千川上水、境浄水場など、武蔵野の面影を残すスポットや、

普段は観る事ができないお宝スポットが沢山あります。
左)本村公園 右)境山野緑地
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

薫風の中歴史と進化がフュージョンした街のお散歩をお楽しみください。

※境浄水場一般公開(0422‐51‐4505)

  2013年6月1日(土) /10:30、13:00、14:30 の計3回

  申込不要、上記スタート時間の少し前までに直接現地

  武蔵野市観光推進機構HP http://musashino-kanko.com/area/otakara/sakai_jyousuijyo.html