カテゴリー別アーカイブ: 武蔵野市フィルムコミッション

本日23:00~「徳山秀典 ドイツから生中継!!」USTREAM

ハンブルク日本映画祭の開催が始まりました(5月23日から27日)

日本での上映まで1ヶ月をきった、映画「あんてるさんの花」もエントリーされましたクラッカー

先日から徳山秀典さん、宝来監督、松江プロデューサーが現地入りをしています。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

この写真は「あんてるさんの花制作委員会」撮影のものですが、

綺麗な街ですねぇ…ハンブルグ。

ハンブルグはヨーロッパ最大の貿易港を持つエルベ川の下流に位置する港町だそうです。

ストリートミュージシャンも絵になる。

徳山さん、監督、プロデューサーも街に溶け込んで、美味しいビールを飲んでいるかな?(*^▽^*)
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

さて!そんな美しいハンブルグから、

ハンブルグ日本映画祭のオープニングセレモニーの様子が

USTREAM中継されるそうです!

必見です!! お見逃し無く!!

5月24日(木) 23:00~ 「徳山秀典 ドイツから生中継!!」

★番組URLはこちら
http://www.ustream.tv/channel/from-hamburg

あんてるさんの花ブログも要チェック!!

http://ameblo.jp/anteruflower/entry-11258738395.html

武蔵野市オールロケ 映画『あんてるさんの花』前売り券発売開始!

吉祥寺を舞台にした映画『あんてるさんの花』6月16日公開!

バウスシアター、武蔵野市観光推進機構にて4月16日から前売り券発売!(1300円)

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 武蔵野市観光推進機構事務局のブログあんてるさんの花HPはこちら

安藤照夫(小木茂光さん)と妻の奈美子(田中美里さん)は
吉祥寺で居酒屋「あんてる」を営んでいる。

ある日「花が咲いた時に触れると、触った人だけが幻を見られる」という不思議な花があると言う話を聞く。

常連客(徳山秀典さん他)達に起こる不思議な体験を通して

「大切な人を大切にできているのか?」が描かれていきます。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

撮影はオール武蔵野市で行なわれ、舞台となる居酒屋「あんてる」は、実在するお店のタイ炭火酒場「ラコタ」(本町1)。

ハモニカ横丁、むさしのFM、武蔵野プレイス前の境南ふれあい広場公園、

ライブハウス・吉祥寺シルバーエレファント、など、おなじみの場所でロケが行われました。

日常の風景、生活感の中で繰り広げられる、少し現実離れした疑似体験はご覧になる人に「活力」を与えてくれることと思います。

監督は宝来忠昭さん。

プロデューサーは吉祥寺在住の松江勇武さん


公開は吉祥寺バウスシアターのみ!(みなさんの力で別な地域での公開もありかも!)

チケットをGETしてバウスへGO!!

事務局ではfacebookをはじめました!

あんてるさんの花情報も掲載しています。ブログ左上のバナーからお入りください!

事務局がロケ支援『たぶらかし~代行女優業・マキ~』本日から放送開始

今、売り出し中の人気女優、谷村美月主演のドラマ、

日本テレビ木曜ミステリーシアター『たぶらかし~代行女優業・マキ~』が、

いよいよ4月5日(木)夜11時58分からスタートします。

ストーリーは、主人公・冬堂マキ(谷村美月)が所属していた劇団が突然解散。

途方にくれるマキが、女優オーディションを受けにORコーポレーションという会社を

訪ねるという展開です。

訪問先の社長の松平トキタダ(段田安則)は、彼女の演技の才能を見抜きすぐに合格。

マキは女優として働くことになるのですが、仕事は舞台にあがる女優業ではなく

派遣された先で、依頼された役を演じきる“代行女優業”という変わった仕事だったというお話です。

第1話では、マキは自殺した女流画家・白鳥ゆりえ(内田慈)の代役として、

告別式で死体役をすることになります。

今回、武蔵野市フィルムコミッションでは同番組第1話のロケ支援を武蔵野市吉祥寺で行いました。

ロケ地となったのは武蔵野美術大学運営のアートスクール武蔵野美術学園さん。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

丸亀敏那学園長が撮影に全面協力して下さり、

美術学園の特色を生かしてアトリエ、画廊などの様々なシーンが撮影されました。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

谷村美月さんは本作が民放連続ドラマ初主演となるそうですが、

あどけない笑顔や妖艶なポーズなど将来の大女優さんへの予感たっぷりの

オーラがキラキラしてました。

番組の今後から目が離せそうにありません!

■『たぶらかし~代行女優業・マキ~』
2012年4月5日(木)スタート
毎週木曜日23:58~24:38(読売テレビ・日本テレビ系)

「武蔵野市 吉祥寺 喫茶店のナポリタン」

「週刊SPA!」に不定期掲載中の人気漫画

『孤独のグルメ』(原作・久住昌之、作画・谷口ジロー)が

ドラマ化されテレビ東京で放送中ですが、

来週2/15日(水)は吉祥寺の喫茶店が登場します!

原作は淡々と美味しい物を美味しそうに食べるところを描く、

誰もが毎日経験する「食をテーマ」にした漫画です。

番組を見たあとに、実際にその店に食べに行ったりする方も大勢いらっしゃるとか。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 主人公の井之頭五郎は、輸入雑貨商、40代半ば、独身。
ダンディな雰囲気で、そこそこ羽振りも良く、

自由を求めていて、こだわっているのが食事

でも高級な食べものではなく、よくある街角の焼き肉屋とか定食屋なんかで…

美味しいものを探して食事をする。

このとき彼は最高の幸せを感じる。

誰にも邪魔をされないで、淡々と美味しい物を美味しそうに食べるところを描く。

ご飯を食べて「このおしんこは正解だった」などと独り言を言う

五郎役の松重豊さんの食べるシーンが楽しみです。

事務局では、撮影支援を行いましたので、撮影風景を少しご紹介します。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 場所は吉祥寺通り沿いのレストラン

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ この日は雨が降っていましたが、外でも作業が進められていました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ お店の中もスタッフで一杯、機材もたくさんです。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

漫画では実在のお店をモデルにしていますが、物語はフィクション。
ドラマでは原作に登場するお店ではなく、新たなお店をスタッフが探し出し、

原作のイメージを尊重して、新たに書かれたストーリーで映像化されています。

そのために、スタッフは実際に街を走り回ってお店探しに苦労しているとのこと。
スタッフが何か惹かれるお店を見つけ、実際に食べに入ってみるを繰り返しているそうです。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
五郎役の松重豊さんの食べるシーンが念入りに撮影されました。

松重さんほんとうに美味しそうに食べられます。

夕食を何にするかってひとり悩むことってありますよね!?
入ったことのない飲食店に入る時には勇気も必要だったり、

店の佇まいなんかを見て決めたりしますよね。

イイ店を見つけた時の喜び、早く人に教えたい、でも教えたくない…的な心情。

このドラマ、深夜に見てお腹が空いて、ちょっと何か食べたくなりますよ!

※テレビ東京 毎週水曜 深夜0時43分放送

  『孤独のグルメ』HPはこちら http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/

フジテレビ 「ストロベリーナイト」 に吉祥寺が登場します。

フジテレビの連続ドラマ「ストロベリーナイト」が1月10日(火)夜9時にスタートします。

事務局フィルムコミッションでも、この撮影支援を行いました。

原作の60万部ベストセラー、人気作家誉田哲也のミステリー小説「ストロベリーナイト」は、

もう読まれましたか?

Strawberry Night]=いちごいちごの夜 なんて、なんか可愛らしいイメージで読んだら・・・

なんとも残忍なグロテスクな描写に(@ ̄Д ̄@;)、

 

文字の世界では想像力もフルにされるので、

これを映像化すると聞いたときには、びっくりしました。

内容は、女性刑事が活躍する刑事モノで、もちろんヒューマンドラマも展開します。

面白いです。いっきに読んでしまいます。

刑事役は、竹内結子。私のイメージでは、菅野美穂だったんですけどね(。-人-。)。

さて、1月10日(火)には、

カチンコ「メディアカフェ」 サンロードプラザダイヤパレス吉祥寺3F 聞き込みシーンサーチ

カチンコ本町新道の歩道                          刑事が歩くシーン走る人

が、出てきます。

「あっ、知ってる!!」という場所が見つけられたらラッキー???

さらに、第9、10、11話では、武蔵野市の境幼稚園が舞台となり、こちらも放映の予定です。

撮影時の様子をちょっとご紹介しますね。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
園内には色々な撮影機材が運ばれています。スタッフの人は大忙しです。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
幼稚園の表札も、

「境幼稚園」から「養護施設慈友会 品川慈徳学園」に

変身しています。

それらしくなっていますね。

1月から2月にかけて、「武蔵野市」の色々な場所が、

色々な番;組で放送される予定です。

随時、ご紹介していきますので、お楽しみに。

1月10日(火)夜9時スタート

フジテレビ「ストロベリーナイト」 是非ご覧ください!

「吉祥寺の朝日奈くん」を観てきました!

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ舞台は東京・吉祥寺。

映画の冒頭から、井の頭公園、井の頭文化園、サンロード商店街、ダイヤ街、ハーモニカ横丁、有名なメンチカツの行列や焼き鳥店、

など毎日を吉祥寺で過ごす私には、全編全カット馴染みの風景がスクリーンに映っています。

ご自宅近くの方、職場のある方、良く遊びに出かけるという方、
学生時代を過ごしたり遊んだりした方、井の頭公園でボートに乗った方、仕事帰りにお酒を飲む街、一度遊びに行ってみようと思っている方、皆様にお薦めです。

ああここで、あそこでと知った場所が登場しますよ。

主人公の朝日奈くん(桐山漣)は、役者になる夢に破れ現在はバイト生活をしている。
毎日近くのカフェに通いつめているのですが、目的はそこで働く山田真野さん(星野真里)と仲良くなること。

ある事がきっかけで朝日奈くんと真野は急接近しますが真野は人妻で小さい娘もいる。朝日奈くんはそれでも恋心がつのり、連絡を取り合うようになり、結婚生活があまりうまくいっていない真野も、朝日奈くんの優しさに心の拠り所を求めている。

二人の淡く切ない恋愛模様が全体にゆっくりと、切々と日常にとけ込み展開されていきます。武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

井の頭公園や自然文化園に行ったりもする。

「すぐそばの家で暮らしている人は、こんなところに象がいることをどう思っているだろう」という真野のセリフもあります。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 井の頭自然文化園

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ サンロード商店街

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ ダイヤ街

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 七井橋通り

見慣れた風景の中でストーリーは進み…このままどうなるの?思っていたとき!

どんでん返しが来ました!二人の「恋愛劇」には「裏」があったのです。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

切ない思いのまま、二人は井の頭公園の井戸を源流とする神田川の川岸に作られた遊歩道を三鷹台から久我山方面まで歩くシーンが挿入されていたりもします。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
三鷹台の駅からは歩道がいったん途切れますが、

井の頭線の踏切を越えてしばらく行くと再び川沿いの遊歩道に出ます。

そんなところも劇中では「とぎれちゃったね」と言うセリフもあったりして、

地元の方は地元的観点で「そ~そ~」と観る箇所も出てきます。
と…!ここまでにして。
映画の終盤では「裏」の種明かしがあり、劇中の朝日奈くんの何気ない

行動に注意してご覧になると、これらが伏線であったことが分かると思います。

エンディングロールは斉藤和義さんの「空に星が綺麗~悲しい吉祥寺~」
私はというと…映画館を出たときには歌を口ずさみながら、

桐山漣さん、星野真理さん、要潤さんの演じたシーンを発見つつ、街をぶらりとお散歩しました。

上映劇場は映画の中にも登場するバウスシアター

12/16日(金)まで/上映時間 11:20/13:10/15:00/16:50/18:40

→詳細はこちら

※都内での上映は現在吉祥寺バウスシアターのみです、お見逃しなく!!

◆あなたの撮った吉祥寺写真募集中!◆

応募期間:2011年11月1日~12月末日(予定)
→詳細はこちら

満月おまけ情報ですが半月----------------------------

今日(12/10)は皆既月食

日本全国で欠けはじめから終わりまで全過程を見ることができる絶好のチャンス日だそうです!!

時間は10日20時30分頃~11日02時30分頃とのこと。

満月と冬の天の川の共演が見られるといいですね!!

「吉祥寺の朝日奈くん」が吉祥寺バウスシアターにやってくる!!

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
吉祥寺で100%ロケを敢行された映画

「吉祥寺の朝日奈くん」が11/19(土)からいよいよ

吉祥寺バウスシアターからロードショースタートです。

「吉祥寺の朝日奈くん」

 見たい度: 星星星星星 4.6

 原作   : 中田永一

 監督作品: 加藤章一

 出演   : 桐山 漣 星野真里 要 潤 他

  朝日奈くんは、吉祥寺に住んでいる。

  役者への夢も破れてバイト暮らし。

  ぼくは、どうしてこの街にいるんだろう?

  そんなぼくの前にひとりの女性があらわれた。

  彼女は人妻で、可愛らしい女の子もいる。

  恋して、迷って・・・出会うのに遅すぎた二人の切ないラブストーリー

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
桐山 漣 & 星野真里 の舞台挨拶決定!

あの「イケメン☆パラダイス」でお馴染みの桐山 漣クンと

「金八先生」の星野真里チャンが舞台挨拶に登場します。

       日時:11月19日(土) ロードショー初日

                 11:00 / 13:00

       場所:吉祥寺バウスシアター

上記イベントについての優先チケットが、11月12日(土)より「チケットぴあ」にて販売されるそうです。

「ナイスなイケメンをひと目でも!」と思ったら、迷わず優先チケットをお求めくださいね。

詳細は、吉祥寺バウスシアター℡0422-22-3555までお問合せください。

HPはこちら⇒http://www.baustheater.com/

吉祥寺の街がTVで放送されます

秋晴れの心地よいお天気が続いていますね。

外に出て、う~~んと伸びをしたくなります(^O^)

そんな、秋晴れの中で行われたTV撮影のご紹介をいたします。

吉祥寺はTVで紹介される事多々ですが、今回は当事務局で

撮影支援をした番組をふたつご紹介

ひとつは

「1億人の大質問!笑ってコラえて!」3時間スペシャル

今回の撮影は、番組が開設した海外支局に、

スタッフが実際に住み込んでその街を紹介するというコーナーの特別編。

住みたい街ランキング1位の吉祥寺に支局を作り、

街の魅力や雰囲気、人とのふれあいを紹介します。

番組ではおなじみ、ローマ支局のマルティーナ・コリリアーノさんや

番組スタッフさんが実際に吉祥寺にマンションを借りての住み込み撮影でした。

事務局ではフィルムコミッションという撮影支援を行っていますので、

1週間撮影の同行しました。

マルティーナさんが街のいろんなところで愉快なリポートを…

さてさて、どんなことがおこるでしょうか!?

映画10月12日(水) 19:00~21:54(放送予定)

もうひとつは

「噂の!東京マガジン」

「やって!TRY」のコーナーの撮影でした。

コピスさんの「ふれあいデッキこもれび」と「吉祥空園 Sora」で行いました。

今回の料理は「あじフライ」です、

さてさて、どんなお料理ができあがるでしょうか?!

映画10月23日(日) 13:00~13:55( 放送予定)

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

吉祥寺が舞台の映画「あんてるさんの花」

~大切な人を大切にできていますか?~

8月5日~吉祥寺を舞台にした映画

「あんてるさんの花(来春公開予定)の撮影映画

武蔵野市内で行われていましたが、8月15日無事にクランクアップしましたクラッカー

連日の炎天下晴れ、早朝から深夜まで、

武蔵野市全体をフルに駆け回る撮影で、

出演者やスタッフの皆さんはとても大変そうでしたが、

無事撮り終える事ができ、本当に良かったです!

事務局では「フィルムコミッション」としてロケ誘致や支援を行う事業 を行っています。

今回の「あんてるさんの花」では、全編武蔵野市内撮影ということもあり、

全面的協力体制を取りましたチョキ

プロデューサーはハーモニカ横丁で「おふくろ屋台」を営む

松江勇武(まつえいさむ)氏。

→Twitterはこちら

「街の持つ生活感をそのまま詰め込みたい」

「心あたたまるファンタジーを通じて多くの方々に活力を与えたい」

そんな思いを込めて制作された映画です。

≪監督・脚本≫ 

宝来忠昭(ほうらいただあき)

≪出演≫ 

小木茂光(おぎしげみつ)

田中美里(たなかみさと)

主人公、安藤照夫(小林茂光)は吉祥寺で居酒屋「あんてる」を営む。

舞台の居酒屋「あんてる」

本町1丁目近鉄裏に実在のタイ炭火酒場「ラコタ」で撮影。

ストーリーの中で、安藤がゲスト出演するラジオ局のシーンは、

やはり!やはり~!我が事務局サテライトスタジオで行われ、

サテライトスタジオはなんと言っても見え見えガラス張りですから~

撮影中は、通りを行き交う方々も「あら?なぁに?」と足を止めていましたグッド!

「むさしのFM」と「商工会館」はレコード会社の設定ひらめき電球

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

事務局での撮影準備風景
その他撮影現場は…

市文化施設の「松露庵」(昭和初期の木造平屋を改修した茶室)

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

むさしのプレイス前公園(7月オープンの複合図書館)

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

市役所保健室、総合体育館、道路課資材置き場…などの市施設から

ハモニカ横丁

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
ライブハウス・シルバーエレファント、

常に賑わいを見せる東急裏の通り

…などなど

武蔵野市を駆け回る撮影になりましたカチンコ

 

主題歌は吉祥寺で路上ライブを続けてきた

MeguMild「名前のない今日」(発売日未定)

公開は来春予定!(吉祥寺バウスシアターをはじめ、全国各地配給予定)

みなさんのお馴染みの風景が随所に見られるはずです!!

お楽しみに!!


ヒミツ事務局スタッフも通りすがりAや上司B、などでこっそり出演しています目

 

東京新聞記事

吉祥寺経済新聞記事