カテゴリー別アーカイブ: ブログ

吉祥寺浪漫飛行~vol.2初めてのおつかい

昭和30年代後半、小学校低学年だった私の初めてのおつかいは、

平和通りの山本鶏卵店でした。四十数年前への浪漫飛行(タイムスリップ)です。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
昭和60年8月 山本鶏卵店 

『吉祥寺と周辺寸描』鈴木育男氏より

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
昭和36年6月 平和通り

『吉祥寺と周辺寸描』鈴木育男氏より


当時の平和通りは、鈴木さんの写真のようにアーケードのある商店街で、
山本鶏卵店はその一角にありました。
アーケードの屋根のために昼間はどちらかと言えば、暗い商店街の中で、

山本さんのお店は、ほんのりと明るく輝いているように見えました。

おがくずを集めた砂場のような台の上に、白く輝く可愛い卵たちが、

お行儀よく並んでいたせいかも知れません。

卵を10個注文すると、お店の方が10個選んで、それはそれは丁寧に新聞紙で

作った紙袋に入れてくれました。

さらに、その紙袋をゆっくりと新聞紙にくるんでくれました。


私は、その新聞包みを受け取ったとき、ものを大切に扱う気持ちも受け取ったような

気がしました。

今ではその卵たちも、紙やプラスチックで規格化されたパックに閉じ込められていますが、

私たちは、ものを大切にする心も同じように閉じ込めてしまったような気がしてなりません。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
昭和36年(1961年)のヒット曲:音譜音譜

 君恋し

 銀座の恋の物語

 王将

 上を向いて歩こう

 コーヒールンバ

 北帰行

 

昭和36年(1961年)のできごと:時計時計

  池田内閣の所得倍増計画スタート

  米大統領にJ・F・ケネディ就任

  ソ連が有人衛星(ガガーリン少佐)で初の世界一周に成功

  国鉄中央線の東京‐高尾間の急行電車を「快速電車」と改称

  武蔵境駅南口開設

さかいHOTほっとプロジェクトのお煎餅

事務局のFです。

今日もいいお天気。絶好の散策日和でございます。

ところで、本日。武蔵境駅の南北自由通路の仮通路がめでたく開通しました。今まで南口と北口の行き来が不便でしたが、これで遠回りしなくてすみます。何か着実にまち全体が良い方向に、前進している感じがします。

しかも開通したのが、イルミネーション点灯の初日です。北口と南口のイルミネーションを楽しむのにピッタリじゃないですか。今晩の点灯式が楽しみですね。

…で、先ほど自由通路を早速見に行ったのですが、南側の出口の場所が、ちょうどイルミネーション点灯式のイベント会場「境南ふれあい公園」のところなんです。みなさんイベント準備で忙しそうなところでしたが、武蔵境活性化委員会さんのブースもあったので、早速ご挨拶に…。

ブースで委員会の会長にこれをいただきました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

さかいHOTほっとプロジェクトの激辛一味煎餅です。早速いただいてみると…

うまーい!

確かに辛いんですが、これはクセになります。あっさり完食です。会長に追加で3枚もいただいちゃいました。ありがとうございます。

ただ、これでは終わらないのが、このプロジェクトの恐ろしさ。「うまい」と言ったワタクシの感想を聞いた委員会メンバーの方が「じゃあ、次のステップはこれだから」と出してきたのが、これ。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

F     「あの。これ唐辛子ですけど?」

メンバー 「次はそれの丸かじりね」

F     「激辛唐辛子って書いてありますけど?」

メンバー 「うん。そう。」

けどまぁ、とりあえずかじってみます。

ゴメンナサイ。無理です。3口であえなくギブアップしました。

会長   「それ食ったの?無理無理。私それでひどい目にあったんだよ。顔が腫れ上がっちゃって。」

会長。先に言ってください。煎餅は飲み物なしでもいけましたが、早く水がほしいです。

料理にも使えますが、これはもう罰ゲームにも使えますね。

唐辛子は今日のイルミネーション点灯イベントでも売っています。「八つ房唐辛子」「鷹の爪」「激辛唐辛子」「韓国唐辛子」の4種類ありますので、お料理と罰ゲームのレベルにあわせてお買い求めください。

ちなみに唐辛子のほか、一味煎餅、旨辛ソースなどの関連商品も販売中です。

【イルミネーション点灯式】

本日12時からイベント開始。

場所:境南ふれあい公園(武蔵野市境南町2-3)

※イルミネーション点灯は午後5時頃からです。

【激辛一味煎餅】←オススメです。

1枚50円。

武蔵境のすきっぷ通り「お茶の下田園」さんで販売中。本日のイルミネーション点灯イベントでも購入できます。

http://musasisakai.jp/project/hot/shop/018/index.html

雅楽とソプラノの調べ

お出掛けしたくなる秋空~晴れと思いつつ今日もお仕事をしています。

けれどもっ!昨日は素敵な芸術の秋を体験しましたのでご報告。

昨日のオフィスは朝から、我が社むさしのFM(78.2MH)の放送番組

『ハッピーう~たん』 『発信!わが街・武蔵野人』 の公開放送で賑わっていました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

『ハッピーう~たん』には

≪雅楽アンサンブル・桜韻≫の

高桑賢治(たかくわけんじ)さん

越後眞美(えちごまなみ)さん

が生演奏を披露してくださいました。

高桑賢治さん:篳篥(ひちりき)

          東京藝術大学・音楽学部・作曲科卒

          国立劇場や銀座雅楽堂など数々の雅楽演奏

          会に参加

越後眞美さん:竜笛(りゅうてき)

          東京藝術大学・音楽学部・邦楽課卒

          国立劇場など国内外の雅楽公演に参加

演奏曲は≪胡飲酒(こんじゅ)≫宴席で演奏される曲だそうです。


なんて雅な音色~音譜 

篳篥と竜笛は共に竹で作られた管楽器で、篳篥は主旋律を竜笛はそれに絡むように演奏されます、

思った以上に高音で高らかな音色でした。古くは屋外で演奏されることが多かったからなのでしょうね。

『発信!わがまち武蔵野人』には
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

第79回「日本音楽コンクール」声楽部門で3位に入賞された

ソプラノ歌手 湯浅桃子さんがご出演くださり、

文化庁海外派遣研修でのボストンでの1年間を振り返りながら、

お話くださいました。

ご教授いただいたドンナ・ロール先生の、

「喜びや幸せを感じて息を吸いなさいと言う先生の教えを受け

プログラム終了後にはどんな状況でも歌えるようにようになった。

とのことでした。

先生は愛に溢れた方で、湯浅さんが初めて先生の前で歌ったときには「私の前に小鳥が来たようだわ」と言ってくれた。

自分を信じて歌うことは今までなかなか出来なかった事だが、先生の教えでそれが出来るようになった。

人としてきちんと成長したい、歌は全てが出てしまうから。とお話くださいました。

湯浅桃子さん:東京藝術大学・音楽部・声楽課卒

           同大学院音楽研究課オペラ選考修士課程終了

           第55回全日本学生音楽コンクール声楽部門大学・一般の部第一位。

           日本放送協会賞ならびに都築音楽賞を受賞

今日11/6(土)は湯浅さんご出演、日本フィル武蔵野の会主催

~チャリティーコンサートin吉祥寺ホーム~ が開催されます。

定 員 120名(先着順)

費 用 3000円

時 間 14:00~16:00

場 所 吉祥寺ホーム 集会室 (武蔵野市吉祥寺2-9-2)                               

      吉祥寺駅北口より「ムーバス北西循環」にて5分「25番北コミセン前」下車、徒歩2分


※詳細は日本フィル武蔵野の会運営委員まで
  湯浅  厚子(TEL・FAX 0422-41-1541)
  近藤寿美子(TEL・FAX 0422-52-3384)
  お問い合わせは午後1時から午後6
時の間にお願いします。


武蔵野市観光推進機構事務局のブログ むさしのFM

「ハッピーう~たん」

「発信!わがまち武蔵野人」 では

普段見ることができない生放送の現場を見ながら

番組を楽しむことがきます!お得です!
ラジオを通して聴くのとはまた違った楽しさがありますよ!

皆様のご観覧をお待ちしていま~す!

吉祥寺カフェ

吉祥寺には、古くから続くオリジナリティー溢れるお店が沢山ありますが、

今日はそんなお店のひとつ

『COFFEE HALL くぐつ草』 をご紹介します。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

『くぐつ草』は創立370年になる江戸糸あやつり人形芝居の「結城座」 によって運営されています。

オープン以来約30年、変わることなく吉祥寺で親しまれてきたお店です。

お店への入口は、先ずは階段!

すでにここから雰囲気ありありです…。

ビルの地階、植物のプランターが沢山吊るされている階段を地階へと降り、扉を開ければ、そこはまるで洞窟の中に入ったような、不思議な空間が広がります。武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

コーヒー専門店だからと…コーヒーだけなのかな?と思っていましたが、

紅茶・ココアなどの飲み物からケーキなどオリジナルメニューがありましたコーヒー

スパイスの効いた

『手作りのくぐつ草カレーセット/\1580、ミニサラダ・コーヒーor紅茶付』もお薦めです 合格 ナイフとフォーク
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

ケーキセット \1030 お酒とおつまみ \850~ ※詳細は『くぐつ草サイト』 で。

まちの賑やかさからは想像のつかない異空間です、ぜひ訪ねてみてください。

≪くぐつ草≫

営業時間: 10:00 a.m. – 10:00 p.m. 年中無休
武蔵野市吉祥寺本町1-7-7 島田ビルB1F
Tel. 0422-21-8473

レンタサイクル

事務局のFです。

仕事ですから出社してきましたが、台風が近づいてますね。けど、オフィスのある吉祥寺でも、先ほどまでは雨、風ともに強くなってましたが、今は少し弱くなってきました。まぁ、油断は禁物です。むさしのFM(78.2MHz)でも随時台風情報を放送しますので、ご確認ください。

ところで、こんな天気では取材に行く気が出てきませんので、今日はいつもとちょっと変わった話題で。

今日の日本経済新聞の東京版に『レンタサイクル 表参道で貸し出し』という記事を見つけました。

何でも、表参道周辺の店舗で自転車の貸し出しと返却を受け付け、ICカードで料金を管理するそうです。なおICカードで登録店舗の割り引きクーポンも記録されるとのこと。

吉祥寺にも40台のレンタサイクルがあるんです。

ちなみに武蔵野市の公式ホームページでの記事

http://www.city.musashino.lg.jp/cms/faq/00/00/96/00009618.html

『いつもとちょっと変わった話題』なんですが、実は武蔵野市での都市観光を語る上で、避けて通れない話題なんですよ。

武蔵野市にきていただいたお客様が吉祥寺、三鷹、武蔵境といった武蔵野市内、また、三鷹市や調布市といった「お隣さん」も含めてまわっていただくとなると、バスか徒歩、自転車が候補にあがってきます。

距離や予算も含めて考えると、「レンタサイクルがあれば…」なんて考えが浮かんでくるのは当然です。

ただ、今の方式だと、吉祥寺で借りて、また吉祥寺に戻ってこなくてはなりません。記事に出ていた方式だとAというお店で借りて、Bというお店で返す『乗り捨て方式』なのかな?近隣のまちも含めた乗り捨て方式だったら、かなり便利だよなぁ…なんて考えてしまいます。

難しい問題はあるんでしょうが、もし吉祥寺で自転車を借りて、調布で返すなんてことができたら、面白いですよね。

成蹊大学へ…

事務局のFです。

風邪が長引いています。今日はnutmegさんのライブの日ですが、途中で咳き込んでご迷惑をかけたらどうしましょう。急に寒くなってきましたので、皆さんも風邪にはご注意ください。

ところで、今日は今までにないちょっとまじめな話題です。

昨日のことですが、成蹊大学文学部の高田昭彦教授からお声かけいただき、成蹊教養カリキュラムの「武蔵野地域研究」の講師として、成蹊大学に行ってきました。吉祥寺の歴史や特色、魅力などについて、吉祥寺に関わる皆さんが、交代でそれぞれテーマを決めて講義するというものです。講師の皆さんの顔ぶれを見ると、そうそうたるメンバーなんですが、私も入っていいんでしょうか?

しかし、『はい。お引き受けします』と言った以上、やるしかありません。わたしは「ソフト面からみた吉祥寺のまちづくり」について話すことにしました。『観光推進機構』ですから、都市観光の切り口しかできませんけど。

話の内容としては…

1 武蔵野市観光推進機構について

2 観光と都市観光

3 吉祥寺における都市観光の視点の必要性

4 今後の吉祥寺の可能性

の4つのポイントを設定しました。資料ができたのは、前日。綱渡り状態です。けど、まぁ何とかなると思って雨の中、成蹊大学へ。

…で、実際に教室に行ってみると…

あれ?大学生じゃないですよね?って方がいらっしゃるんですけど。市民聴講生の方もいらっしゃるんですね。

お蔭様で、緊張感が急激に上昇です。

やっぱり人前で話す、しかも講義として話すことは難しいですね。話す内容のキーワードを全て書いたメモを持参しましたが、自分の伝えたいことを伝わるように話すには、ワタクシは修行不足です。

ワタクシの悪い癖なんですが、色々な話題を詰め込みすぎて、とりとめのない話になりがちなんですよね。

一通り、ワタクシがお話してから、質問コーナー、そしてフリートークへ。学生さんも鋭い質問をしてきますので、気が抜けません。かえって、こちらがいい勉強をさせていただきました。昨日の状態では、もう二度とお呼びいただけないと思いますが、次があれば、もっとまともなお話ができるよう修行しておきます。

月刊コミックゼノン買ってきました…が…

事務局のFです。

ここのところ、風邪をひいて咳が止まらなかったり、事務仕事ばっかりだったりと、楽しいことはどこへやら。

…なんですが、今日はありましたよ。

月刊コミックゼノンの創刊です。

ウチの社員さんが、先ほど何やら書き込んでましたが、ワタクシは早速ブックスルーエさんで買ってきました。

内容も気になりますが、気になるのはガチャ。

コアミックスご担当者さま。ガチャは反則です。無性にまわしたくなります。

チラシによると、北斗の拳の蔵出しミニフィギュアが入ってるそうですので、高速で会計を済ませてまわさせて貰いました。

…で、出てきたのがこれ。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

なになに?『堂森 善光寺祈願済 激レア「花の慶次」傾奇御免おまもり』ですって?

大当たりだけにお得感はありますが、あくまでもほしいのは北斗の拳の蔵出しミニフィギュア。

ワタクシの右手も、良い仕事をしたのか、しなかったのか分からなくなってきます。

こうなると思い出されるのは、あの方の有名な台詞。

「退かぬ、媚びぬ、省みぬ」

これはもう1冊買いにいくべき…なんでしょうね…。今日しかやってないんですか?仕事が終わるまで残ってるんでしょうか?

ちなみに、本来ならば一番気になる内容ですが、さすがに仕事中に読む勇気はありませんので、家に帰ってゆっくり読んできます。

イベント詳細はカフェゼノン公式HPで!

http://cafe-zenon.jp/news/?p=719

むらさき橋と紫草

玉川上水の吉祥寺・三鷹間には「万助橋」 「むらさき橋」 「三鷹橋」という

三つの橋が架かっています。

今日はそのうちのひとつ「むらさき橋」についてのお話です。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

むらさき橋の名前は、はるか遠い昔から武蔵野の地に多く咲いていた

「紫草」と言う植物からつけられました。

上記の和歌はこのように歌っています。

紫草のその一本のために、武蔵野の草はすべて愛おしいものとみえる

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ  紫草:国営武蔵丘陵森林公園提供

紫草は夏に咲く小さくて可憐な白い花で、今ではその自然栽培は大変難しく

絶滅危惧種に指定されています。

その根は昔から染料として使われていました。

あかねさす 紫野行き標野行き 野守はみずや 君が袖振る (額田王 ぬかたのおおきみ)

この歌の「野守」とは紫草が咲く畑で花の番をする見張り番のことだそうです。

とても大切な植物だったのですね。

また聖徳太子の冠位十二階の最上位色ともされ、大変高貴な色として

尊ばれていた事がわかります。


この紫染は江戸時代に「江戸紫」として大流行しました。

・井の頭池を水源として造った神田上水の水をふんだんに使うことができたこと。

・紫染に必要な媒染で使う椿灰を伊豆大島から供給されたこと。

これらが要因になり、江戸の町で盛んに染められたと考えられます。

秋の空気が心地よくなってきました、みなさまもぜひ

玉川上水~井の頭池へのお散歩におでかけしてみてください。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

むさしのFM公開放送を学生さんが多数見学!

本日の公開放送では、成蹊大学文学部の学生さんが、

「メディア・リテラシー」実習の授業の一環として

多数見学に来てくれました。

講師は、もちろん我がむさしのFMのチーフである久保田浩友先生です。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

今日の「わがまち・武蔵野」のゲストは、中村茂美さんでした。

中村さんは、地域防災力の向上に貢献したとして、

東京都功労者表彰をされた方です。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

必要なのは、「勇気と実践」。

人命救助の経験を積まれた方の言葉です。

ベテランパーソナリティとゲストの軽快な言葉のやり取りを

学生さんたちは、熱心に聴いていました。

ラジオの公開放送は、毎週金曜日、商工会館1階です。

11:00~12:00 「ハッピーう~たん!」

14:20~14:40 「発信!わが街武蔵野人」

見学自由ですので、是非一度訪ねてみてくださいね。

お待ちしてます。

アニメワンダーランドイベントのひとつ「おもちゃ市場」情報

今日は朝から東急デパートさん北側広場で開催中

「おもちゃ市場(10/2~3日、10:00~19:00)が賑わっていましたが、

先程その出品情報についてお問い合わせがありました。

これは行かなくちゃ! と言うことでFが取材に走りましたカメラ あし

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

懐かし系、キャラクタ系など出展されているものは種々雑多、いろいろです。

多くの方がお買い物を楽しまれていました。

おもちゃ市場の開催は明日までです(10:00~19:00)、是非お出かけください。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

そして…おみやげに買ってきたものはこれ!

チェブちゃん音譜

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ