カテゴリー別アーカイブ: アート

前進座劇場~歌舞伎役者の粋と意気~

歌舞伎俳優 尾上松也氏を座頭とした歌舞伎公演が

吉祥寺・前進座劇場において開催されます。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

5歳での初舞台以後、多くの賞を受賞し、歌舞伎界やTVで活躍中の
尾上松也氏を座頭に新たな地平を目指す舞台となっている。

挑むvol3 ~歌舞伎役者の粋と意気~

『挑む』とは、

伝統を知る・尊ぶ・新たな地平を目指すをコンセプトに活動している。

今回で3回目の公演となる。

日 時:8月20日(土) 17:00開場 17:30開演
     8月21日(日) 11:30開場 12:00開演
              16:00開場 16:30開演

料 金:全席指定 ¥6300 (税込)
会 場:前進座劇場(吉祥寺)

【出演者】
尾上松也
澤村國矢/市川左字郎/尾上音一郎/尾上徳松/尾上松五郎/尾上隆松

【演 目】
一 『子宝三番叟』(こだからさんばそう)
二 『三社祭 』(さんじゃまつり)
三 『与話情浮名横櫛』 源氏店(よはなさけうきなのよこぐし げんじだな)

【チケット取扱】-----------------
キョードー横浜 045-671-9911(月~土10:00~18:00)
チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:412-236
ローソンチケット 0570-084-003 Lコード:38759
イープラス http://eplus.jp
前進座劇場 0422-49-0300(窓口販売のみ)

浅井裕介 ~根っこのカクレンボ @武蔵野プレイス~

連日たくさんの方で賑わう「武蔵野プレイス」では

開館記念イベントが多数開催されています。

今日は、その中のひとつ

プレイス・アート・プロジェクト ~根っこのカクレンボ~ 

をご紹介いたします。

アーティストは浅井裕介氏

身の回りの素材を奔放に使いこなし様々な表現展開をしています。

代表作として

マスキングテープにペンで植物画を描き増殖させ描いていく作品「マスキングプラント」や、
その土地の土を堀り、水で溶いて描く「泥絵」シリーズなどがあります。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

今回の作品は

プレイスの壁を利用してマスキングテープにペンで絵を描き

それを日々増殖させていくという、愉快なアートです。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ オープン初日はこんな感じでしたが…

武蔵野市観光推進機構事務局のブログさて!今はどこまで増殖しているのでしょうか~

日に日に増えていく植物は

プレイス館内のいろいろな場所に隠されています。

製作中の作家を見ることができる制作展示室もありますよ~。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

夏休みのお楽しみのひとつにいかがですか?

武蔵境には「武蔵境HOTほっとプロジェクト」

夏を乗り切る激辛メニューもバラエティー豊かに揃っています!

この夏、武蔵境エリア…イイかもっ!!!

------------------------------

◆ワークショップ

 根っこをさがす一日 ~館内探検と共同制作~

 8月7日(日)13:00~16:00/参加費無料

 対象:小学生(市内在住・在学を優先)、20 名(超えた場合抽選)
 申込方法:往復ハガキを郵送、もしくは返信ハガキを持参で

        直接武蔵野プレイスへ(学年・学校名を明記)
        e-place@musashino.or.jp  左記宛メールも可
 締   切:7 月22 日(金)必着 

 

 ※武蔵野プレイスへ直接持参も場合も7 月22 日まで。

◆ギャラリートーク

  アーティスト淺井裕介氏と

  Art Center Ongoing ディレクター小川希氏の トークショー
8月30日(火) 15:00~16:30/参加費無料  

 申込方法:当日先着30 名

◆公開制作

 7月9日(土)~17日(日)

 8月22日(月)~8月23日(火)

 ※制作日、場所、時間は制作状況によって異なります。ご了承ください。

古川タク展 「あそびココロ」”1本の線から”

シンプルな線で描かれた

ユーモア溢れるアニメーションやイラストで知られる

古川タク氏の展覧会が開催されます

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 会   場:武蔵野市立吉祥寺美術館 企画展示室
会   期:2011 年 7月 9日(土)~8月 14日(日)
開館時間:10:00~19:30
入 館 料:100 円

      (小学生以下・65 歳以上・障がい者の方は無料)
主   催: 武蔵野市立吉祥寺美術館

休 館 日:7 月 27 日(水)

多くの方はNHK「おかあさんといっしょ」 などで、作品を目にされたことがあるのではないでしょうか?

パラパラ漫画のような軽妙さがあり、

アニメーションの根源である「絵が動く」ということへの

単純な驚きを、あらためて思い起こさせてくれるようです。

本展では多方面にわたる創作活動が紹介されます。

ふにゃふにゃの線から浮かび上がる、

時にあたたかく、時に鋭いユーモアの世界をお楽しみください。

≪関連イベント≫--------------------


武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

◆屋外上映会

夏の一夜、昔懐かしい映写会の雰囲気をお楽しみください

日 時:7月9日(土) 19:00~20:00

会 場:コピス吉祥寺 A館3F 吉祥空園SORA

※入場自由・無料

◆対談 

 「漫画、絵本、アニメーションについて気ままにはなそう」

講師:吉川タク

日   時:7月16日(土) 14:00~1530

会   場:吉祥寺美術館 音楽室

定   員:90名(要予約、先着順) ※入場無料(ただし、美術館入場券が必要)

予約方法:7月2日~電話または美術館窓口

◆ワークショップ

 「パラパラ漫画をらくがきしよう!」

タクさんと一緒に、ノートの隅にらくがきしちゃおう!

日   時:8月6日(土) 14:00~16:00

会   場:吉祥寺美術館 音楽室

対   象:小学生以上のお子さまと保護者 

定   員:15組30名

参 加 費:1組 500円

予約方法:はがき・FAX・メールのいずれかに武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

1.ワークショップ名

2.住所

3.氏名

4.電話番号

5.メールアドレス(あれば)

吉祥寺美術館ワークショップ係りまで。

7/23(土)締め切り(必着)

〒180-0004

武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 コピス吉祥寺A館7階

Tel:0422-22-0385

Fax:0422-22-0386

メール:museum-ws@musashino-culture.or.jp

→詳細は武蔵野市立吉祥寺美術館

  

吉祥寺美術館 山喜多二郎太展

生涯を通して、油彩と水墨、

ふたつの世界を自由に往来し、

独自の世界を築いた


日本画家 山喜多二郎太


近代日本で活躍した画家の作品が

吉祥寺美術館で鑑賞できます。


武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
大正4年に東京美術学校 西洋画科に入学

友人たちが皆西洋美術の影響を受けフランスへ留学する中、

ひとり中国を旅して水墨画に親しみます。

中国美術の流れとしての日本美術を目指すようになり、

やがて水墨に淡彩を加えた墨彩画のへと向かっていきました。

自由自在な線で

風景画や抽象画が生みだされる

飄々として洗練された作品世界

落ち着いた色調の絵は、

見る者の心に優しく響きます。 

4月2日(土)~5月15日(日)

武蔵野市立吉祥寺美術館

開館時間:10:00~19:30/4月27日休館

入 館 料:100円(小学生以下・65歳以上・障がい者の方は無料)

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

子どもたちと作る「絵本と遊びの世界」

メディアアートの第一人者として世界的に活躍されている

岩井俊雄さんの「絵本とおもちゃの展覧会」

≪100かいだてのいえのひみつ≫のワークショップが

武蔵野市立吉祥寺美術館にて開催されます。

開催期間:2010.12/23(木・祝)~2011.2/20(日)

開館時間:10:00~19:30

休 館 日:12/28日(火)~1/4日(火)、1/26日(水)

入 館 料:100円(小学生以下、65歳以上・障がい者は無料)

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

岩井俊雄さんが書き下ろした同タイトルのベストセラー絵本

「100かいだてのいえ」

続編の

「ちか100かいだてのいえ」(偕成社発刊)
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

タテに開く!

長~~~い!

が特徴のこの絵本

ユニークな部屋と描画も魅力的です。

今回の展示では、2冊の絵本ができあがるまでの

スケッチや原画が展示されます。

「いわいさんちのあそびをのぞいてみよう!」のコーナーでは

親子で作ったオリジナルおもちゃの展示。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

お嬢さんが誕生して、紙工作などをするようになり、

≪いわいさんち≫のもの作りはどんどん発展ロボットロボット


その楽しさを紹介する本

「いわいさんちへようこそ」も発刊されています。

デジタルの“申し子”のアナログ回帰…(??)

独自の色彩感覚

造形センス

少年時代からの遊び心

これらが融合した岩井さんの作品は、

子供から大人まで幅広いファンの心をつかんでいます。

冬休みには、大人も子どもも楽しめる展覧会に

お出かけしてみてはいかがでしょう走る人
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

・親子で楽しもう「100かいだてのいえ」といわいさんちの遊び

 1/15日(土)、2/11日(金・祝) 14:00~16:00 参加費1組500円

・動かして楽しい紙のおもちゃ「リベットくん」を作ろう!

 1/29日(土)、2/13日(日) 14:00~16:00 参加費1組500円

※詳細は武蔵野市立吉祥寺美術館 まで

未来へつなぐ花鳥画

武蔵野市立吉祥寺美術館で

『未来へつなぐ花鳥画』展が始まりました。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

自然との一体感の中、

愛と畏敬の念が生み出した花鳥画の世界は、

中国の宋、元を源に、日本独特の文化として発展してきました。

奈良県の松伯美術館では平成6年から、

若手画家を対象に【花鳥画公募展】を開催しています。

吉祥寺美術館での今回の展示は、

日本画家上村淳之(あつし)氏が

松伯美術館での、過去16回の若手画家花鳥画公募展の中から

15点を選出したものです。

自然との関係や調和の中で生かされていることを自覚し

自他の生命や自然を尊び、心を打たれ、大切にする…

そんな世界観を表現した若い画家の純真無垢な作品を…

かくのごとくあって欲しいと願う未来を…

是非ご鑑賞ください。

◆開催日 12月3日(金)~12月19日(日)

◆時 間  10:00~19:30

◆入館料 100円

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
ミュージアムめぐりにお得な情報ビックリマーク


「東京・ミュージアム ぐるっとパス2010」
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

このチケットには、

都内70の美術博物館や動物園・水族館などの

入場券または割引券がつづられています。

2000円ですビックリマークお得ですビックリマーク

上野エリア・臨海エリア・多摩エリアなど

7つのエリアに分けられた各エリアやジャンルから

行ってみたい施設を自由に選びチケットブックを購入すればOK!

利用期限があるので、ここだけ注意してくださいね!

最初の利用日から、利用当日を含む2ヶ月間で、

施設指定の展示を1回ずつ楽しめます。

【多摩エリア】吉祥寺近辺では下記施設が利用可能。

・武蔵野市立吉祥寺美術館

・井の頭自然文化園

・三鷹市美術ギャラリー

・中近東文化センター付属博物館

・神代植物公園

・調布市 武者小路実篤記念館

・ちひろ美術館・東京

【ぐるっとパス2010チケットについて】

◆販売価格    \2,000(大人料金のみ)

◆販売期間    2011年1月31日(月)

◆最終有効期限 2011年3月31日(木)

※割引内容・展示については各施設にお問合せください。

吉祥寺浪漫飛行~vol.1『吉祥寺と周辺寸描』

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

平和通り昭和41年

吉祥寺を深く愛する写真家がいます。謙虚なお人柄そのままに、彼はファインダー越しに、

こよなく愛する街の姿を60年以上撮り続けています。

変わり続けることの大切さと、変わらないことの尊さをいつも胸に刻みながら・・・

その貴重な写真集が『吉祥寺と周辺寸描』です。

「らかんスタジオ」ご主人の鈴木育男さんの作品集です。

今日はその中から懐かしい幾葉をご紹介しましょう。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
京王井の頭線終点・吉祥寺駅 昭和39年



武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
国鉄吉祥寺駅北口昭和41年

   

今後は折りにふれ、鈴木さんの写真を片手に想い出の旅に飛行します。


武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
写真集『吉祥寺と周辺寸描』についてのお問合せは、

「らかんスタジオ」さんまで。

住所:武蔵野市吉祥寺本町1-4-11

電話:0422-21-2111




「吉祥寺薪能」のチケット販売場所

事務局では「吉祥寺薪能」チケットの販売をしていますが、

明日10月6日(水)はアトレ吉祥寺さん『はなびの広場』で販売いたします。

販売時間:14:00~17:00

場   所:アトレ吉祥寺 『はなびの広場』 

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

10月7日以降はまた武蔵野市観光推進機構での販売となります。

よろしくお願いいたします。

今年も開催間近!!! 吉祥寺「薪能」チケットはお早めに!!!

秋の夜長をのんびり楽しめる気候になりましたね。

ところでみなさんは「薪能」ってご存知ですか?

夏の夜に野外に能舞台を作り、かがり火を焚きながら能を鑑賞するというものですメラメラメラメラ

能は鎌倉から室町時代に確立された芸能のひとつで、

面や衣装は当時からずっと手を入れながら使われているものもあるそうです。

能は「決して変わってはいけない」世界で、現在まで大切に継承伝承されつづけているのですね。

そんな変わってはいけない能を「常に変わりゆく吉祥寺の街」で楽しむ…

なにかおもしろい組み合わせだなぁ…と感じます。

第25回開催は 10月15日(金)です。チケット購入はお早めにっ!!!

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

◆平成22年10月15日(金) 

◆17:00 開場 18:00開演  (終了予定は 20:40頃です)

◆吉祥寺 月窓寺境内

◆全席指定 A席\6,000 B席\5,000


◆演目

 【能】養老/シテ:武田 尚浩 ワキ:村瀬 堤

 【狂言】茶壷/シテ:山本東次郎 

 【能】猩々/シテ:関根 祥六 ワキ:村瀬 慧

◆雨天の場合は、武蔵野市民文化会館(武蔵野市)での「ろうそく能」となります。

http://www.city.musashino.lg.jp/cms/news/00/01/48/00014841.html


◆チケットの購入は「武蔵野市観光推進機構事務局」窓口にて(営業時間 9:00~18:00、水曜日定休)

◆お問い合わせは吉祥寺薪能実行委員会 0422-22-2851/武蔵野市開発公社 0422-22-0381

一足先にゲージュツの秋

昨日に引き続き、事務局のFです。

今日は、昨日からスタートした吉祥寺美術館さんの「草間彌生展」へ。

いやいや、すごい人出ですね。考えたら、こんなメジャーな方の展覧会が100円で入れるんだもん。当たり前か。

さすがに中の写真は撮れないので、今日の写真はチラシだけ…。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

おぉ、2種類ある。

…と、思ったら全部で4種類あるそうです。

さすがに吉祥寺美術館さんも力が入ってますね。

さらに、関連イベントが3つあるそうです。

…ん?うちのオフィスの入ってる武蔵野商工会館でも講演会があるんですね。

入場無料だけど、展覧会に行った人だけしか入場資格がないのね。知らないうちに参加資格ゲットしてました。

予約したいけど… ねぇねぇ、やっぱり仕事休んじゃダメ?

【草間彌生展 ワタシというナニモノかへの問い】

日時  9月18日(土)から11月7日(日) (ただし、9月29日、10月27日は休館)

場所  武蔵野市立吉祥寺美術館(武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル7階)

    http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

入場料 100円(ただし、小学生以下、65歳以上、障害者の方は無料)

【関連イベント】

1 松本貴子監督トークショー+上映会 「前衛芸術家 草間彌生」

  9月25日(土)13時45分から16時10分

  吉祥寺美術館 音楽室

2 音楽会 「ジョン・ケージの音を通してみる1960年代前衛芸術」

  10月9日(土)14時から15時30分

  吉祥寺美術館 音楽室

3 講演会 「草間彌生版画の身体感覚」

  10月23日(土)14時から15時30分

  武蔵野商工会館 市民会議室(武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 4階)

いずれも入場無料(ただし、美術館入館券が必要)

定員 90名(予約制)  予約受付中!定員になり次第締め切りだそうです。お早めに!