カテゴリー別アーカイブ: アート

2012 井の頭公園アートマーケッツのポスターができました♪

じゃじゃ~~~ん!2012年のポスターです!

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

井の頭公園はたくさんの個性豊かなアーティストのみなさんが

活躍する場所としても知られていますね。

園内では様々な催しが企画運営されています。

その中のひとつ、井の頭公園の100周年に向けてお祝いをしよう~

と言うことで企画されているものに『井の頭100祭』があります。

この中で毎年行なわれる『みんなで選ぶポスターコンテスト』

来園者のかたに投票いただくコンテストで形式で、人気投票No1に輝いた

イラストはアートマーケッツのポスターデザインとして採用され、

1年間を通し市内公共施設や掲示板などに掲示されます。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
★製作者のSANAさん★

いつもキュートな笑顔で本当に楽しそうに筆を運んでいます。

ファンの方も多く訪れていますね♪

ブログはこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/sa_na_1037

井の頭100祭(ヒャクサイ)

日時 平成24年10月27日(土)~28日(日) 11:00~16:30

ステージパフォーマンスやワークショップなど今年も盛りだくさんですよ!

※詳細はまた後日アップします。

国際オルガンコンクール@武蔵野市

武蔵野市民文化会館にはとっても立派なパイプオルガンがあることをご存知ですか?
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

デンマークのマルクーセン&ソン社製のオルガンで、

1984年10月に小ホールの舞台正面に設置されました。

大きさは高さ9.3m、幅5.5m、奥行2.3m。

大小さまざまなパイプが合計2,780本(全部をつなぎ合わせると約1.5kmになります!)
手鍵盤が3段と足鍵盤があります。
このオルガンを使って、4年に一度「武蔵野市国際オルガンコンクール」が開催されています

(オリンピックと言うところ?)

荘厳な音色のパイプオルガンの音は

音階はパイプの長さを変え

音色はパイプの素材や形を変えて作られるそうです。

ひとつの鍵盤でトランペット系やフルート系の音色など沢山の音を出すことができます。

武蔵野市のオルガンには2,780本ものパイプがありますから、重厚かつ華やかな音色が奏でられるのでしょうね。

普段はなかなか聴くことの出来ないパイプオルガンの音色を聴けるチャンスです!

ルネッサンスやバロック、ロマン派…時代を想像しながら美しい音色に身を寄せてみませんか?

今回の公開オーディションやCD&DVDオーディションには世界21ヶ国120名が応募、

世界各国精鋭が集まる、アジア唯一の国際コンクールです。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

音符予選スケジュールは以下音符

第1次予選 平成24年9月21日(金) 17 :00~

        平成24年9月22日(祝) 15:30~

※全席自由 1,000円(2日間有効)

       

第2次予選 平成24年9月25日(火) 17 :30分~

        平成24年9月22日(祝) 16:00~

※全席自由 1,000円(2日間有効)

本選 平成24年9月29日(土) 13:00 ~

※全席指定 一般3,000円/アルテ友の会会員2,500円

予選+本選が全て聴けるチケット4,000円(限定50枚)

入賞者披露演奏会 平成24年9月30日(日) 14;00~

※全席指定 2,000円

場所 武蔵野市民文化会館

音符プレイベントも沢山開催されます音符

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ ≪街かどコンサート(無料)≫

8/19日(日) 14:00~(定員100名)

吉祥寺南町コミュニティセンターホール
花澤絢子(オルガン)

新井薫(ハープ)

8/25日(土) 14:00~(定員100名)

本宿コミュニティセンターホール

大貫さやか(オルガン)

藤原かんば(フルート)

8/31日(金) 14:00~(定員90名)

吉祥寺美術館 音楽室

長瀬真紀(オルガン)

横田揺子(クラリネット)

9月にも続々イベントが開催されます。

要チェックをして、たっぷり楽しんでしまいましょう~。

◆詳細は武蔵野文化事業団

◆チケット販売・問合せ0422-54-2011

第27回 吉祥寺薪能のチケット発売開始

まちの秋の風物詩となっている「吉祥寺薪能」

吉祥寺の月窓寺を会場に1986年(昭和61年)から行われ、今年で27回を迎えます。

今年(平成24年)は10月16日(火)開催です。

特設の能舞台が闇夜に浮かび上がり幽玄の世界へと誘います。

特別な一時をお楽しみ下さい。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

事務局では前売り券を販売中です。

A席 4000円

B席 3000円
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

【日時】 平成24年10月16日(火)
午後5時00分 開場
午後6時00分 開演
終了予定20時40分頃

【場所】 吉祥寺 月窓寺境内

【内容】 
素囃子『神舞(かみまい)』
(笛)一噲 隆之/(小鼓)鵜澤 洋太郎/(大鼓)安福 光雄/(太鼓)徳田 宗久
仕舞『岩船(いわふね)』/高橋 亘

『融(とおる)』/三川 淳雄
※能の舞いに男性の神が速いテンポで颯爽と舞う曲を「神舞」といい、『高砂』や『養老』などに見られ、初々しく気高い舞い。囃子だけで演奏するのが素囃子。シテが紋付袴にて地謡を擁し舞うのが仕舞。
東日本大震災被災地復興への祈りと犠牲者への鎮魂として演じられる。

狂言『髭櫓(ひげやぐら)』/(シテ)山本 東次郎/(アド)山本 泰太郎/(アド)山本 凛太郎
※本曲は大曲とされ、出演者が多く囃子の演奏があることも要因し数多くある薪能のなかでも非常に珍しい上演となる。

能『天鼓(てんこ)』/(前シテ)辰巳 満次郎/(後シテ)宝生 和英/(ワキ)森 常好
※本曲は能には珍しく舞踊性を加味した音楽劇的要素を多分に含む華やかさもある一曲。

【主催】 吉祥寺薪能実行委員会

【チケット販売・問合】 武蔵野市観光推進機構(9:00~18:00 水曜日定休)
             武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 TEL:0422-23-5900

吉祥寺美術館『モジ・もじ・文字』展

毎日必ず目にする「文字」

私達のまわりにはたくさんの文字が存在していますね。

そういう文字から私達は様々なイメージを受け取ったりするわけですよね。

今回の吉祥寺美術館の展示はこの「文字デザイン」に焦点をあてた展示で、

題して≪モジ・もじ・文字~文字による文字の愉しみ~≫です。

期間 2012年7月28日(土)~9月9日(日)

場所 武蔵野市立吉祥寺美術館/TEL 0422-22-0385/入館料100円

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
≪出展内容≫

・平野甲賀(ひらのこうが)氏 『描き文字99』
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
・鳥海 修(とりのうみおさむ)氏 『字游工房と嵯峨フォントプロジェクト』
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
・大原大次郎(おおはらだいじろう)氏 『もじゅうりょく』
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
≪関連イベント≫

・僕は描く、晴さんは歌う

9月7日(金) 18:30~19:15 
定員90名 要予約 無料(ただし美術館入館券が必要)
7月15日~電話受付中 0422-22-0385
出演:平野甲賀・斉藤晴彦(俳優)・平岩佐和子(ピアニスト)
内容:三人による雑談と愉快なエノケンソング

・嵯峨本 フォントプロジェクト トークショー
8月11日(土) 14:00~16:00
定員90名 要予約 無料
7月15日~電話受付中 0422-22-0385

講師:鳥海 修(とりのうみ おさむ)、永原 康史(ながはら やすひと)
内容:プロジェクトチームに文章を書いてもらい、それを「嵯峨本フォント」で組んで

    冊子を作ってくれます。

・もじゅうりょく屋台

8月11日(土) 15:00~18:00
吉祥寺美術館 音楽室 予約不要/時間内入場自由/美術館の入場券が必要
内容:さまざまな文字でおもてなしする小さな屋台

大変に有名な3名のデザイナーによる、個性溢れる文字デザインが展示されています。

暑い毎日、少し涼しい美術館で

じーっと目 ひと文字ひと文字を見てみませんか?


何かを伝えようという思いやその視覚伝達の手段として生み出された

文字デザインのことをお楽しみください。

武蔵野市オールロケ 映画『あんてるさんの花』前売り券発売開始!

吉祥寺を舞台にした映画『あんてるさんの花』6月16日公開!

バウスシアター、武蔵野市観光推進機構にて4月16日から前売り券発売!(1300円)

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 武蔵野市観光推進機構事務局のブログあんてるさんの花HPはこちら

安藤照夫(小木茂光さん)と妻の奈美子(田中美里さん)は
吉祥寺で居酒屋「あんてる」を営んでいる。

ある日「花が咲いた時に触れると、触った人だけが幻を見られる」という不思議な花があると言う話を聞く。

常連客(徳山秀典さん他)達に起こる不思議な体験を通して

「大切な人を大切にできているのか?」が描かれていきます。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

撮影はオール武蔵野市で行なわれ、舞台となる居酒屋「あんてる」は、実在するお店のタイ炭火酒場「ラコタ」(本町1)。

ハモニカ横丁、むさしのFM、武蔵野プレイス前の境南ふれあい広場公園、

ライブハウス・吉祥寺シルバーエレファント、など、おなじみの場所でロケが行われました。

日常の風景、生活感の中で繰り広げられる、少し現実離れした疑似体験はご覧になる人に「活力」を与えてくれることと思います。

監督は宝来忠昭さん。

プロデューサーは吉祥寺在住の松江勇武さん


公開は吉祥寺バウスシアターのみ!(みなさんの力で別な地域での公開もありかも!)

チケットをGETしてバウスへGO!!

事務局ではfacebookをはじめました!

あんてるさんの花情報も掲載しています。ブログ左上のバナーからお入りください!

劇団「東京タンバリン」が吉祥寺の街なかでお芝居をします

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

高井浩子氏の作・演出による作品を上演する、

という目的で1995年に設立された「東京タンバリン」

「東京」という大都市で、必死に生き続ける人間を描く

「東京地方」の演劇だそうです。

そんな「東京タンバリン」さんが

「吉祥寺お散歩」というお芝居をします。

芝居&散歩で吉祥寺を体験するスペシャル企画!!


≪日程≫

3月13日(火)~16日(金)

4月13日(金)~16日(月)

吉祥寺の街に劇の舞台となる4つのルートを展開し、

それぞれのルートによって内容が異なるという仕立てです。

あるときは歌いながら、はたまた踊りながら…、

観覧お申込みの方はお芝居一行と同行しますので、

お客様も巻き込まれる可能性は(-^□^-)

また同じルートでも、日によっては内容が変わっていくこともあるというから、

どんなサプライズがあるのか楽しみなお芝居ですね!モグラ

ルート1≪向かい風のポニーテール≫
東京タンバリン・ミタシズカちゃんが、吉祥寺・南町のナイススポットを紹介しながら演劇への熱い思いを語ります。

ルート2≪北枕をご一緒に≫
「会長」と呼ばれる老人の死に際に関わる二人の謎の女性。

老人は、人生最高の幕引きを願っていた。そして吉祥寺駅に集められる老人の友人たち。

ルート3≪おつかいもの≫
ある兄妹の「初めてのおつかい」今日の晩御飯のおかずを買いに行く兄妹。

はたして二人は

ルート4≪女子ペディア≫
「女の子の気持ちビミョウ・・・ 3人の女子が織りなす女子特有の行動や生態。

くっついたり離れたり。本当に女子の気持ちは複雑

【チケット予約】

開場は各ルート開演の30分前 
※全日、4ルートを開催します。*雨天決行 *各ルート定員10人
※上演時間は1時間~1時間30分程度を予定
※申し込みは1人、1日1ルートのみ。

<参加費>1ルート 500円(友の会割引なし)

●東京タンバリン:090-6475-9699/tanbarin@pop06.odn.ne.jp

●武蔵の文化事業団:0422-54-2011

●オンラインチケット:https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

メールでの予約は、タイトルに「お散歩チケット予約」記入の上、

氏名・日にち・ルート番号・枚数・返信用アドレスを明記。

※参加人数に限りがあります、お早めにご予約ください。

→詳細はこちら

吉祥寺美術館にて「筑波大学所蔵 石井コレクション」展示中です。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
筑波大学が所蔵する絵画コレクションの一部が、

武蔵野市吉祥寺美術館で展示されています。

テーマは、紙上の技法学

その名のとおり、紙に描かれた絵画作品51点が選ばれています。

紙は、私たちの生活に身近な素材です。デリケートですが、

バリエーションが豊かで様々な技法に、柔軟に適応します。
それゆえに、数多くの画家たちが様々な手法を用い、

豊かな表現世界を繰り広げています。

 女の子男の子男の子女の子女の子男の子女の子男の子女の子女の子

今回は、筑波大学の学生さんのギャラリートークもあります。

学生さんの説明を聞きながら、作品を見て回ると、

作品の見方も変わり、より一層深く鑑賞することができます。

         男の子男の子男の子女の子是非、ご来館ください。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ ◆日程   : 2月19日(日)まで

◆開館時間: 午前10時~午後7時30分

◆入館料  : 100円

◆場所   :コピス吉祥寺A館7階「武蔵野市立吉祥寺美術館」

筑波大学学生さんによるギャラリートーク

(無料)入館券のみ必要

1月29日(日) 午後2時~ 午後4時~

2月5日(日)、12日(日)、18日(土)、19日(日) 午後2時~

武蔵野市吉祥寺美術館

 武蔵野市吉祥寺本町1-8-16FFビル(コピス吉祥寺A館7階)

 ℡:0422-22-0386

 HP:http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

吉祥寺美術館 池田満寿夫展 開催中です

 吉祥寺美術館では、企画展示「池田満寿夫展」が開催されています


武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

銅版画制作を中心とした美術家としてだけでなく、

小説家、映画監督など多彩な顔を持つアーティスト「池田満寿夫」

1977年、小説「エーゲ海に捧ぐ」で芥川賞を受賞した時の

「池田満寿夫」をご存知の方が多いのでは。

当時、魅力的なヴァイオリニスト「佐藤陽子」さん

とのツーショットでも話題になりました。

おしゃれセンスのある、実にかっこい~い作品と出会えます。

吉祥寺美術館にて、池田満寿夫ワールドを是非ご堪能ください。     

◆日程     12月25日(日)まで

◆開館時間  午前10時~午後7時30分

◆入館料   ¥100(小学生以下・65歳以上・障害者は無料)

◆場所     武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル7階 (吉祥寺駅下車徒歩3分) 

池田満寿夫美術館所蔵 池田満寿夫展 組み合わされたイメージの中へ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
<吉祥寺美術館ワークショップのご案内>

木版画講座~年賀状を作ろう~

         日時:平成23年12月10日(土)・12月17日(土)13:00~16:00

         会場:吉祥寺美術館 音楽室

         講師:井上厚 氏 (木版画家)

         対象:2日とも参加できる方

         定員:15名

         費用:¥2000  

      ☆申込方法など詳細は「吉祥寺美術館」http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/ まで

           締切は11月29日(火)です。

        

前進座劇場~歌舞伎役者の粋と意気~

歌舞伎俳優 尾上松也氏を座頭とした歌舞伎公演が

吉祥寺・前進座劇場において開催されます。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

5歳での初舞台以後、多くの賞を受賞し、歌舞伎界やTVで活躍中の
尾上松也氏を座頭に新たな地平を目指す舞台となっている。

挑むvol3 ~歌舞伎役者の粋と意気~

『挑む』とは、

伝統を知る・尊ぶ・新たな地平を目指すをコンセプトに活動している。

今回で3回目の公演となる。

日 時:8月20日(土) 17:00開場 17:30開演
     8月21日(日) 11:30開場 12:00開演
              16:00開場 16:30開演

料 金:全席指定 ¥6300 (税込)
会 場:前進座劇場(吉祥寺)

【出演者】
尾上松也
澤村國矢/市川左字郎/尾上音一郎/尾上徳松/尾上松五郎/尾上隆松

【演 目】
一 『子宝三番叟』(こだからさんばそう)
二 『三社祭 』(さんじゃまつり)
三 『与話情浮名横櫛』 源氏店(よはなさけうきなのよこぐし げんじだな)

【チケット取扱】-----------------
キョードー横浜 045-671-9911(月~土10:00~18:00)
チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:412-236
ローソンチケット 0570-084-003 Lコード:38759
イープラス http://eplus.jp
前進座劇場 0422-49-0300(窓口販売のみ)

浅井裕介 ~根っこのカクレンボ @武蔵野プレイス~

連日たくさんの方で賑わう「武蔵野プレイス」では

開館記念イベントが多数開催されています。

今日は、その中のひとつ

プレイス・アート・プロジェクト ~根っこのカクレンボ~ 

をご紹介いたします。

アーティストは浅井裕介氏

身の回りの素材を奔放に使いこなし様々な表現展開をしています。

代表作として

マスキングテープにペンで植物画を描き増殖させ描いていく作品「マスキングプラント」や、
その土地の土を堀り、水で溶いて描く「泥絵」シリーズなどがあります。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

今回の作品は

プレイスの壁を利用してマスキングテープにペンで絵を描き

それを日々増殖させていくという、愉快なアートです。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ オープン初日はこんな感じでしたが…

武蔵野市観光推進機構事務局のブログさて!今はどこまで増殖しているのでしょうか~

日に日に増えていく植物は

プレイス館内のいろいろな場所に隠されています。

製作中の作家を見ることができる制作展示室もありますよ~。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

夏休みのお楽しみのひとつにいかがですか?

武蔵境には「武蔵境HOTほっとプロジェクト」

夏を乗り切る激辛メニューもバラエティー豊かに揃っています!

この夏、武蔵境エリア…イイかもっ!!!

------------------------------

◆ワークショップ

 根っこをさがす一日 ~館内探検と共同制作~

 8月7日(日)13:00~16:00/参加費無料

 対象:小学生(市内在住・在学を優先)、20 名(超えた場合抽選)
 申込方法:往復ハガキを郵送、もしくは返信ハガキを持参で

        直接武蔵野プレイスへ(学年・学校名を明記)
        e-place@musashino.or.jp  左記宛メールも可
 締   切:7 月22 日(金)必着 

 

 ※武蔵野プレイスへ直接持参も場合も7 月22 日まで。

◆ギャラリートーク

  アーティスト淺井裕介氏と

  Art Center Ongoing ディレクター小川希氏の トークショー
8月30日(火) 15:00~16:30/参加費無料  

 申込方法:当日先着30 名

◆公開制作

 7月9日(土)~17日(日)

 8月22日(月)~8月23日(火)

 ※制作日、場所、時間は制作状況によって異なります。ご了承ください。