カテゴリー別アーカイブ: まちの情報

本日よりムーバスで Suica/PASMO が使えます!

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

ムーバス(武蔵野市のコミュニティバス)をご利用の皆様、

朗報です。

本日、3月26日(月曜日)から、PASMO と Suica で、

ムーバスが乗車できるようになりました。

「あっ、小銭がないがま口財布・・・・あせる」と焦らなくてももう大丈夫。

いよいよ桜のシーズンを迎えます、

益々、便利になった、市のムーバスを是非ご利用ください。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

スイカsuica ICカードの利用法suicaスイカ

 乗車時に運賃箱上部の読み取り部にタッチ。

 ムーバス車内の運賃箱でチャージ可能。

 車内でのICカードは発売していないので注意。

 バス利用特典サービスは対象外。

ICカードの詳細は、こちらまで。

  関東バス武蔵野営業所   ℡0422-51-2191

  小田急バス武蔵境営業所  ℡0422-31-6191

井の頭かんさつ会「春の野草」~小さな姿に大きなパワー~

春の七草の一つ「芹(せり)」

茎から根を沢山出して、競り合って生えている姿から

この名前がついたそうです。

爽やかな香りとシャキッとした歯ざわりが春を呼び、個人的には大好物(食べるばかり(*^▽^*)

「原っぱ」には名前も知らないけれど、かわいい草花が生え、虫の住かにもなっています。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

今日は春らしいこの催しをご紹介いたしんます。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

日 時: 3月18日(日) 10:00~12:00
集 合: 午前9:45 

      京王帝都井の頭線・井の頭公園駅前広場(井の頭公園入口前)
主 催: 井の頭かんさつ会
後 援: 東京都西部公園緑地事務所
◆申込みはメールのみ受け付。

→詳細はこちら

◆参加申込期限:3月16日(金曜日)24時まで

「春の家庭菜園セミナー」が開催されます

武蔵野市には武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

「武蔵野農業ふれあい村」というNOP法人があります。

古民家と農地。昔の農風景をそのまま再現した「むさしの農業ふれあい公園」で

野菜を育てているのが「武蔵野農業ふれあい村」のみなさんです!!

失われゆく都会の住宅地に残る生産緑地の緑を守るために、
武蔵野市にある『農業ふれあい公園』を主な基盤として、
市民が楽しみながら農業に触れ、耕作し、学ぶことにより、

農・食への理解を深め「自然と人」「人と人」「人と地域」をつないで、
武蔵野の農風景を未来に伝えていく
ことを目的として活動をしています。

耕作を習う「農業塾」も開催し、「むさしの農業ふれあい村通信」も発行しています。

チューリップ黄今回は「春の家庭菜園セミナー」のお知らせチューリップオレンジ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
春が来れば、

種まき、苗植えと農業のスタートです!

是非ご参加ください!!

井の頭公園 2012 梅が咲いてます

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

午後から、待ち望んでいた春の暖かな陽射しが

窓にいっぱい差し込んできました。

武蔵野市午後2時現在、気温は15℃まで上がっています。

井の頭公園の梅も、一気に膨らみ、

次々に可憐な姿を見せてくれています。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
写真の様子は3月3日、ひなまつりの日の様子です。
梅梅の花は

その枝ぶりを愛でるのもよし、

  さらには、香りを楽しむのもよし

古くから、和歌にも多く読まれていますよね。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 「忍ぶ恋」の歌人 式子内親王のうた

色つぼむ 梅の木の間の夕月夜 はるのひかりを見せそむるかな

そして、恋の相手の定家のうた

大空は 梅のにほひにかすみつつ 曇りもはてぬ 春の夜の月

いや、相手は法然だったかしら。

ともあれ、井の頭公園の春の訪れをごゆっくりお楽しみください。

「独歩の森」~森を知り森を楽しもう~

音譜は~るの小川は さらさらいくよ~音譜
口ずさむだけでのどかな風景がよみがえってきますが、今日は雑木林をご紹介いたします。

JR中央線 武蔵境駅北口を出て玉川上水方向に直進、約10分ほど行ったところに

「境山野緑地」と言う雑木林があります。

通称「独歩の森」

この地域一帯は、雑木林を愛した明治の文豪国木田独歩小説『武蔵野』の舞台とした場所です。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 心の安らぎ、子ども達の遊び場…

木や草がたくさんある雑木林の中には、たくさんの生き物がいます。

境山野緑地はわずか1ヘクタールの空間に約400種の野生植物が確認されているそうです。

少しですが、緑地の生物をご紹介しますね!

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
写真は7月に撮影した「ハラビロカマキリ」の幼虫です。
秋には羽の生えた成虫になります。
晩秋に卵を産み冬越しした卵が翌春に孵化します。
境山野緑地では地上1~2mのところに卵が生み付けられます。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
こちらは「ネキトンボ」

6月下旬に成虫になり始めはオレンジ色だった体色が、
成熟すると鮮やかな赤になるものが多いです。
11月ごろまで生きる長生きです。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 8~10月に咲く細く長い花「ミズヒキ」
上から見ると赤、下から見ると白に見えることから
紅白の水引を連想するために「ミズヒキ」の名称がついたそうです。

お祝いごとに使われる水引由来の植物がある事を始めて知りましたキラキラ
この葉を食べるコガネムシの仲間も見ることができるそうですサーチ

雑木林は、人間の手で適度な手入れ(定期的な伐採)をしてこそ、

林の中に太陽の光が多く入り、木も地面すれすれに生える植物も生きていけるのだそうです。

笹などが生い茂ればカブトムシやクワガタムシは産卵もできなくなり、

成虫も樹液を求めて飛ぶこともできなくなるとか…。

コナラやクヌギといった木を中心とする武蔵野本来の雑木林は、

今では武蔵野市からほとんど姿を消してしまいました。

武蔵野市公認ボランティア団体「武蔵野の森を育てる会」の皆さんが、

武蔵野市緑化環境センターとの協働で、独歩の森を含む境山野緑地全体の

保全活動を行ない、学習の場も提供して下さっています。

今回、雑木林を楽しみたい方にオススメの講演会、「森を知り森を楽しもう」が開催されます

日 時:3月11日(日) 13:30~15:30(13時開場)

場 所:武蔵野プレイス 4階フォーラム

申込み:武蔵野の森を育てる会

     TEL 0422-54-8892

     FAX info.mnomori@gmail.com  (住所、氏名、電話番号を明記)

※定員50名 申込み順、事前申込み必要

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

三鷹駅北口~「堀合遊歩道」

今日ご紹介するのは三鷹駅北口から玉川上水に伸びる「堀合遊歩道」です。

そのまま北進すると「グリーンパーク遊歩道」へとつながり、武蔵野中央公園まで続いています。

かつてJR中央線の三鷹駅からグリーンパーク球場(旧国鉄武蔵野競技場) へ一本の鉄道が走っていました。

その廃線跡がこれらの遊歩道となって残されています。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

堀合遊歩道とグリーンパーク遊歩道を結ぶ「ぎんなん橋」

左右に玉川上水の雑木林が連なっています。

この橋の上で少し玉川上水を観ていると…

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 最初に出会ったのはヒヨドリ。

ほっぺたに少し茶色が入り、くりんとした目が愛くるしいですね。

良く見かける鳥ですが、案外と用心深くてすぐに逃げてしまいます。

この時は、何かを見つめ

「じ~~っ」と木の枝の込み合ったところに留まっていました。

何か気になる様子…やっぱり、気になる?

メジロもやって来ましたが、そそくさと枝の向こうに隠れて見えなくなり、

シャッターチャンスは訪れずに終わりました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 次に玉川上水を上ってきたのがカモ達。

くちばしの先が黄色いので、かるがも…かも?

冬でも元気一杯なカモ達です。

「カワセミも良く飛んでくるよ」と通りすがりの方のお話でしたが、

残念この日は出会えず…。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 武蔵野市は吉祥寺・三鷹・武蔵境の3駅に広がっていますが、

それらの駅から少し入ると、木々の緑や草花が美しく、小鳥も遊ぶ静かな自然が残っています。

春が近づいています、お好きな散歩コースを選んで、

ちょっと顔をあげてゆっくり歩いてみませんか?

意識しているとたくさんの鳥やお花を見ることができますよ。

井の頭池 かいぼりシンポジウム

「かいぼり」という言葉をご存知ですか?

池や沼の水をくみ出して干すことを言うそうです。

かつては農作業が終わる冬に、ため池から水を抜き、

1ヶ月ほど干して土砂を抜いたり、堤防や水路の点検を

行なっていたそうです。


2017年に開園100周年を迎えるにあたり、

準備を進めている「井の頭恩賜公園100年実行委員会」の主催で、

「よみがえれ!!井の頭池! かいぼりシンポジウム」が開催されます。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
カエル日 時:2月18日(土) 14:00~16:00(1:30開場)

カメ場 所:井の頭自然文化園本園 資料館2階

とかげ申込み:先着100名(受付順) 参加費無料

井の頭池は、1950年代後半までは、水中の藻が揺れる様子が

見えるほど澄んでいたそうですが、今は水の色も緑色…

2006年からは市民団体・研究機関・公園事務所が

水質浄化や外来生物の駆除などを行い池の改善をめざすために

「よみがえれ!井の頭!!」の取り組みをしています。

ところで、

はてなマーク井の頭池で一番数が多い魚は何だと思われますか?

答えは

ビックリマーク外来種の「ブルーギル」だそうです。

 昔はモツゴ↓が多かったとのこと。

(井の頭恩賜公園100年カウントダウン新聞「いのきちさん」より)

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

今回の「かいぼりシンポジウム」はパネリストによる座談会です。

参加者皆様の質問や意見交換会も開かれます。是非ご参加してみてください。

≪パネリスト≫

◆石見徳雄氏 明星大学理工学部 総合理工学科准教授

◆飛島雄史氏 環境省自然環境局 皇居外苑管理事務所次長

◆林 紀男氏  千葉県立中央博物館 生態学研究科 上席研究員

◆秋間英雄氏 埼玉県大宮公園事務所所長

≪問合せ先≫

東京都西部公園緑地事務所工事課 TEL:0422-47-0192

※参加申込み書は武蔵野市観光推進機構でも配布中

「武蔵野市 吉祥寺 喫茶店のナポリタン」

「週刊SPA!」に不定期掲載中の人気漫画

『孤独のグルメ』(原作・久住昌之、作画・谷口ジロー)が

ドラマ化されテレビ東京で放送中ですが、

来週2/15日(水)は吉祥寺の喫茶店が登場します!

原作は淡々と美味しい物を美味しそうに食べるところを描く、

誰もが毎日経験する「食をテーマ」にした漫画です。

番組を見たあとに、実際にその店に食べに行ったりする方も大勢いらっしゃるとか。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 主人公の井之頭五郎は、輸入雑貨商、40代半ば、独身。
ダンディな雰囲気で、そこそこ羽振りも良く、

自由を求めていて、こだわっているのが食事

でも高級な食べものではなく、よくある街角の焼き肉屋とか定食屋なんかで…

美味しいものを探して食事をする。

このとき彼は最高の幸せを感じる。

誰にも邪魔をされないで、淡々と美味しい物を美味しそうに食べるところを描く。

ご飯を食べて「このおしんこは正解だった」などと独り言を言う

五郎役の松重豊さんの食べるシーンが楽しみです。

事務局では、撮影支援を行いましたので、撮影風景を少しご紹介します。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 場所は吉祥寺通り沿いのレストラン

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ この日は雨が降っていましたが、外でも作業が進められていました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ お店の中もスタッフで一杯、機材もたくさんです。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

漫画では実在のお店をモデルにしていますが、物語はフィクション。
ドラマでは原作に登場するお店ではなく、新たなお店をスタッフが探し出し、

原作のイメージを尊重して、新たに書かれたストーリーで映像化されています。

そのために、スタッフは実際に街を走り回ってお店探しに苦労しているとのこと。
スタッフが何か惹かれるお店を見つけ、実際に食べに入ってみるを繰り返しているそうです。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
五郎役の松重豊さんの食べるシーンが念入りに撮影されました。

松重さんほんとうに美味しそうに食べられます。

夕食を何にするかってひとり悩むことってありますよね!?
入ったことのない飲食店に入る時には勇気も必要だったり、

店の佇まいなんかを見て決めたりしますよね。

イイ店を見つけた時の喜び、早く人に教えたい、でも教えたくない…的な心情。

このドラマ、深夜に見てお腹が空いて、ちょっと何か食べたくなりますよ!

※テレビ東京 毎週水曜 深夜0時43分放送

  『孤独のグルメ』HPはこちら http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/

井の頭自然文化園で梅が咲き始めました

連日の凍てつく寒さに身体を硬くする毎日ですが、

暦の上では今日は立春、冬と春が分かれる日とされています。

二十四節気、七十二候の第一候のはじまりです。

「東風解凍 (はるかぜ こおりをとく)」
春の兆しとなる暖かい風が東方から吹きはじめ、厚く張りつめた氷を

少しずつ融かしていくと言うことだそうです。

そんな中、

梅井の頭自然文化園の梅が咲き始めた梅

との情報を寄せていただきました!
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

例年では既に咲いている梅ですが、今年はこの寒さで

ちょっぴり遅くなっていましたが、いよいよ咲き始めたようです。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

ぷっくりと膨らんだ蕾がたくさん見えますね。

「梅東風」などと言う季語もあります。

はやく「はるかぜ」を感じたいものです。

ところで!

上の梅林の写真の右手をよ~~くご覧ください目

写っている鳥はツルなんですよ。

井の頭自然文化園の中には「和鳥舎」という

日本の野鳥ばかり集めたエリアや「大放飼場」があり、

ツルやシカなどが放し飼いになっていまするん

図鑑でしか観たことのない鳥も見ることができます。
是非お出かけしてみてください。

→詳細はこちら

---------------------------------------------

●開園時間
9時30分~17時(入園券の発売は16時まで)

●入園料
大人400円、中学生150円、65歳以上200円、

20人以上の団体 大人320円、中学生120円、65歳以上160円
※小学生以下、都内在住在学の中学生は無料

●休園日
毎週月曜日(祝日や都民の日に当たるときは翌日)

●無料公開日
みどりの日(5月4日)/開園記念日(5月17日)/都民の日(10月1日)

武蔵野八幡宮「節分祭追儺式」

今日は季節を分けるとされる「節分」ですが、日本全国大変な寒さですね。

吉祥寺北口にある武蔵野八幡宮にて節分追儺式が執り行われています。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
同祭は70年以上前から続いている行事で、1年の厄払いをして、無病息災を願います。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=KHs52qg75nW:bhbX:Ni:bd:z/yd/Fn41tJJTf7/xmLdkdZPPggKJUd:Dx_I:x_:NR:XY.ibYJoRJLIVhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray

境内ではむさしの囃子の演奏も行なわれています。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

本日はこの後15:00~も豆まきが行なわれ、見学者には節分の豆が配られます。

むさしのFMの生中継も入りますカラオケパーソナリティは堀内☆元気(ゲンキ)です!
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
一年の厄除けを願い、自分の年の一つ多くの豆を食べましょう(´0ノ`*)

明日の立春にはすこ~し寒さも和らぐとのことですが、

この先は「三寒四温」に注意が必要ですね。