カテゴリー別アーカイブ: ブログ

いいさかい第2号

事務局のFです。

お気づきでしょうか?トップの写真を変えてみました。武蔵野市内を走るJR中央線の吉祥寺駅、三鷹駅、武蔵境駅でそれぞれイルミネーションを行っていますが、どこのイルミネーションでしょうか?

はい。タイトルで前フリしていますので、もうお分かりですね。正解は武蔵境です。この写真だけで分かったら、逆にある意味尊敬に値しますが。

そして、本題ですが、武蔵境活性化委員会さんが今年の夏に創刊したフリーペーパー『iisakai(いいさかい)』。創刊号も好評でしたが、このたび最新号が発刊されました。創刊号が0号なので、今回は第1号。2つめなのに第1号というのも複雑ですが、そこはそれ。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵境のまちの特色はいろいろありますが、亜細亜大学さん、国際基督教大学さんなど大学が多いというのが大きな特色の1つ。そしてこの『iisakai』は武蔵境活性化委員会さんが発行元ですが、取材、編集は大学生5人が行ったそうです。

自称イクメンのワタクシとしては、今回の特集「さかいの子育て白書」も気になりますが、一番は「さかいの手土産」です。武蔵境で洋菓子というと、実はウルソンさんとパリジェンヌさんの2択なんです。どちらも地元の方に愛されているお店という感じがしますよね。パリジェンヌさんは創業42年ですか。ウルソンさんも新しいお店というイメージでしたが、もう創業12年にもなるんですね。おみそれしました。今度行くときには、今まで以上の敬意を持って伺います。

また、ムーバス路線沿いのお店の紹介も甘くみてました。実は『iisakai』で初めて知ったお店がありました。まだまだ、まち歩きが足りませんね。反省します。

わたしも『iisakai』を持って武蔵境をぶらぶらしてきます。何せ『iisakai』を持っていけば、「さかいの手土産」特集に載っているお店で読者プレゼントがもらえますから。ちょっとお得感があります。

『iisakai』は武蔵境の飲食店、商店、公的施設などの他、武蔵野市観光推進機構でもお配りしています。ぜひご覧ください。

http://musasisakai.jp/project/iisakaii/detail.html

吉祥寺浪漫飛行~vol.4 ルージュの伝言

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
昭和48年 元町通り 

鈴木育男氏 写真集『吉祥寺と周辺寸描』より 背面に東急デパートが建設中

昭和40年代後半、高校生になった私は、再開発中の元町通りを抜けて、

新規オープンして間もない吉祥寺伊勢丹によく出かけました。

今日は、30数年前への飛行(タイムスリップ)です。飛行機

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

昭和48年 元町通り

鈴木育男氏 写真集『吉祥寺と周辺寸描』より


当時の若者は、誰もがベルボトムのジーンズで、速足で元町通り界隈を

闊歩していました。走る人時代はオイルショックで騒がしかったのですが、

若者たちの歩行スピードと開発中の工事現場の騒音が重なって、

「何か新しいことが始まるんだ」という眩しい期待感と高揚感が街中に

溢れていたように思います。


昭和48年にアルバムデビューした松任谷由美(当時は荒井由美)の初期の

傑作に、『ルージュの伝言』がありますが、この曲の軽快なメロディーを

耳にする度に、当時の街中の躍動感が思い出されます。ヘッドフォン口紅


その伊勢丹もいまはコピスに生まれ変わりました。

街は落ち着いたたたずまいを取り戻し、ゆっくりと歩く若者たちの姿が

時代の成熟を静かに告げています。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
昭和48年(1973年)のヒット曲:音譜音譜

 夜空

 喝采

 五番街のマリーへ

 私の彼は左きき

 神田川

 心の旅

 てんとう虫のサンバ

昭和48年(1973年)のできごと:時計時計

 第一次オイルショック

 江崎玲於奈氏ノーベル物理学賞受賞

 金大中誘拐事件

 ハイセイコーブーム

 武蔵野市 学校給食北町共同調理場開設

 武蔵野市 グリーンパークが日本に返還される

いざ、自衛消防訓練開始!

本日、武蔵野商工会館にて一斉に消防訓練が実施されました。

各階から集まった方々が40名程、東京消防庁の方のお話を

熱心に聴いていらっしゃいました。


まずは、消火器取り扱い方の説明のあと、実施訓練です。
安全ピンを抜いて、ホースをはずし、レバーを握る・・・

簡単なことですが、実際に炎メラメラメラメラを目の前にすると

慌ててしまいそうです。

でも、今回はなんなくクリアできましたチョキ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ



















次は、人命救助、AEDの操作です。

音声での説明があるので、「だいじょうぶ~安心ハート」と思いましたが、

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

実際に操作するとなると、ちょっと焦りますねあせる

  「 落ち着いて、落ち着いて・・・」
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

火事にしても、救急にしても、

まずは、慌てないこと。

そして、周りの人に声がけをして確かな協力を求めること。

ちょっぴりの勇気が必要であることも学んだ一日でした。

東京消防庁の方、ご指導を有難うございましたビックリマーク

事務局もクリスマスの装いです

12月を前に吉祥寺の街はクリスマスの装飾が

あちらこちらで見られ華やいでいます。

昨日は『みちまちみどり』の編集者であり、お花の先生でもあるSさんが、

事務局にクリスマスツリーをプレゼントしてくださいましたクリスマスツリー

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

生のコニファーとシックなオーナメントで仕立てられた、

とても綺麗で落ち着きのあるツリーです。

事務局内でSさんがアレンジメントのデモをしながら作ってくださいました。

外からの表情と事務局内の表情が違う仕立てになっています。

さらには「みちまちみどり」からのプレゼントとして、

「みちまちみどりを見ました」と観光推進機構を訪ねてくださった方に、

もれなく「オリジナル・ナチュラルグリーティングカード」をプレゼントチョコ

どうぞお気軽にお立寄りください。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
昨日はSさんと共に吉祥寺の住宅街を歩きながら、

まちの何気ない風景の中に季節の装いを沢山見つけましたラブラブ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ はなみずき
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ くちなしの実
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 姫シャラの実

そんな時は、ささやかな喜びを感じる瞬間です。

「ほわっ」と気持ちが暖かくなりますね。

月刊コミックゼノン第2号

事務局のFです。

寒いです。もともと寒がりだということもありますが、それにしても寒いです。こうなるとむさしのFMのミキサーS君ではありませんが、引きこもりたくなってきます。

さて、今日はわがオフィスのご近所さんでもあるコアミックスさんが編集している月刊コミックゼノンの話です。

昨日、第2号が発売されましたので、ブックスルーエさんで早速買ってきました。前号は赤いパンツがオマケについていましたが、今回は北条司先生の30周年記念特製画集ですね。これは家に持って帰ってじっくりと楽しみたいですな。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

…で、気になる本編を読んでみると、困りますね。いや何が困るって、ブログのテーマというかタグというかなんですが、マンガ雑誌なんですが、結構吉祥寺ネタが入っているんですよ。「キャッツ愛」に井の頭公園がでてきたり、「コンシェルジュ プラチナム」で吉祥寺を紹介していただいたり…。マンガなんですが、まちの情報でもある。えぇ。考えるのも面倒なので、テーマは「ブログ」にしてみました。

マンガも充分読み応えがありますよ。ワタクシはエンジェルハート、コンシェルジュプラチナム、DD北斗の拳といった辺りが好きです。こうなってくると辛いですね。早く次が読みたくなりますが、クォリティのためには月刊ペースとのこと。読者もジレンマです。

さらに吉祥寺ネタで気になる情報がもう一つありました。

今年10月に行われた吉祥寺アニメワンダーランド2010の連動イベントとして、吉祥寺シアターでエンジェルハートのイベント舞台が1日限りで開催されたんですが、そのDVDが次号のオマケにつくそうです。実はワタクシ、当日チケットが手に入らず観れなかったので、これは嬉しいですね。普通にDVDだけ売っていただいても買いですね。

次号の1月号も楽しみです。

【公式ホームページ】

http://www.comic-zenon.jp/

吉祥寺浪漫飛行~vol.3 雑踏の中のワンダーランド

高架化されたプラットホームと新装オープンしたアトレ。

吉祥寺駅は今でこそ都下有数のターミナル駅ですが、

昭和40年初頭までは、鈴木さんの貴重な写真が伝えるように、

線路が地べたを走るごく普通のローカル駅でした。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
昭和39年6月 吉祥寺駅北口改札ホーム

鈴木育男氏 写真集「吉祥寺と周辺寸描」より

吉祥寺駅高架化工事が始まったとき、私はまだ小学生でした。

今回も四十数年前への飛行(タイムスリップ)となります。

駅の高架化と駅舎改装というのは、ずいぶん時間がかかるものですね。

工事のスタートが昭和40年(1965年)で、現駅舎の使用開始は、

昭和44年(1969年)だそうです。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
昭和40年 国鉄中央線高架工事始まる。右側は平和通り商店街裏手

鈴木育男氏 写真集「吉祥寺と周辺寸描」より

当時は小学生でしたから、吉祥寺駅に行くのは多くても月に数回程度、

行く度にプラットホームへの進路が変わっていた(つまり動線の変更)ことは

よく覚えています。壁面のベニヤ板に貼られた、進行を示す大きな矢印が

印象的でした。

小柄な少女が、壁を見上げながら矢印に導かれて進んでいく。

でもいつも進路は変わってるので、迷ってしまう。

雑踏の中のアリスのワンダーランド(不思議の国)でした。ウサギ女の子ウサギ

床面ももちろんベニヤ板でしたから、通行客の靴音の騒がしかったこと。

でも、それは今から思えば、新しい時代の扉が開かれていく槌音だったのかも知れません。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

昭和40年(1965年)のヒット曲:音譜音譜

  柔

 函館の女

 君といつまでも

 知りたくないの

 さよならはダンスの後に

昭和40年(1965年)のできごと:時計時計

 米、北ベトナム爆撃開始

 朝永振一郎氏ノーベル物理学賞受賞

 エレキギターブーム

 国鉄中央線 荻窪~三鷹間の高架複々線化に着手

フォトコンテスト作品展示

ニコニコプンプンかおショック!

只今、事務局のウィンドウは、「子供たちの笑顔」の写真でいっぱいです。

「子育ては楽し」フォトコンテストの受賞作品が展示されています。

親子のふれあいを深め、子育ての楽しさを体感できるキャンペーンの一環として、

この夏応募された作品です。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

子供たちの様々な表情や親子のふれ合いなど、思わず笑みを浮かべたくなるような

作品ばかりです。

北風が吹く中、思わず心がホッコリする写真をご覧ください。

【展示期間】11月27日(金)まで

【問合せ先】武蔵野市子ども家庭部子ども家庭課 

入賞・入選作品をデザインしたカレンダーを無料配布しています。

ご希望の方は事務局までお立ち寄りください。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

ここはどこでしょう?

事務局のFです。

午前中は寒い中、震えながら全国農業高校収穫祭へ行きましたが、昼過ぎからは所用で武蔵野市内の桜堤方面へ。気温も上がってきたので自転車でお出かけです。

さて、ここで登場する2枚の写真。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

ちなみにこの2枚は、オフィスから桜堤へと向かう途中で撮影したんです。つまり2枚とも武蔵野市内なんですよ。どこで撮影したか分かりますか?

こうやって撮ってみると、なんだか武蔵野市内には見えない感じですよね。面積はたった10平方km位しかない武蔵野市ですが、自転車や徒歩で市内を移動すると、住宅街としての顔だけでなく、また違った一面が見えてきたりするのがおもしろいですね。またこんなスポットの写真が撮れたら、またアップします。

ちなみに正解は…

どちらも境4丁目と関前5丁目の間です。分かりました?

吉祥寺浪漫飛行~vol.2初めてのおつかい

昭和30年代後半、小学校低学年だった私の初めてのおつかいは、

平和通りの山本鶏卵店でした。四十数年前への浪漫飛行(タイムスリップ)です。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
昭和60年8月 山本鶏卵店 

『吉祥寺と周辺寸描』鈴木育男氏より

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
昭和36年6月 平和通り

『吉祥寺と周辺寸描』鈴木育男氏より


当時の平和通りは、鈴木さんの写真のようにアーケードのある商店街で、
山本鶏卵店はその一角にありました。
アーケードの屋根のために昼間はどちらかと言えば、暗い商店街の中で、

山本さんのお店は、ほんのりと明るく輝いているように見えました。

おがくずを集めた砂場のような台の上に、白く輝く可愛い卵たちが、

お行儀よく並んでいたせいかも知れません。

卵を10個注文すると、お店の方が10個選んで、それはそれは丁寧に新聞紙で

作った紙袋に入れてくれました。

さらに、その紙袋をゆっくりと新聞紙にくるんでくれました。


私は、その新聞包みを受け取ったとき、ものを大切に扱う気持ちも受け取ったような

気がしました。

今ではその卵たちも、紙やプラスチックで規格化されたパックに閉じ込められていますが、

私たちは、ものを大切にする心も同じように閉じ込めてしまったような気がしてなりません。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
昭和36年(1961年)のヒット曲:音譜音譜

 君恋し

 銀座の恋の物語

 王将

 上を向いて歩こう

 コーヒールンバ

 北帰行

 

昭和36年(1961年)のできごと:時計時計

  池田内閣の所得倍増計画スタート

  米大統領にJ・F・ケネディ就任

  ソ連が有人衛星(ガガーリン少佐)で初の世界一周に成功

  国鉄中央線の東京‐高尾間の急行電車を「快速電車」と改称

  武蔵境駅南口開設

さかいHOTほっとプロジェクトのお煎餅

事務局のFです。

今日もいいお天気。絶好の散策日和でございます。

ところで、本日。武蔵境駅の南北自由通路の仮通路がめでたく開通しました。今まで南口と北口の行き来が不便でしたが、これで遠回りしなくてすみます。何か着実にまち全体が良い方向に、前進している感じがします。

しかも開通したのが、イルミネーション点灯の初日です。北口と南口のイルミネーションを楽しむのにピッタリじゃないですか。今晩の点灯式が楽しみですね。

…で、先ほど自由通路を早速見に行ったのですが、南側の出口の場所が、ちょうどイルミネーション点灯式のイベント会場「境南ふれあい公園」のところなんです。みなさんイベント準備で忙しそうなところでしたが、武蔵境活性化委員会さんのブースもあったので、早速ご挨拶に…。

ブースで委員会の会長にこれをいただきました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

さかいHOTほっとプロジェクトの激辛一味煎餅です。早速いただいてみると…

うまーい!

確かに辛いんですが、これはクセになります。あっさり完食です。会長に追加で3枚もいただいちゃいました。ありがとうございます。

ただ、これでは終わらないのが、このプロジェクトの恐ろしさ。「うまい」と言ったワタクシの感想を聞いた委員会メンバーの方が「じゃあ、次のステップはこれだから」と出してきたのが、これ。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

F     「あの。これ唐辛子ですけど?」

メンバー 「次はそれの丸かじりね」

F     「激辛唐辛子って書いてありますけど?」

メンバー 「うん。そう。」

けどまぁ、とりあえずかじってみます。

ゴメンナサイ。無理です。3口であえなくギブアップしました。

会長   「それ食ったの?無理無理。私それでひどい目にあったんだよ。顔が腫れ上がっちゃって。」

会長。先に言ってください。煎餅は飲み物なしでもいけましたが、早く水がほしいです。

料理にも使えますが、これはもう罰ゲームにも使えますね。

唐辛子は今日のイルミネーション点灯イベントでも売っています。「八つ房唐辛子」「鷹の爪」「激辛唐辛子」「韓国唐辛子」の4種類ありますので、お料理と罰ゲームのレベルにあわせてお買い求めください。

ちなみに唐辛子のほか、一味煎餅、旨辛ソースなどの関連商品も販売中です。

【イルミネーション点灯式】

本日12時からイベント開始。

場所:境南ふれあい公園(武蔵野市境南町2-3)

※イルミネーション点灯は午後5時頃からです。

【激辛一味煎餅】←オススメです。

1枚50円。

武蔵境のすきっぷ通り「お茶の下田園」さんで販売中。本日のイルミネーション点灯イベントでも購入できます。

http://musasisakai.jp/project/hot/shop/018/index.html