むー観 のすべての投稿

井の頭池に在来魚が増えている!

2014年1月~2月に井の頭公園の井の頭池は”かいぼり”を行いました。

「井の頭かんさつ会」や公募で集まった「かいぼり隊」の方々により、多くの外来生物が駆除されました。

その後、在来生物は回復しているのか?

外来生物は増えていないか?

井の頭池2

「井の頭かんさつ会」の皆さんは、池のかいぼり後も定点観察を継続しています。

井の頭池1

予想以上に増えているのはザリガニで5月~6月の一か月に捕獲された数は、なんと!2000匹以上だそうです(*o *)

在来魚のモツゴやナマズは増えている事が確認され、池の生物の状況は大きく変わっている事が報告されました。

この観察については「いのきちさん17号」(2014年7・8月号)で紹介されていますので、是非ご覧ください。

いのきちさん17号

※いのきちさんはむー観事務局で配布中です。

 

季節の移ろいを感じる

何気なく生活している風景の中に『二十四節気』を感じることができることにお気付きですか(^^)?

この花が咲いたら、こう…とかね。

意識して節気を思うと、

まぁそれが!!

植物や虫、風や雲、などが時期を告げるように訪れるので、感心したり喜んだり、秘かな楽しみですwww

今日は身近で季節の移ろいを感じた幾つかのシーンをご紹介しますね。

この節気は先週になりますが、

夏至 末候 『半夏生(はんげしょうず)』
半夏(からすびじゃく)が生える頃で、半夏生の名をもつ草の葉が白く染まる頃。日本の夏至は梅雨のさ中で、一年で一番昼が長く、夜が短くなる頃。

IMG_0708

葉の半分が白、半分が緑という印象的な姿の半夏生。

緑と白のコントラストが涼し気で、夏の一時を告げる植物です。

葉が白くなるのは虫を呼び寄せるためだそうで、花期がすぎると緑一色に戻ります。

大祓

六月の末日(晦日)には、各地の神社で、罪や厄災を祓う「夏越の祓」が行われ、茅草でつくった輪をくぐる「茅の輪くぐり」が行われます。

今日、七夕の日からの節季は、

小暑 初候 『温風至(あつかぜいたる)』
梅雨が明け、暑さが本格的になる頃。
梅雨の雲間からの陽がだんだんと強くなり、吹く風も夏の熱を帯びたものになります。

井の頭線ガード下の神田川1

小暑 次候 『蓮始開(はすはじめてひらく)』
蓮が花を咲かせる頃。 水底から真っ直ぐに茎を伸ばし、水面に葉を浮かべ、綺麗な花を咲かせる蓮ですが、花が開いてから四日目には散ってしまいます。

蓮

ねっ、こんなふうに月や太陽、季節や自然をちょっぴり意識して生活するのも楽しいですよ(^^)

 

 

 

むー観主催『まち歩き』の様子が紹介されました。

 

毎月1回、テーマを変えておこなっている『まち歩き』が、

季刊「むさしの・夏号」で紹介されました。

季刊むさしの夏

渋谷花織さんのイラストで、コースも景色も人物も、リアルに描かれています。

だだ…むー観の局長・武藤だけは…若過ぎ(^^;…イケメン過ぎ(^^;

と強く思っている事務局ですwww

と、本題に戻り。

今回紹介していただいたコースは水にまつわるコースを歩く

『街道とみず道』のコースです。

まち歩きの様子が詳しく、わかりやすく描かれていますので、皆様ご覧くださいね!

むさしのスタイル1 むさしのスタイル2

むー観主催、 ガイドがご案内する「まち歩き」は毎月1回開催。

井の頭公園を歩いたり、吉祥寺の街を歩いたりしています。

ただ今、新コースも検討中。

是非、ご参加ください!お待ちしております。

ガイドの愉快な話は一聴もの~!v(^^v

 

 

 

「夏野菜収穫まつり」募集のお知らせ

武蔵境活性化委員会では、とうがらしを育てたり、夏野菜を収穫したりなど「農体験」の企画を行っています。

夏野菜収穫

昨日(6月29)は「みんなで育てる唐辛子」が予定されていましたが、強い雨のため中止になりました。

ですので!
来週7月6日(日)に開催予定の「夏野菜収穫体験」と同時に「みんなで育てる唐辛子」が行われます。
収穫
収穫2
↑過去の収穫祭の様子です。

【夏野菜収穫まつり】※参加者募集中

■開催日 7月6日(日) 

■時   間 10:00~12:00

■会   場 高橋農園(武蔵野市境2-10-18)

■参加費 大人500円 子ども300円(保険料込)

■申込み 「みんなで育てる唐辛子」係(info@musasisakai.jp)まで以下を明記の上、FAXかメールでご連絡をお願いいたします。

FAX /0422-31-8825

メール /info@musasisakai.jp

武蔵境活性化委員会HP 

 

いのけん『フィールドワーク講座』受講者募集が始まります

みんなの憩いの場所、みんなの大好きな井の頭公園。

御殿山 ←緑に溢れた御殿山

井の頭池 ←池の人気者

そんな井の頭公園の2017年5月1日の開園100周年を記念して

2012年から「井の頭公園検定(通称いのけん)」が行われています。

検定にチャレンジすることで、井の頭公園を深く知り、魅力を再確認できますよ!

今年の検定対策講座では、座学だけではなく井の頭公園や井の頭自然文化園を歩きながら学べるフィールドワーク講座が行われます。

是非!公園奥深い魅力に触れてください。I井の頭自然文化園 ←自然文化園の大放飼場

≪いのけんフィールドワーク講座≫

いのけん

1) 2014年8月3日(日) 9:30~11:30

井の頭自然文化園編

講師:馬島 洋(井の頭自然文化園 動物解説員)

2)2014年8月10日(日) 9:30~11:30

井の頭恩師公園の歴史と文化編

講師:安田 知代(井の頭公園*まるごとガイドブック著者)

3)2014年8月17日(日) 9:30~11:30

井の頭恩師公園の自然と環境編

講師:田中 利秋(井の頭かんさつ会代表)

※各回の受付開始時間は9:00~

——————————————————————————

・受講料 各回500円

・対 象  小学生以上(小学生は保護者同伴)

・定 員  各回20名(先着順)

・申込方法 電話またはFAXにて、住所、氏名、電話番号、年齢

・申込期間 2014年7月2日(水)~7月21日(月)

※定員になり次第終了

・申込・問合せ NPO法人みたか観光協会(9:00~18:00 火定休)

電話 0422-40-5525/FAX 0422-40-5526

申込書はむー観事務局でも配布しています!お気軽にお立ち寄りください(^^v

いのけん公式HP

 

いのけん-フィールド

いのけん-フィールドいのけん-フィールド

 

 『大根栽培体験家族募集』のお知らせ

武蔵野市の秋と言えば「Musashino ごちそうフェスタ」

このイベントは、武蔵野商工会議所が主催で行う市内最大の食のイベントです。

2014年は11月23日(日・祝)に物産・逸品市が行われ、武蔵野市の逸品や地産・地消の取り組みなどが紹介されます。

この逸品市のイベントの一つに食育をテーマにした「大根栽培体験」があり、ただ今、この大根体験栽培に参加可能な市内在住の小学生ファミリーを募集しています!!(参加無料)

大根栽培体験

1. 大根の種まき

2.おろ抜き

3. 収穫

4. 物産・逸品市当日の大根販売

この4つを全て体験します。

≪日程≫
1. 種   ま  き    8月30日(土)
2. おろ抜き       9月20日(土)
3. 収    穫   11月15日(土)

※いずれも15時に市内協力農家の畑に集合。
※荒天時は、予告なく日程変更となる場合があります。

4.販   売     11月23日(日・祝)/午前10時

東急百貨店吉祥寺店 北側広場に集合

■申込み締切り 7月18日(金)午後5時まで。先着20組。
■お問い合わせ 武蔵野商工会議所 ごちそうフェスタ大根栽培担当
電話0422-22-3631(代)
http://www.musashino-cci.or.jp/