むー観 のすべての投稿

今年の終わりに嬉しいプレゼントをGETしましよう!

吉祥寺 ダイヤ街「Christmas Fair 2015」

ダイヤ街でお買物をして応募すると、抽選で豪華用品が当たる他、
抽選に応募するだけで、被災地に義援金が届けられます。
(今年度の寄贈予定は東日本大震災ふくしまこども基金です)

ダイヤ街

A. ヘルシーコース フットマッサージャー 10名
B. ビューティーコース 頭皮エステ 20名
C. ゴージャスコース ゴディバグランプラス 40名
さらに! ダイヤ街お買物券 200名
応募方法 期間中にクリスマスフェア対象店でお買物の
レシート(またはスタンプ)2店舗分を専用の
応募用紙に添付してダイヤ街に設置された
ポストに投函。
応募期間 ~2015年12月20日(日)
当選発表 抽選の上、賞品の発送をもって

■問合せ
吉祥寺ダイヤ街商店街協同組合
0422-22-6030

吉祥寺サンロード「ウインタースクラッチセール」

サンロード

期間中参加店でお買物をすると、先着8万本限定、総額800万円分のスクラッチカードを配布。スクラッチカードはそのまま”お買物券”として参加店で使えます。
※スクラッチカードの配布は無くなり次第終了

サンロード賞 10000円 50本
A賞 5000円 200本
B賞 1000円 2000本
C賞 500円 5000本
D賞 100円 20000本
売出期間 2015年12月23日(水・祝)~31日(木)
1000円でスクラッチカード1枚

■問合せ
吉祥寺サンロード商店街振興組合
0422-21-2202

 

超レアグッズに出会えるチャンス!現役マンガ家やイラストレーターが手塚治虫へのリスペクト作品を創作し発表。

手塚治虫作品をモチーフにして、現役のマンガ家・イラストレーター・クリエイターらがそれぞれに思い入れのある手塚作品をオリジナルの作品に仕上げ発表します。

名付けて『手塚治虫文化祭 ~キチムシ’15~』
意外な先生による意外なキャラクターが見られるかもしれません。

tezuka main

会場ではイラストやその複製原画をはじめ、ポストカード、Tシャツ、フィギュア、コミック冊子、その他雑貨など、どれも会期中のみの限定品を展示即売します。(販売作品の一部は受注販売)

tezuka eguchi

tezuka huruya

江口寿史

古屋兎丸

tezuka ippongi

tezuka kamijo

一本木蛮

上條淳士

 tezuka kihara  tezuka kiriki
きはらようすけ 桐木憲一
 tezuka kitai  tezuka storm
キタイシンイチロ(DEVILROBOTS) Storm Machine Graphics

場所は、以前から『30T(サーティ)』などをはじめとして、マンガ家の個展をしばしば開いている吉祥寺・リベストギャラリー創

超レア作品を見逃したー!なんて事にならないよう、是非足をお運びください。

手塚治虫文化祭 ~キチムシ‘15~
開催日時 2015年12月17日(木)~23日(水・祝)
12時~18時(最終日は17時まで)
開催会場 吉祥寺リベストギャラリー創
(武蔵野市吉祥寺東町1-1-19)
出  展  者 青木俊直・いしかわじゅん・一本木蛮・
江口寿史・上條淳士・
キタイシンイチロウ(DEVILROBOTS)・
きはらようすけ・桐木憲一・島本和彦・
Storm Machine Graphics・寺田克也・TOUMA・
西野直樹・古屋兎丸・百世・山田雨月・横田守
 主   催  アシッドキューティプランニング 手塚るみ子
 協   力 手塚プロダクション /CATTERBOX inc/
株式会社タックデザイン
 お問い合せ  リベストギャラリー創 TEL: 0422-22-6615

 

これはビジュアルアート!書家歌人 凰月さんと書のお稽古

書家歌人 凰月さんは武蔵野市で書道教室を主宰する中、三味線や琴といった和楽器やバレエなどと融合させ、書をしながら舞う書舞(しょまい)と呼ばれるパフォーマンスを披露するなど、多方面で活躍されています。(武蔵野市観光機構親善大使も務めています)

今日はむさしのFMにご出演され、武蔵野市芸術文化協会の情報と、現在指導されている『江戸文(えどふみ)』とご自信が考案された『留袖ガウン』についてお話しされました。

IMG_0424

『江戸文(えどふみ)』とは、和紙の巻紙に文字を書いた後、伊勢型紙を使って色付けをして仕上げる書で、凰月さんが商標登録を取っている手法です。

書道教室案内伊勢型紙とは、着物の柄や文様を染めるのに使われる用具で1000年以上の歴史を誇る伝統工芸品です。
この型紙を文字を書いた上に置き、色付けをしていくのが『江戸文』で、和紙もかな文字に合ったモノを選んでいるそうです。
上の画像をご覧いただいてわかると思いますが、とても美しいです。

ただ今2月のお稽古『春の江戸文』の募集を開始しています。

江戸文2月のお稽古
日 時 2016年2月7日(日)
13:30~15:00
場 所 吉祥寺教室 art space 樹音(吉祥寺サンロード内)
吉祥寺本町1-12-4
会 費 3500円(別途 型紙代・小筆代)
問合せ o-getsu.shodou@ezweb.ne.jp

『留袖ガウン Kimono Tokyo』
留袖とは、着物の種類の中で最も格式が高い礼装ですが眠ったままになっているお着物もたくさんあります。
そこで、新しい試みとして考案されたのが『留袖ガウン Kimono Tokyo』です。眠っている着物をリメイクし、洋服の上から羽織って使えるガウンに仕立てました。

image5
image3
着物を着てみたいけれども着方がわからない…など、どなたでも気軽に洋服の上から羽織り、ご自身の感性で使用できるガウンです。
是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか!
(※留袖ガウンの画像は2016年4月に追加したものです)

留袖ガウンの問合せ
o-getsu.shodou@ezweb.ne.jpまで。

 

歴史ある落着きとエンタメ感がミックスした武蔵境がおもしろい!

JR中央線・武蔵境駅北口を出ると直ぐに見えるアーケードが「すきっぷ通り商店街」は、昔ながらの商店も新しいお店も、コンビニも、金融機関もさまざまが立ち並ぶ賑やかな商店街です。

IMG_4687 - コピー

↑画像は3月に行われた『アニメSHIROBAKOキャンペーン』中に撮影したすきっぷ通りです(現在キャンペーンは終了しています)

近年駅周辺の開発や整備によって、歴史ある武蔵野の面影を残す環境に新たな風景が造り出され大きな進化が続いています。

この武蔵境周辺、実はアニメ『SHIROBAKO』『じょしらく』などで舞台やモデルとなった場所が多くある何かと楽しい場所でもあるのです。
つい最近公開された武蔵野市・三鷹市オールロケの映画『流れ星が消えないうちに』でもしばしばこの街が出てきて、切ない恋の物語が武蔵野市・三鷹市の風景と美しく調和し描かれています。

…と言う事は!?
そーです!!ストーリーの舞台を訪ねて歩く”探訪”ができるエンタメ感たっぷりな街なのです!

ちょうど今、すきっぷ通りでは歳末の福引大会を開催しているので、街歩き・舞台探訪を楽しんだ後は、武蔵境のお店やレストラン、カフェでお買物やお食事をして賞品も当てちゃいましょう!!

CUkvrZtUwAAVB2T

歳末セール参加店にて2,000円のお買い上げで1回(200円券×10枚でもOK)以下の賞品が当たるくじ引きができます!

特賞(15本) 金券 10,000円分
1等(50本) 金券 5,000円分
2等(400本) 金券 1,000円分
3等(2,500本) 金券 100円分
4等(6,000本) 金券 10円分
※金券は歳末セール参加店にて2015年12月23日(水・祝)
まで利用できます。
■期   間 ~2015年12月13日(日)
■福引時間 12時30分~17時30分(最終日は20時まで)
■12月12日(土)14時~/すきっぷ通り商店街中央特設会場
武蔵野市の友好都市・富山県南砺市から直送の
『杵つきお餅800g』を500円で即売
■主催 武蔵境駅前商店街協同組合(すきっぷ通り商店街)
■連絡先 0422-52-4044(月~金・13時~18時)

 

今年の吉祥寺駅前イルミネーションはクリエイターが結集し創りあげた街のメッセージ

『アニメーション以外で携わることが出来て嬉しい!』
『吉祥寺のイメージを光の演出で表現できる事にワクワクしている!

と語るのは、アニメーション監督 森本晃司さん。

そうです!あの!”AKIRA”を手がけ、現在はアニメーションだけでなく空間デザインなども手がけるクリエイターとして世界中で活躍されている森本晃司さんです。

森本さんは吉祥寺と縁があり、仕事も生活も全てこの街で築いてきたと言います。
毎年見る駅前イルミネーションに何かモニュメントとしての面白い仕掛けができないかと毎年頭の中でイメージしていたものが、今年、具体的な表現として姿を現しました!!

DSC_2318

テーマは『水』
KICHIJOJI AQUA ILLUMINATION 2015

イルミネーションモニュメントは遠藤豊さん率いるLUFTZUG(ルフトツーク)、サウンドデザイン畑中正人さん、空間デザイン川島範久さん+佐藤桂火さん/ARTENVARCH(アーテンバーク)、Φ(phy)という、世界の映画祭や舞台、美術館などで制作経験を持つ気鋭のクリエイターが集結し手がけたもの。

DSC_2232

古くは縄文時代までさかのぼる井の頭池の『水』を起源にしたストーリーとなっています。

高さ5メートルの白いウォールは湧き出す水源をイメージし
放たれる光と音は水の恵みと生命エネルギーを表現しています。

毎時0分と30分にはスペシャル演出が行われますので是非ご覧ください!
井の頭公園は2017年に100周年を迎えます。
それまでの3年間計画で水の街吉祥寺のストーリーを伝えるイルミネーションを制作していくと言います。

新しいシンボルが街を訪れる方々の新たな記憶となりますように。

(※イルミネーション写真撮影 雨宮透貴)

Kichijoji_Aqua-_Illumination_2015_PR_1106-1

こちらは吉祥寺イルミネーションのポスターです。
吉祥寺の友好都市・富山県南砺市で購入した和紙に森本さんが直接描かれたものです。(始めての試みなので緊張して描いたそうですよ。)

期間中吉祥寺のどこかでポスター原画が巡回展示されています。森本さんのTwitterをチェックして足をお運びください。

因みに今日からは第一ホテル前の「モモカレー」さんで展示。

 

2016吉音コンテスト・出場アーティストの募集が始まりました。

毎年ゴールデンウィーク期間に開催される音楽イベント『吉祥寺音楽祭』では様々な音楽関連の企画が行われますが、その中でも「吉音コンテスト・決勝大会」はハイライトイベントと言えます。

厳しい予選を勝ち抜いてグランプリに輝いたアーティストは吉祥寺が1年間街をあげて応援します!

ライブハウスをはじめ、ジャズバー、劇場、映画館が点在し、あらゆるジャンルの音楽や文化を発信している吉祥寺の街が応援する吉音コンテストに応募してみませんか。

2015年度吉音グランプリは”Cats & SeaSide Village”
Cats & Seaside Village_2015吉音コンテストグランプリパワフルな姉弟ツインボーカルによるエンターテイメント集団!
武蔵野市内で開催される各種イベントに出演の他、むさしのFMで毎週日曜午後 Cats&SeaSide Villageの 「武蔵野 SOLE SOUL」を 放送中!
○放送はこちらから聴けます!!

2015吉音_表

■応募締切 2016年2月5日(金) ※当日到着分まで
≪フリーエントリー部門≫と≪ライブハウス推薦部門≫の2部門で募集が行われ、実行委員会による第一次、第二次審査のあと2016年5月3日の吉祥寺音楽祭・吉音コンテスト決勝大会進出者が決定します。
(審査結果は2月末までに吉音公式サイトで行われます)

■エントリーシートの入手方法
吉祥寺音楽祭公式ページ、または吉祥寺の主要大型店、ライブハウス、音楽関係店、飲食店、サンロード“まち案内所”、武蔵野市観光機構などで配布しています。

■詳細お問合せ
ダイヤ街商店協同組合内 吉祥寺音楽祭実行委員会
TEL :0422-22-6030 (月・水・金 10:00~17:00)/担当 菊池

街中でクリスマスの気分が高まる季節がやって来ました!

いよいよ12月に入ります。
吉祥寺の街ではクリスマスソングが流れ、お店のウインドウにはクリスマスグッズが並び始めています。

通りごとに違った雰囲気を持つイルミネーションが輝いています。近くを通り過ぎる時にチェックしたいイルミネーションの幾つかをご紹介します。
2015イルミ_南口

ペニーレーン2
2015イルミ_平和通り

2015イルミ_ダイヤ街

街にはまだまだたくさんの光の演出がなされていますので、お気に入りのイルミネーションを見つけるのも良しですね☆

お茶を飲みながら、食事をしながら、ショッピングをしながら、
『○○…しながら』、光が降り注ぐような、華やかで幻想的な世界を楽しめますよ!

なんだかウキウキしてきませんか?
今年最後のひと月を、心豊かにお過ごしください。

 

必見!ここにストーリーあり!『武蔵野市の歴史と文化財』~蕨手刀から凱旋門まで~

武蔵野市立 ふるさと歴史館では、市指定文化財を中心にした『武蔵野市の歴史と文化財の企画展』を開催しています。
2015武蔵野市の歴史展示 ◆展示期間 2015年12月24日(木)
◆場   所 武蔵野市立 武蔵野ふるさと歴史館
        (武蔵野市境5-15-15)

展示では古代~近世~近代まで、武蔵野の時代背景を文化財と歴史上の出来事で解説し、歴史の流れを立体的に捉える事ができる内容となっています。

今回限定で公開された武蔵野八幡宮所蔵の「蕨手刀」は始めて一般公開された資料としても注目の一点です。
蕨手刀と壺

(↑8世紀代の蕨手刀(左)と土師器(壺)/武蔵野八幡宮から出土)

蕨手刀_2

(↑蕨手刀は鉄製の刀で柄頭が蕨の若芽のように渦をまく意匠から命名された。古墳時代の終わりから奈良・平安時代にかけて盛行した刀。北海道から九州にかけて出土しているが、北海道・東北での確認例が8割を占める。)

近世は、現代につながる都市が作られた時代でした。市内に伝わる古文書や検知帳(土地台帳)などの実物を見る事によって、1660年代に開発が始まった吉祥寺村・西久保村・関前村・境村の新田開発の時代を知る事ができます。

古文書_1

(↑開発は計画的なものであったっため「幟」に似た短冊型の耕地が多いことが検知帳の記述でもうかがえる。)

その後、開国への道を歩むことになった日本は欧米諸国による政治的・経済的影響を受け、世界史の大きな動向に巻き込まれていきます。

近世_浮世夢はなし

(↑江戸の風俗を描いた”浮世夢はなし”ではペリー来航時や生麦事件での人々の様子が具体的にみて取ることができる。)

近代は、国民国家が成立する時代へと入り、近代化が欧米列強諸国に追いつくことを意味した。軍事力も重要な要素であり、次第に対外戦争に対応するものへと移行していきました。

展示

(↑明治38年の境停車場に掲げられた”日露戦争凱旋門扁額”(画面右)が公開されている。)

地引絵図

武蔵野市の重要な文化財である『武蔵野市域における「地引絵図」』では吉祥寺村・西久保村・関前村と同新田・境村と同新田の4村の幕末から明治期にかけての景観を知ることができます。
絵図の地割を観察すると、昔の地割と現在の地割が似通っていることがわかります。

是非、昔ながらの名残を発見してみてください。きっと面白いことが見つかりますよ!

更にスペシャルに楽しみたい、歴史をもっと知りたいと言う方は、武蔵野ふるさと歴史館・学芸員の高尾さんに解説をお願いできます。
たっぷりある知識の引き出しからエピソードを切り取って、歴史や人々の生活、文化を解説してくれます!(本当に良く解る)

武蔵野市トレジャーハンティング「探偵ムサシと忘れられた手帳」賞品発送のお知らせ

2015年9月26日(土)より開催しておりました“武蔵野市トレジャーハンティング」「探偵ムサシと忘れられた手帳”は2015年11月3日(火・祝)をもって終了いたしました。

本年もたくさんのご参加をいただき誠にありがとうございました。
また、ご協力いただきましたアンケートを貴重なご意見として、今後のナゾ解きゲームの企画に反映させていただきます。

2015トレジャー抽選会アンケートにお答えいただきました方々から抽選のうえ、ご当選者様に順次賞品をご送付いたします。
※当選の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきますので予めご了承下さい。

 

注目のライブにカモーン!!『キンぱれ』~アートと喋りと落語のライブ~

2015キンぱれ

武蔵野市とは縁の深いイラストレーターのキン・シオタニさんと落語家の立川晴の輔さんの二人が繰り広げる絵と落語と喋りのライブ!!

3年ぶり、6回目となる今回は、キンシオさんの地元武蔵野市で『武蔵野』をテーマに開催されます。

やわらかく、優しく、ゆるく表現するのが得意なキンシオさんと隠居ペディアこと落語家の立川晴の輔さんが”おもしろい武蔵野ネタ”をいっぱい話してくれますよ。

これを聴いたらこれからの吉祥寺、三鷹、武蔵野が楽しくなる!!

「キンぱれ」
■日時 2015年12月19日(土)/13時45分
■場所 武蔵野市民会館大ホール
■出演 立川晴の輔、キン・シオタニ
■問い合せ 080-9875-1122 ツキノニジ(12時~18時)

キンぱれFacebookはこちら
キン・シオタニ公式ページはこちら
立川晴の輔公式ページはこちら

実は、先日キンシオさんがむー観事務局にいらして、さささ~~と自筆でポスターにCMを書き込んで行かれました(どこの部分を書き足したかわかりますか?笑)
その時のもお話しがとっても楽しくて、武蔵野ネタがチラチラと…、
あっと…お後は会場で(笑)
キンぱれポスター