武蔵野市観光機構ブログ

第四十四回吉祥寺秋まつり 開催されました!

この週末~9月10(土)・11(日)~、吉祥寺秋まつりが開催されました。

10日、宮神輿宮出しの様子を見たい♪と、むー観を出て吉祥寺通りを北上して行くと、八幡様手前でお子様たちがワイワイしています。そこにはなんと・・・!

出番を待つ神馬

出番を待つ神馬がいました。

信号を渡り武蔵野八幡宮へ・・・

八幡宮

鳥居

境内

ちょうど動座祭が終わり、皆さんスタンバイ中のもよう。

手古舞

提灯

実行委員長の挨拶と一本締めに続き、いよいよ宮出しスタートです!

神馬2

まずは神馬がやってきました。

人馬3神馬4

(木遣りは撮り逃し・・・💦)続いて手古舞の舞姫たち。

手古舞

手古舞2

むさしのばやし。

むさしのばやし1

手古舞2

そして、いよいよ宮神輿の渡御。

神輿

神輿2神輿3

黄金に輝く宮神輿!凛々しい!!

鳳凰が羽ばたいています。間近で見るとすごい迫力です。

img_1841_%e3%81%bc%e3%81%8b%e3%81%97

img_1844_%e3%81%bc%e3%81%8b%e3%81%97

担ぎ手の皆さんもかっこいい💖

宮神輿7

宮神輿8サンロードに向かって渡御して行く後姿を見送りました。

神輿一行の渡御の間、五日市街道は一時的に片側通行になりましたが、特に交通渋滞することもなく上手に交通整理されていたのが印象的でした。警備に当たられた皆さま、暑い中、どうもありがとうございました。

さて、今週木曜(9/15)は武蔵野八幡宮例大祭が開催され、武蔵野市はまだまだ秋のイベントが続きます。

 

 

アジアゾウはな子への”ありがとう”を形に。

5月に国内最高齢の69歳で死んだアジアゾウの「はな子」。
1954年に井の頭自然文化園に来てから62年の間、人を楽しませ、時には心の支えになり、多くの人に愛され暮らしていました。

”感謝の気持ちを形に” ”広く愛されたはな子の功績を後に伝えたい”という声より、寄付を募り吉祥寺駅前に銅像を設置することが発表されました。

はな子

はな子募金箱-吉祥寺市政センター

募金箱は来年3月末まで、市役所や武蔵野市内図書館、各市政センター、井の頭自然文化園などに設置されます。(↑上の画像は吉祥寺市政センター)

目標額は約1000万円。
美術家の笛田亜希氏が原型を製作。大きさは高さ1メートル、横幅1.5メートル程で、台座に置かれる予定。
来年5月の井の頭公園100周年での設置を目指しています。

【吉祥寺「はな子」像設置実行委員会】
武蔵野市・武蔵野商工会議所・武蔵野市商店会連合会・吉祥寺活性化協議会・井の頭自然文化園・武蔵野市開発公社

募金の使途 アジアゾウはな子の銅像製作及び設置にかかる費用
並びにその他必要経費
銅像設置場所 吉祥寺駅北口前広場(予定)
銅像完成予定 2017年5月
募金受付期間 2016年8月30日~2017年3月31日
※募金の状況に応じて変更の可能性あり
募金受付方法 1)現金(募金箱による募金)
井の頭自然文化園、武蔵野市役所、各市政センター、
市内各図書館、コミュニティセンター(一部を除く)、
吉祥寺美術館など
2)口座振込
■多摩信用金庫
吉祥寺支店 普通 0153499
■三菱東京UFJ銀行
吉祥寺支店 普通 0814313
■ゆうちょ銀行
1)ご自身のゆうちょ銀行口座からの振込
記号・番号 00160-9-451107
 2)ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込
当座 019店 0451107
 3)ウェブクレジット決済
実行委員会HPよりお手続きをお願いします。
http://hanako-bokin.jp/
問い合わせ先 武蔵野市市民部生活経済課内
吉祥寺「はな子」像設置実行委員会事務局
TEL  0422-60-1832

はな子募金

第3回『むさしのプレミアム認定商品』の審査会を行いました。

お土産たくさんあって…何にしよう?って思うこと、ありませんか?

女子会やホームパーティー、手土産、ご進物など、せっかくお渡しする品は先方に喜んでいただけるものを選びたいもの。

2014年度にスタートした認定品制度、武蔵野市のお土産品『むさしのプレミアム』では市内でお求めいただける品々をご提案しています。

今夏、第3回むさしのプレミアム認定商品の審査会を行い、新たに応募された商品を対象に、公募による市民の方を含めた『市民審査会』と先日8月31日にはおみやげ専門委員による『最終審査会』を開催しました。

IMG_審査会1

IMG_審査会2

IMG_審査会3IMG_審査会5

9月下旬にサンケイリビング新聞社発行『リビングむさしの』の誌面で新しいむさしのプレミアムの仲間をお披露目する予定です。

『むさしのプレミアム』を様々なシーンでお役立てください。

吉祥寺のまちは秋まつりムードが高まってきました!

2016年の「吉祥寺秋まつり」は9月10(土)・11(日)の2日間で開催です。
吉祥寺の各町会が有する全11基の神輿がまちを練り歩き大変な熱気に包まれます。

開催までの約10日間、祭りの華である「神輿」がまち中に展示されます。(11内の6基)
本日より、むー観事務局にも吉祥寺サンロード商店街の神輿が展示されました。

むー観展示1

むー観展示2

(↑J:comさんの取材も入りました。放送は本日18:00~のデイリーニュースと10月上旬放送予定の秋まつり特番で!)

例年、16:00頃は神輿が夕日に照らされて、それは見事な輝きをみせてくれますのでオススメの時間!

展示

日本の職人の技を集めた伝統工芸の神輿を、どうぞお近くでゆっくりご覧ください。

【神輿展示場所と期間】

神輿名 展示場所 展示期間
ダイヤ街
神輿
東急百貨店9階 2016年9月1日(木)~
9月8日(木)
サンロード
神輿
武蔵野商工会館1階 2016年9月1日(木)~
9月8日(木)
井の頭通り
神輿
南町
コミュニティセンター内
2016年9月1日(木)~
9月10日(土)
五日市通り
親交会神輿
コピス吉祥寺
B館1階南側入口
2016年9月2日(金)~
9月9日(金)
北口駅前祭礼
こども神輿
アトレ吉祥寺本館
1階ひかりの広場
2016年9月5日(月)~
9月9日(金)
祥南神輿 丸井吉祥寺店店頭 2016年9月5日(月)~
9月9日(金)

 

今年5月、69歳の生涯を閉じたアジアゾウ はな子とのお別れ会『はな子ありがとう』開催

井の頭自然文化園でくらしていたアジアゾウの「はな子」は、2016年5月26日に69歳の生涯を閉じました。

皆さんで”お別れの言葉”を伝えるため、お別れ会が行われます。

はな子-1

日 時 2016年9月3日(土) 11:00~
場 所 井の頭自然文化園 動物園(本園) 芝生広場
内 容 お別れの言葉など(来賓および園長)
飼育員からのメッセージ
当日来園された方々からの献花
(花は用意されます)

【特設展示】
アジアゾウはな子の69年
~2016年10月30日(日)/井の頭自然文化園(本園)・資料館1階

こちらの≪はな子youtube≫もご覧ください↓ ↓
■はな子、たくさんの笑顔と感動をありがとう

■はな子は私たちのアイドルでした

~過去から学び、武蔵野市の未来を創造する~連続講座第1回講演会『さとやまと水辺の生物多様性の保全と市民の参加』

江戸時代につくられた玉川上水や雑木林は、当時の人々の生活に欠かせない場所でした。
そして明治の文豪・国木田独歩は作品『武蔵野』の中で、これらがかもし出す風景の美しさを描写しています。

この歴史・文化・自然的な財産を私たちはどのように楽しみ、守り、未来へとつないでいけるのか、講演をとおして考えてみませんか。

連続講座(全3回)
第1回 さとやまと水辺の生物多様性の保全と市民の参加

20160916•â•Žö‹Æ@•

 

日 時 2016年9月19日(月・祝)
10:00~12:15(9:45開場)
会 場 武蔵野プレイス 4階フォーラム
定 員 100名(申込順・要事前申し込み)
参加費 無料
申込み 玉川上水を守り育てる武蔵野市民の会
Eメール sumie634@jcom.zaq.ne.jp
FAX 0422-54-8892
連続講座第1回申込、住所、氏名(ふりがな)、
電話番号を明記
問合せ 上記メール 090-7724-3066(同会・田中)

 

第1回講演会_チラシ2
【今後の予定】
第2回 玉川上水・千川上水などと雑木林の見学会(10月頃)
第3回 ワークショップ(12月頃)

【講師】鷲谷いづみ氏(中央大学教授)
東京大学名誉教授。理学博士。みどりの学術賞、日本生態学会功労賞などを受賞。
「さとやま」や水辺の生物多様性の保全と再生などに関する幅広い研究や普及活動を行っている。

【後援団体】
玉川上水ネット・武蔵野史談会

 

フィナーレの花火は毎年大人気!『東京車人サマーフェスティバル』は今週末開催!

2016年夏も終盤です。夏の終わりに花火が夜空を彩ります。

武蔵境自動車教習所で開催される毎年大人気のお祭り、
『東京車人基金チャリティー 第27回サマーフェスティバル』が今年も開催されます!

武蔵境自動車教習所ではちょくちょく楽しいイベントを行っています。
当然、夏も熱くお祭りが行われますが、これが実にダイナミックでバラエティに富んだ出し物と模擬店で大いに賑わうイベントとなっています。

160827samafes1

白バイやミニパトの乗車体験、はしご車体験、シートベルト横転体験など、自動車教習所ならではの体験ができるのも特徴。
特設ステージではジュウオウジャーショーも!

フェスタはお昼から開催です、是非足を運びお楽しみください。

【イベントスケジュール】

160827samafes2
ステージイベント・アトラクションスケジュール(PDF)

 

ルーマニアワイン~固有品種の葡萄で造られた魅力~

ただ今武蔵野市では友好都市ルーマニア・ブラショフ市の企画展を開催中です。(市役所ロビー東急百貨店吉祥寺店

ワイン1今日は東急百貨店吉祥寺店の展示会場で販売されているルーマニアワインをご紹介いたします。

皆さん、ルーマニアワインを飲まれたことはありますか?
国内消費が圧倒的で日本マーケットには多く出回っていない希少なワインです。
その歴史は6000年前からと言われ、ルーマニアは古くから優良なワイン生産国として名を馳せ魅力的なワインがたくさん生産されています。
ルーマニアはローマ帝国に征服される以前からワインを造る文化を持っていたのです。

特筆するべきは、白葡萄のフェテアスカ・アルバ、赤葡萄のフェテアスカ・ネアグラは、ルーマニアのみでしか栽培ができない固有品種の葡萄で現在も栽培され続けていることで、一番の人気品種でもあります。

『フェテスカ・ネアグラ(赤)』
日本語の意味は 【黒い乙女】 といい、プルーンや熟したベリー系の香りが印象的。ヴォリューム感がありタンニンと酸味のバランスが秀逸。
『フェテアスカ・アルバ(白)』
日本語の意味は 【白い乙女】 といい、ライムやピーチのニュアンス。
プルーンや熟したベリー系の香りが印象的。穏やかな酸味で口当たり柔らかく調和のとれた味わい。

フェテアスカネアグラ

吸血鬼と狼男発祥の地、ムンテニア地方で生産されるカベルネ。
『牙 カベルネ・ソービニヨン(赤)』
ラベルはルーマニアの狼男をイメージしています。
赤い果実と黒胡椒やユーカリの ニュアンス、赤い果実を思わせるフルーティーな味わい。

IMG_1582

【甘口のデザート系ワインも揃っています】
コリアンダー、アカシア蜜、ドライピーチ、バラやイチジクのアロマが感じられるスアーブ、ルーマニアを代表する白ブドウ品種のフェテアスカ・アルバから生まれたカステル、ボリュームのある香りでエキゾチックなニュアンスのタマヨアサ。

デザート系ワイン

会場では15種類のワインが揃っています、幾つかは飲み比べができますので、是非一度ルーマニアワインを味わってみてください!

以下の写真は東急百貨店吉祥寺店で行われたセレモニーと展示会場の様子です。パネル展示のほか特産品の絨毯やワインの販売が行われています。↓

東急百貨店セレモニー

東急百貨店展示1

東急百貨店展示2

 

【企画展のお知らせ】武蔵野市の友好都市”ルーマニア”を知ろう!

武蔵野市とルーマニア・ブラショフ市は1992年から交流が始まり、現在では友好都市の関係にあります。
武蔵野市は2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、ホストタウンとしてルーマニアを応援しています。

ルーマニアは黒海に面する東ヨーロッパの国で首都はブカレストで人口は約2000万人です。

東欧の楽園とも呼ばれ、ヨーロッパの国々の中でも特に自然に恵まれた国のひとつです。29の中世の趣を残す世界遺産があり、歴史を感じさせる文明の証しを見ることができます。

IMG_1130-1

IMG_1151

【国旗の赤・黄・青の色が意味するものは】
赤=先祖達の血の色
黄=小麦畑の色
青=空の色

IMG_1156-1 IMG_20160428_140200-1

↑以上に掲載の写真は友好都市ブラショフ市内のもので、街は古く中世の姿をとどめ、沢山の歴史遺跡や博物館があります。

【中欧、東欧で唯一のラテン文化の国】
ルーマニア語はイタリア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語と似ている言葉が多い。

【ルーマニアは世界でも有数のワイン産出国】
紀元前からワインの製造が行われており、かつての王室御用達のワインセラーも点在する。

IMG_1230-1↑武蔵野市とブラショフ市で設立した日本武蔵野センターの生徒たち。
センターでは 幅広く日本人の生活(武蔵野市民の文化)の紹介、日本語、現代及び伝統文化の紹介などに努めています。

【ルーマニアの有名人ドラキュラ伯爵】
ブラショフ市近郊のブラン城はドラキュラ伯爵のモデル=ヴラッド・ツェペシュ領主がよく訪ねたといいます。

【ルーマニア企画展開催!】

2016年
8月2日(火)~8日(月)

武蔵野市役所
1階ロビー展示

ルーマニアに関する展示

(交流の歴史・観光情報など)

2016年
8月3日(水)~10日(水)

東急百貨店百貨店
吉祥寺店
  2階催事場
ラテン文化の物語
~ルーマニアフェア~
(交流の歴史・観光情報など)
駐日ルーマニア大使俳句展
ワイン・ブランデー・ビール
カーペット・ワイングラスなど
物産販売

 

武蔵野ふるさと歴史館戦争資料展示 『戦争と武蔵野Ⅱ』~

戦後70年を迎えた昨夏、武蔵野ふるさと歴史館では、企画展「戦争と武蔵野」を開催し、戦時中の武蔵野町並びに周辺地域に関連した史実に基づき、地域への関心を高め、平和を希求する心の大切さを伝える取り組みをしました。

本年も昨年に続き企画展「戦争と武蔵野Ⅱ」が開催されています。

2016戦争と武蔵野Ⅱ_1

失われつつある記録や記憶を、大切に守り伝えられてきた資料を通し、昨年より広い視野と視点で、事実を浮き彫りにすることに努めた展示内容になっています。

中島飛行機武蔵製作所関連資料調査において収集した米国国立公文書館所蔵資料の一部も公開されます。

2016戦争と武蔵野Ⅱ_2戦争と平和について考え、我々が生きる今を見つめる機会となれば幸いです。

場 所 武蔵野ふるさと歴史館
(武蔵野市境5-15-5)
入館料 無料
開館時間 9:30~17:00
休館日 金・土・祝日

【地図】

ページトップヘ