武蔵野市観光機構ブログ

雅楽とソプラノの調べ

お出掛けしたくなる秋空~晴れと思いつつ今日もお仕事をしています。

けれどもっ!昨日は素敵な芸術の秋を体験しましたのでご報告。

昨日のオフィスは朝から、我が社むさしのFM(78.2MH)の放送番組

『ハッピーう~たん』 『発信!わが街・武蔵野人』 の公開放送で賑わっていました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

『ハッピーう~たん』には

≪雅楽アンサンブル・桜韻≫の

高桑賢治(たかくわけんじ)さん

越後眞美(えちごまなみ)さん

が生演奏を披露してくださいました。

高桑賢治さん:篳篥(ひちりき)

          東京藝術大学・音楽学部・作曲科卒

          国立劇場や銀座雅楽堂など数々の雅楽演奏

          会に参加

越後眞美さん:竜笛(りゅうてき)

          東京藝術大学・音楽学部・邦楽課卒

          国立劇場など国内外の雅楽公演に参加

演奏曲は≪胡飲酒(こんじゅ)≫宴席で演奏される曲だそうです。


なんて雅な音色~音譜 

篳篥と竜笛は共に竹で作られた管楽器で、篳篥は主旋律を竜笛はそれに絡むように演奏されます、

思った以上に高音で高らかな音色でした。古くは屋外で演奏されることが多かったからなのでしょうね。

『発信!わがまち武蔵野人』には
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

第79回「日本音楽コンクール」声楽部門で3位に入賞された

ソプラノ歌手 湯浅桃子さんがご出演くださり、

文化庁海外派遣研修でのボストンでの1年間を振り返りながら、

お話くださいました。

ご教授いただいたドンナ・ロール先生の、

「喜びや幸せを感じて息を吸いなさいと言う先生の教えを受け

プログラム終了後にはどんな状況でも歌えるようにようになった。

とのことでした。

先生は愛に溢れた方で、湯浅さんが初めて先生の前で歌ったときには「私の前に小鳥が来たようだわ」と言ってくれた。

自分を信じて歌うことは今までなかなか出来なかった事だが、先生の教えでそれが出来るようになった。

人としてきちんと成長したい、歌は全てが出てしまうから。とお話くださいました。

湯浅桃子さん:東京藝術大学・音楽部・声楽課卒

           同大学院音楽研究課オペラ選考修士課程終了

           第55回全日本学生音楽コンクール声楽部門大学・一般の部第一位。

           日本放送協会賞ならびに都築音楽賞を受賞

今日11/6(土)は湯浅さんご出演、日本フィル武蔵野の会主催

~チャリティーコンサートin吉祥寺ホーム~ が開催されます。

定 員 120名(先着順)

費 用 3000円

時 間 14:00~16:00

場 所 吉祥寺ホーム 集会室 (武蔵野市吉祥寺2-9-2)                               

      吉祥寺駅北口より「ムーバス北西循環」にて5分「25番北コミセン前」下車、徒歩2分


※詳細は日本フィル武蔵野の会運営委員まで
  湯浅  厚子(TEL・FAX 0422-41-1541)
  近藤寿美子(TEL・FAX 0422-52-3384)
  お問い合わせは午後1時から午後6
時の間にお願いします。


武蔵野市観光推進機構事務局のブログ むさしのFM

「ハッピーう~たん」

「発信!わがまち武蔵野人」 では

普段見ることができない生放送の現場を見ながら

番組を楽しむことがきます!お得です!
ラジオを通して聴くのとはまた違った楽しさがありますよ!

皆様のご観覧をお待ちしていま~す!

武蔵境イルミネーション

事務局のFです。

先日、11月3日に吉祥寺駅周辺のイルミネーションが点灯しました。

駅前ロータリー、サンロード、平和通り(駅からパルコまでの通り)、公園通り(東急前の通り)、本町新道(コピス吉祥寺とロフトの北側)が、イルミネーションで彩られています。お仕事帰りやお買い物などのついでに、お楽しみください。

ところで、イルミネーションは吉祥寺だけではありませんよ。

明日11月6日には、武蔵境でもイルミネーションが点灯します。イルミネーションは北口のスイングロードと南口の境南通り(観音院南側)の2か所だそうです。

さかいHOTほっとプロジェクトなど、武蔵境独自の取り組みをされていたり、JR中央線の高架が行われたりと、何かと元気で楽しいまちだけに吉祥寺とはまた違ったイベントになっています。

イルミネーションの点灯は午後5時からですが…

1 午前10時に駅内の南北仮通路が開通します。

 北口のスイングロードから観音院の辺りへと通じる通路が開通し、歩行者と自転車(自転車は降りて通行してくださいとのことです)が通行できるようになります。イルミネーションを観てまわるのにちょうどいいです。

2 正午から点灯式イベントが行われます。

 ステージではカラオケ発表会、藤村女子中学高等学校のハンドベルコンサート、亜細亜大学軽音楽部・吹奏楽団のステージなどのほか、模擬店も出るそうです。

模擬店って言われたら、また行きたくなるじゃないですか。「ガチャが反則」とはこの前言いましたが、改めて言います。ガチャは反則ですが、模擬店も反則です。

なお、12月11日にはスイングビル前の特設会場でクリスマスイベントも行われますので、こちらもお楽しみに!

【公式ホームページはこちら】

http://www006.upp.so-net.ne.jp/docyoshi/ILM.htm

吉祥寺でちょっとアートな気分を楽しむ~パート1~

去り行く秋を惜しんで、ちょっとアートな気分を楽しみたい時、

お勧めしたいのが、この吉祥寺シアターに併設されたシアターカフェ

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

【所在地】吉祥寺大通り ヨドバシとローソンの間の道をまっすく進んだところ

【営業時間】11:30~19:00

【定休日】毎月最終火曜日

【TEL】0422‐22‐3477

ショッピング街から少しだけ離れた場所にあり、静かな時の流れを

過ごせます。

吉祥寺シアターは舞台芸術鑑賞や普及活動を目的としていますが、、

もちろん、カフェのみの利用も可能です。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

中はコンクリートが打ちっぱなしになっていて、

店内の壁は、芸術家さんの作品が展示できるように

スペースが貸し出しされています。

年内は予約でいっぱいだそうですが、もし、

ご自分の作品を飾りたいと思ったら、お店に連絡してみましょう。

シアターカフェ 新サービス!!

吉祥寺シアターでの公演チケット(観劇当日のみ)をお持ちの方は、

飲食代10%OFFになるサービスがあるそうです。

吉祥寺シアターの詳細はこちらへ

吉祥寺カフェ

吉祥寺には、古くから続くオリジナリティー溢れるお店が沢山ありますが、

今日はそんなお店のひとつ

『COFFEE HALL くぐつ草』 をご紹介します。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

『くぐつ草』は創立370年になる江戸糸あやつり人形芝居の「結城座」 によって運営されています。

オープン以来約30年、変わることなく吉祥寺で親しまれてきたお店です。

お店への入口は、先ずは階段!

すでにここから雰囲気ありありです…。

ビルの地階、植物のプランターが沢山吊るされている階段を地階へと降り、扉を開ければ、そこはまるで洞窟の中に入ったような、不思議な空間が広がります。武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

コーヒー専門店だからと…コーヒーだけなのかな?と思っていましたが、

紅茶・ココアなどの飲み物からケーキなどオリジナルメニューがありましたコーヒー

スパイスの効いた

『手作りのくぐつ草カレーセット/\1580、ミニサラダ・コーヒーor紅茶付』もお薦めです 合格 ナイフとフォーク
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

ケーキセット \1030 お酒とおつまみ \850~ ※詳細は『くぐつ草サイト』 で。

まちの賑やかさからは想像のつかない異空間です、ぜひ訪ねてみてください。

≪くぐつ草≫

営業時間: 10:00 a.m. – 10:00 p.m. 年中無休
武蔵野市吉祥寺本町1-7-7 島田ビルB1F
Tel. 0422-21-8473

むさしの青空市

事務局のFです。

先日は、nutmegさんのLIVEですっかり癒されてきました。おかげで、風邪もよくなってきたような気がします。

そんなことで、nutmegさんのブログで、今後の出演予定を見ていると、何かおもしろそうなイベントが…。

nutmegさんのブログ⇒http://ameblo.jp/nutmeg-11

11月7日(日)に市役所隣のむさしの市民公園で、むさしの青空市があり、nutmegさんもご出演されるそうです。

むさしの青空市は、市内産農産物の即売会やら武蔵野市の友好都市の物産販売など、各種の催し物が行われている人気のイベントです。

中でも野菜の宝船は一見の価値があります。(宝わけもあるので、見るだけでなくいただく楽しみもありますが)

また、nutmegさんの出演されるステージは12時10分~12時40分の予定ですが、他にも富山県南砺市のむぎや節や、岩手県遠野市の早池峰しし踊りなどのプログラムもあります。

ワタクシの大好きな縁日も出ますので、そちらも楽しみですね。

はい。その通りです。恐らく11月7日のお昼時は、きっと焼きそばやらたこ焼きを楽しみながら、nutmegさんのステージを見ていることでしょう。

nutmegさんもご出演!

【むさしの青空市】

日時 11月7日(日)午前10時~午後3時(雨天決行)

場所 むさしの市民公園(緑町2-2、市役所南側)

詳しくは市公式ホームページで

http://www.city.musashino.lg.jp/cms/event/00/01/53/00015318.html

平和の祈りを武蔵野から発信

市民平和フォーラムが井の頭自然文化園 彫刻館B館で開催されます。

日時:11月20日(土)午後1時30分(1時開場)~午後4時

参加無料

【第1部】午後1時30分~3時

田上富久長崎市長講演 「戦争のない未来のためにできること」

パネルディスカッション 「平和な世界に向けて武蔵野市に期待するもの」

【第2部】午後3時10分~4時

被爆ピアノが奏でる平和への祈り

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

長崎「平和記念像」を作者北村西望は、ここ井の頭のアトリエで制作しました。

武蔵野市緑町あたり(旧中島飛行機武蔵製作所周辺)は、昭和19年11月24日から、9回にわたって、

米軍の空襲を受け、多くの犠牲者を出した場所でもあります。

深まり行く静かな秋の一日、平和への思いを巡らしてみてはいかがでしょうか・・・

フォーラム参加は申込みが必要です。

11月11日(必着)までに、武蔵野市役所市民協働推進課までお申込みください。

定員200名、超えた場合は抽選だそうです。

詳細は 武蔵野市市民協働推進課HP

◆彫刻館A館にて 同時開催(申込みは不要)

1.ガイドによる北村西望作品の案内  午前11時~正午   彫刻館A館入口集合

2.長崎原爆資料館所蔵 写真パネルの展示 午前10時~午後5時

「ジャズと春樹と武蔵野と」を聴いて

昨日、成蹊大学公開講座「ジャズと春樹と武蔵野と」に行ってきました。

雨に曇った成蹊大学のケヤキ並木を抜けると、Bill Evansの"Waltz for Debby"が聞こえてきました。

秋の嵐の中を600名近くの方々が、「ノルウェイの森」を探訪されました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

『ノルウェイの森』は、三十七歳になった主人公のワタナベトオルが、ボーイング747機でハンブルグ空港に到着するところから始まる。

しかし、この飛行機はどこから飛んできたのか、なぜハンブルグに来たかも知らされないいまま、読者は主人公の回想の世界へ導かれる。

ワタナベは吉祥寺に下宿して、ボーイフレンドを自殺で失った津田塾大生・直子とデートを重ねるが、やがて直子は姿を消し、彼女が精神を病んでしまったことを手紙で知らされる。

講師の宮脇俊文教授は、「壊れそうな卵の殻の上を割れないようにそっと歩く」Miles Davisの演奏を紹介しながら、ワタナベが生きた時代のジャズ喫茶の反体制性や、物の豊かさと引き換えに心の貧しさだけが残った時代について語りました。

村上文学のキーワードとも言うべき、閉塞感や喪失感、生と死のイメージに包まれた会場では、

「僕はどこでもない場所のまん中から緑を呼び続けた」という『ノルウェイの森』の末尾の文章のような、

行き場のない不確かさを共有して印象深い講座は終わりました。

12月11日(土)にはトラン・アン・ユン監督による映画『ノルウェイの森』が公開されます。

井の頭公園もロケ地になっているということです。

詳細は映画『ノルウェイの森』

成蹊大学公開講座「むさしの~昨日・今日・明日~」は、これからも続きます。

各回ごとに完結した内容ですので、今回見逃してしまった方も是非どうそ。

詳細は成蹊大学公開講座

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

レンタサイクル

事務局のFです。

仕事ですから出社してきましたが、台風が近づいてますね。けど、オフィスのある吉祥寺でも、先ほどまでは雨、風ともに強くなってましたが、今は少し弱くなってきました。まぁ、油断は禁物です。むさしのFM(78.2MHz)でも随時台風情報を放送しますので、ご確認ください。

ところで、こんな天気では取材に行く気が出てきませんので、今日はいつもとちょっと変わった話題で。

今日の日本経済新聞の東京版に『レンタサイクル 表参道で貸し出し』という記事を見つけました。

何でも、表参道周辺の店舗で自転車の貸し出しと返却を受け付け、ICカードで料金を管理するそうです。なおICカードで登録店舗の割り引きクーポンも記録されるとのこと。

吉祥寺にも40台のレンタサイクルがあるんです。

ちなみに武蔵野市の公式ホームページでの記事

http://www.city.musashino.lg.jp/cms/faq/00/00/96/00009618.html

『いつもとちょっと変わった話題』なんですが、実は武蔵野市での都市観光を語る上で、避けて通れない話題なんですよ。

武蔵野市にきていただいたお客様が吉祥寺、三鷹、武蔵境といった武蔵野市内、また、三鷹市や調布市といった「お隣さん」も含めてまわっていただくとなると、バスか徒歩、自転車が候補にあがってきます。

距離や予算も含めて考えると、「レンタサイクルがあれば…」なんて考えが浮かんでくるのは当然です。

ただ、今の方式だと、吉祥寺で借りて、また吉祥寺に戻ってこなくてはなりません。記事に出ていた方式だとAというお店で借りて、Bというお店で返す『乗り捨て方式』なのかな?近隣のまちも含めた乗り捨て方式だったら、かなり便利だよなぁ…なんて考えてしまいます。

難しい問題はあるんでしょうが、もし吉祥寺で自転車を借りて、調布で返すなんてことができたら、面白いですよね。

素晴らしい音に出会える「喫茶バロック」

今日は吉祥寺の本格名曲喫茶「バロック」をご紹介します。

場所は吉祥寺ヨドバシカメラの東側、通りを少し入ったビルの2階です。

「BAROQUE」さんと「MEG」さんがお隣同士です!

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

扉を開けるとそこは、異空間へのタイムトリップ。

変わりゆく吉祥寺のまち中で変わらない音と空間に出会えます。

35年前に始めたと言うお店には、ご主人自作の「真空管アンプ」が

多数置かれ、今もなお円熟された音色を出しています。

ご主人が亡くなられた後は奥様がその遺志を継ぎお店を営んでおられます。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

Western Electric 300B、HE300B、274B…5R4WGY…などの真空管が使われた

アンプがずらりと並び、それらに火が灯り、幻想的な雰囲気をつくりだしていました。

スピーカーは「TANNOY」と「VITAVOX」

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
最初に針を落としてくださったのは「ブラームス OP51 No2」

「マリアカラスのアリア」のソプラノの歌声の綺麗さ…

「音楽の源泉/グレゴリオ聖歌隊」/サンピエール・ド・ソレーム 修道院聖歌隊/指揮 ドン・ジョセフ・ガシャール

VITAVOXから出たこの鐘の音は、本当に教会の鐘の音、今その場所にいる臨場感。

世界的名機の魅惑の音色を体験することができました。素晴らしいです!!

音楽によりアンプとスピーカーと交換しているそうですが、

体と耳で感じる音により使い分けをしているとのことでした。

VITAVOXは朗々と…

TANNOYはくっきりと…

ご主人が亡くなった今では、球やコードの交換は困難になってしまった、

またそれらを交換することで表現される音にも変化があるとのことなので、

そっと、長く使っていけるようにしているとのことでした。

ご主人様の大切な思い出とお客様のことを思い、それらを守っている

奥様の優しさと凛としたお姿に心をうたれました。

静かにそっと入れてくださったコーヒーのお味はこの上なく美味しかったです。

ありがとうございました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

もっと書きたいことは沢山です。

しかし、この音や奥様の優しい雰囲気は私の未熟な表現力では表せません。

皆様も是非アナログな音色を体験してみてください。

【バロック】

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31-3
TEL:0422-21-3001

成蹊大学へ…

事務局のFです。

風邪が長引いています。今日はnutmegさんのライブの日ですが、途中で咳き込んでご迷惑をかけたらどうしましょう。急に寒くなってきましたので、皆さんも風邪にはご注意ください。

ところで、今日は今までにないちょっとまじめな話題です。

昨日のことですが、成蹊大学文学部の高田昭彦教授からお声かけいただき、成蹊教養カリキュラムの「武蔵野地域研究」の講師として、成蹊大学に行ってきました。吉祥寺の歴史や特色、魅力などについて、吉祥寺に関わる皆さんが、交代でそれぞれテーマを決めて講義するというものです。講師の皆さんの顔ぶれを見ると、そうそうたるメンバーなんですが、私も入っていいんでしょうか?

しかし、『はい。お引き受けします』と言った以上、やるしかありません。わたしは「ソフト面からみた吉祥寺のまちづくり」について話すことにしました。『観光推進機構』ですから、都市観光の切り口しかできませんけど。

話の内容としては…

1 武蔵野市観光推進機構について

2 観光と都市観光

3 吉祥寺における都市観光の視点の必要性

4 今後の吉祥寺の可能性

の4つのポイントを設定しました。資料ができたのは、前日。綱渡り状態です。けど、まぁ何とかなると思って雨の中、成蹊大学へ。

…で、実際に教室に行ってみると…

あれ?大学生じゃないですよね?って方がいらっしゃるんですけど。市民聴講生の方もいらっしゃるんですね。

お蔭様で、緊張感が急激に上昇です。

やっぱり人前で話す、しかも講義として話すことは難しいですね。話す内容のキーワードを全て書いたメモを持参しましたが、自分の伝えたいことを伝わるように話すには、ワタクシは修行不足です。

ワタクシの悪い癖なんですが、色々な話題を詰め込みすぎて、とりとめのない話になりがちなんですよね。

一通り、ワタクシがお話してから、質問コーナー、そしてフリートークへ。学生さんも鋭い質問をしてきますので、気が抜けません。かえって、こちらがいい勉強をさせていただきました。昨日の状態では、もう二度とお呼びいただけないと思いますが、次があれば、もっとまともなお話ができるよう修行しておきます。

ページトップヘ