待望の上演!!前進座公演『松本清張 朗読劇シリーズ』

地元吉祥寺で何らかの表現活動をしたい!

という前進座さんの思いがいよいよ形になりました!!

私達が吉祥寺で体験できる前進座の舞台は…

~松本清張の名作小説の朗読劇シリーズ~

朗読劇で浮かぶ松本清張作品の中の登場人物達、

緊張や恐怖、感情の変化、風景などをお楽しみください。

■8月12日(火)・13日(水)

≪スケジュール≫

■12日(火) 

16:00 『天城越え』

少年・女・土工、三人の運命が天城峠を境に決定づけられていく…少年の淡い恋心はやがて犯罪へと変貌し…

サスペンス的推理小説、

18:00 『或る「小倉日記」伝』(ある こくらにっき でん)

情熱を注ぎこんだ末に、志半ばに彼は亡くなる…能力があるにも関わらず活かされることが無かった哀しい顛末…

松本清張が41歳で受賞した芥川賞作品


■13日(水) 

14:00 『張込み』

平凡な日常生活を送る主婦が、ある日、非日常的な危うさに遭遇し…

清張が自身の推理小説の出発点とする作品


16:00 『点と線』

当時は東海道新幹線の開業もまだで、もちろん中央線の高架ホームもありません。

昭和32年発表のこの作品は、東京駅のホームを見通せる4分間のトリック…

時刻表トリックの傑作として読み継がれている作品



≪チケット≫

■全席自由 一般2,500円(アルテ友の会会員 2,300円

         2回券 4,500円 4回券 8,000円(電話予約のみ受付)

■6月7日~/10:00~ チケット販売開始

  ※電話・インターネットにて予約受付開始

■チケット取扱い・お問合せ 

  劇団 前進座 0422-49-0300/武蔵野文化事業団 0422-54-2011

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です