第2回「水辺の生き物を守る」講演会

わたしたちは日々活動していますね。

その行動は何気なく…だったり、または便利だ~などと言いながらだったり、

と、さまざまなわけですが、この人間活動は生態系に大きな影響を及ぼしていることは既知と思います。

いまや地球規模で生態系が簡単には元には戻れない状態になりつつあると考えられているそうです。


そのような背景もあり、都立動物園水族園である井の頭自然文化園と葛西臨海水族園では、かつては身近な水辺で普通に見られたメダカやイモリ、カエルなどの保全活動をおこなっているそうです。

これらの取り組みを紹介する講演会が開催されますので、ご興味のある方は是非足を運んでみてください。

武蔵野市観光機構事務局のブログ

日 時 2013年12月1日(日) 13時30分~16時
場 所 
井の頭自然文化園 動物園(本園) 彫刻館B館
定 員 80名(高校生以上)
内容 
(1)「都内における両生類の域内保全活動について(仮題)」
    講師/佐久間聡(環境コンサルタント)

(2)「保全へとつなぐ–いきもの広場の成り立ちと活動」
    講師/井の頭自然文化園教育普及係 對馬恵理

【応募方法】
往復はがきまたはEメールで下記のとおり(応募者多数の場合は抽選)
往復はがきに希望者全員の氏名・年齢、代表者の住所・氏名・年齢・電話番号を明記し、返信面に代表者の住所・氏名を記入のうえ、下記あて先まで。
【あて先】〒180-0005 武蔵野市御殿山1-17-6 井の頭自然文化園 「保全講演会」係

■申込の締切 2013年11月24日(日)必着


※第1回講演は葛西臨海水族園で行なわれます。

詳細は以下ウエブサイトでご確認ください。

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=ino&link_num=21766

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です