”境のとんがらし”から新たなお菓子「とうがらしかりんとう」

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 武蔵野市・武蔵境エリアでは地元の子ども達と一緒に

”さかいのとんがらし”を育てtいます。

なぜ?唐辛子?なところですが、

実は武蔵野近郊では昭和初頭まで『八つ房唐辛子』という

とても辛い唐辛子が栽培されていたそうで、北原白秋の歌集「桐の花」にも登場します。

平成22年からは、武蔵境活性化委員会の主催で唐辛子生産作戦が始まり、

「さかいアグリHOT体験 みんなで育てるとんがらし」プロジェクトとして活発な活が行なわれています。

そして、青空の下、土に触れる活動のせいか…いや!そのお陰でしょう!

とっても楽しそうな、充実の時間的画像がいつも公開され、こちらまで元気一杯になります!

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

収穫した”唐辛子”は商品化され、純粋に唐辛子として、または、地元飲食店の激辛メニューとして(日獣大の学食でも提供^^)、または、加工食品として店頭に並んでいます。

辛いです!(^_^;)

地域の子どもたちには、環境・食の大切さを農業をとおして体験するイベントで、地産地消・食育の取り組みとなっているのですとうがらし

今回!その武蔵境の唐辛子に新商品が登場します!とうがらしとうがらし

発売日はまだ未定ですが、以下のよう「かりんとう」となって発売。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

「武蔵野とうがらしかりんとう」

唐辛子入りのしょうゆ味、生地はサクサクカリッ♪

このサクカリ感がたまらい!醤油ベースの甘辛味も後をひく~!

大きさも小さめサイズで食べやすい。

そんなに辛いものには強くない私でも食べられる(ちょっと「ひ~~」とかい言いながら(^^ゞ
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

辛さは

「ピリ辛」「劇辛」の2種

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

発売をお楽しみに!

詳細は武蔵境活性化委員会ブログで↓

http://ameblo.jp/musasisakai-info/day-20130424.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です