吉祥寺美術館『モジ・もじ・文字』展

毎日必ず目にする「文字」

私達のまわりにはたくさんの文字が存在していますね。

そういう文字から私達は様々なイメージを受け取ったりするわけですよね。

今回の吉祥寺美術館の展示はこの「文字デザイン」に焦点をあてた展示で、

題して≪モジ・もじ・文字~文字による文字の愉しみ~≫です。

期間 2012年7月28日(土)~9月9日(日)

場所 武蔵野市立吉祥寺美術館/TEL 0422-22-0385/入館料100円

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
≪出展内容≫

・平野甲賀(ひらのこうが)氏 『描き文字99』
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
・鳥海 修(とりのうみおさむ)氏 『字游工房と嵯峨フォントプロジェクト』
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
・大原大次郎(おおはらだいじろう)氏 『もじゅうりょく』
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
≪関連イベント≫

・僕は描く、晴さんは歌う

9月7日(金) 18:30~19:15 
定員90名 要予約 無料(ただし美術館入館券が必要)
7月15日~電話受付中 0422-22-0385
出演:平野甲賀・斉藤晴彦(俳優)・平岩佐和子(ピアニスト)
内容:三人による雑談と愉快なエノケンソング

・嵯峨本 フォントプロジェクト トークショー
8月11日(土) 14:00~16:00
定員90名 要予約 無料
7月15日~電話受付中 0422-22-0385

講師:鳥海 修(とりのうみ おさむ)、永原 康史(ながはら やすひと)
内容:プロジェクトチームに文章を書いてもらい、それを「嵯峨本フォント」で組んで

    冊子を作ってくれます。

・もじゅうりょく屋台

8月11日(土) 15:00~18:00
吉祥寺美術館 音楽室 予約不要/時間内入場自由/美術館の入場券が必要
内容:さまざまな文字でおもてなしする小さな屋台

大変に有名な3名のデザイナーによる、個性溢れる文字デザインが展示されています。

暑い毎日、少し涼しい美術館で

じーっと目 ひと文字ひと文字を見てみませんか?


何かを伝えようという思いやその視覚伝達の手段として生み出された

文字デザインのことをお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です