「武蔵野市 吉祥寺 喫茶店のナポリタン」

「週刊SPA!」に不定期掲載中の人気漫画

『孤独のグルメ』(原作・久住昌之、作画・谷口ジロー)が

ドラマ化されテレビ東京で放送中ですが、

来週2/15日(水)は吉祥寺の喫茶店が登場します!

原作は淡々と美味しい物を美味しそうに食べるところを描く、

誰もが毎日経験する「食をテーマ」にした漫画です。

番組を見たあとに、実際にその店に食べに行ったりする方も大勢いらっしゃるとか。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 主人公の井之頭五郎は、輸入雑貨商、40代半ば、独身。
ダンディな雰囲気で、そこそこ羽振りも良く、

自由を求めていて、こだわっているのが食事

でも高級な食べものではなく、よくある街角の焼き肉屋とか定食屋なんかで…

美味しいものを探して食事をする。

このとき彼は最高の幸せを感じる。

誰にも邪魔をされないで、淡々と美味しい物を美味しそうに食べるところを描く。

ご飯を食べて「このおしんこは正解だった」などと独り言を言う

五郎役の松重豊さんの食べるシーンが楽しみです。

事務局では、撮影支援を行いましたので、撮影風景を少しご紹介します。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ 場所は吉祥寺通り沿いのレストラン

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ この日は雨が降っていましたが、外でも作業が進められていました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ お店の中もスタッフで一杯、機材もたくさんです。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

漫画では実在のお店をモデルにしていますが、物語はフィクション。
ドラマでは原作に登場するお店ではなく、新たなお店をスタッフが探し出し、

原作のイメージを尊重して、新たに書かれたストーリーで映像化されています。

そのために、スタッフは実際に街を走り回ってお店探しに苦労しているとのこと。
スタッフが何か惹かれるお店を見つけ、実際に食べに入ってみるを繰り返しているそうです。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ
五郎役の松重豊さんの食べるシーンが念入りに撮影されました。

松重さんほんとうに美味しそうに食べられます。

夕食を何にするかってひとり悩むことってありますよね!?
入ったことのない飲食店に入る時には勇気も必要だったり、

店の佇まいなんかを見て決めたりしますよね。

イイ店を見つけた時の喜び、早く人に教えたい、でも教えたくない…的な心情。

このドラマ、深夜に見てお腹が空いて、ちょっと何か食べたくなりますよ!

※テレビ東京 毎週水曜 深夜0時43分放送

  『孤独のグルメ』HPはこちら http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/

「「武蔵野市 吉祥寺 喫茶店のナポリタン」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です