吉祥寺美術館 南桂子展

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

吉祥寺美術館で本日より開催されます

生誕100年南桂子展

 ~時を超えて刻まれた想い・まなざし~」のご紹介です。

日程:8月20日(土)~10月10日(月)

開館時間:10:00 ~19:30

入館料:¥100

今回の展示では、

学芸員の調査研究により

 作品の成り立ち、スケッチ、完成作品と、色違いのバリエーション

 など、版画の魅力がたっぷりと味わえるものとなっています。

原版が展示されていることにより、何気ない表現の中に、

念入りな背景の処理がなされていることに感動します。

帽子帽子帽子チューリップ紫チューリップピンク帽子帽子チューリップピンク帽子

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ昨日(8/19)、オープニングセレモニーにお邪魔しました!!

メルヘンチックな南桂子ワールドがすでに展開してます。

少女やお城、魚や小鳥たちがモチーフとなっている作品が多く、

その繊細に刻み続ける線と淡い色使いは、物語をかたりかけるよう。

幼い頃、ご両親を亡くされた南桂子さん。

きっと、童話の中の空想がお好きだったんじゃないかと

勝手に想像しました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ彼女は、高校女学校時代から詩や、絵画制作に興味を持ち、

戦後東京に出て油絵を学びます。

そのアトリエで、後の夫となる銅版画家「浜口陽三」に出会い、

版画に魅了され、さらに彼自身にも引き寄せられて行くんですね。

なんとも、ロマンチックで劇的な出会い。恋の矢

浜口陽三」を追って、パリに渡り、本格的に銅版画工房で

技法の研鑽も積んで行きます。
武蔵野市観光推進機構事務局のブログ浜口陽三記念室」は、吉祥寺美術館の常設ですので、

そちらも合わせてご覧いただくと面白いと思います。

←展示作品の写真が撮れなかったので、

  グッズの方を紹介しておきますね。

【版画体験ワークショップ】も開催します。

詳細は吉祥寺美術館ホームページ にて

申込締切は、8月29日(月)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください