市民協働サロンに参加して来ました。

事務局のMです。

ちょっと、重い話題ですが・・・・・・

10月23日(土)に、市民として戦争と平和を考える~「武蔵野市平和の日(仮称)」制定によせて

武蔵野市市民協働主催の10月のサロンカフェに、はじめて参加して参りました。

武蔵野市観光推進機構事務局のブログ

今回のサロンは11月24日を武蔵野平和の日(仮称)に制定することが検討されていることに

際して、市民として戦争と平和を考え、どのように取り組んでいけばよいか考える機会として

開催されました。

昭和19年11月24日より、当時軍用機のエンジンを製作していた中島飛行機武蔵製作所(現在の緑町あたり)

が米軍のB29による空襲を終戦までに、9回にわたり受けました。

そしてこの爆撃で多くの犠牲者と被害を被り、とても悲惨な出来事があったそうです。

東京空襲の最初に目標にしたのが、「この武蔵野」にあった中島飛行機工場というお話など、

びっくりするような武蔵野市の歴史を知り、非常に勉強になりました。

このような武蔵野市の歴史を、市民のみなさんや市外の方にも広く知ってもらい、2度とこのような戦争が

起きないように願うばかりです。

当日は20名以上の方が参加され、武蔵野市の平和の日について、いろいろな意見交換がなされました。

参加者の中には、実際空襲の体験をなさった方もおられ、貴重なお話もお伺い出来ました。

また、平和の日制定にあたって、市民平和フォーラムが開催されるとのことでした。

11月20日(土)午後、場所は井の頭自然文化園で、予約制とのことでした

詳細については、11月1日の市報で発表されますので、ご確認ください。

このサロンカフェは毎月第四土曜日の午後に開催されているとのことです。

是非、どうぞ参加してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください