日景さんと会いました。
朝、とても落ち着いた気持ちで起きました。今日は大丈夫でした。
服の整理をしました。いらない服が、段ボール3箱分にもなって、笑えました。
11時半に待ち合わせをしました。
日景さんにかしてもらった「デザインの授業」を読んで待っていました。
気がつくと左側に日景さんがいました。びっくりしました。
キラーチューンを歌っていたので恥ずかしかったです。聞かれなかったみたいで良かったです。
高円寺に梅が咲いていました。
曇っていたけれど、白い梅は綺麗でした。
梅の白と、枝の濃茶が日本的で、いい色合いでした。甘えがなくて優しくて、綺麗。好きだと思いました。
そのあと、いくつかの道を歩きました。私は宗教について教えてもらったことを思い出して、日景さんに伝えました。
日景さんには、いろんなことを聞いてほしくてたまらなくて、私は頭がパンクしそうになります。私の心の中にたまっているいろんなものを、吐き出して、整理して、正しいところに納める作業を、日景さんを使ってさせてもらっている。そんな気がしました。
お寺がありました。墓地のようなところもあって、線香の匂いがしました。線香の匂いは好きだと思いました。
zoolに連れて行ってもらいました。パスタと、日景さんはガッツリ系のフライと、あと、クレームブリュレを食べさせてもらいました。
上にココナッツのアイスが載っていて、キャラメルがあって、中はなんだろう、あまくて、やわらかくて、すっっごっっくおいしかったです。
日景さんと食べると、なにを食べても、ふわふわしていて、おいしくて、夢みたい。
中谷さんは貧血になったそうです。
中谷さんが来ました。水色のリュックと、大きな黒ぶちメガネ。
中谷さんは朝5キロ走ってきたそうで、とてもつかれたようすでした。ホワイトビールとココアをたのんでおいしそうにココアを飲んでいました。面白かったです。
お話も楽しかったです。文字通り、立て板に水のように話す人。でも、一つひとつの言葉が明瞭に頭に入ってくる。こちらが置いてけぼりを食らうことがない。すごく、頭のいい人だと思いました。
スープって言う音楽の話、テントの話。音楽が好きな人の話は楽しい。きっと、ライブとCDは全然違う。私はそれを知っている気がするような気がするけれど、今までやったこととは違う世界が開けてきそう。
そのあとチャイを頼んで、ちょっとしてから帰られました。
日景さんと中谷さんは同じ服飾学院で、日景さんのほうが一つ上。職場の同僚だったこともあるそうです。
中谷さんはそのうちフリーになるそうです。奥さんが妊娠中。
日景さんはタイの話をしてくれました。
海が綺麗だったこと。ダイビングのインストラクターのお姉さんが軍隊の教官みたいだったこと。
海に入った時に、魚がぶわーーって広がって、忘れられない光景だったこと。
シュノーケルの時に魚にエサをやっていて、なぜかエサがこぼれて、なぜか乳首を魚に噛まれたこと。しかも血が出て絆創膏を貼ったこと。
日景さんは運がないと言っていました。パチンコの新台が出る日に朝から並んでいたのに、開店直後に人の勢いに押されて、でも焦って走ったら盛大にこけて、気がついたら台が埋まっていた。
日景さんは、そういう風に、人を幸せにしてきたのだと思う。
日景さんの話はずっと聞いていたくなって、困ってしまう。帰って欲しくない。離れたくない。
でも、距離は少しずつ縮めていきたい。私は、子供だから。手順が分からなくて困ってしまう。本当に、どうしたらいいのかわからなくなるから、一つひとつ、階段を踏みしめるようにして、日々を過ごしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です