【夏休みの自由研究にもおススメ♪】武蔵野ふるさと歴史館「幻となった武蔵野の未来図」開催中!

現在、武蔵野ふるさと歴史館では、平成29年度 第2回企画展「幻となった武蔵野の未来図」を開催中です。

【期間】 2017年7月22日(土)~9月28日(木) ※休館日: 金曜・祝日

【時間】 9時30分~17時

【会場】 武蔵野ふるさと歴史館 第二展示室(企画展示室)

【詳細】下記チラシ(クリックで拡大)か、コチラをご覧ください。

さらに、同展示では夏休み期間中、自由研究にもぴったりの無料キッズイベント(ワークショップ)が開催されています。

まだまだ暑い日が続きますので、避暑方々、夏休みの宿題📖📓📔✏を仕上げにいらっしゃいませんか?

ワークショップ「武蔵野の未来のまちをつくってみよう!」
(A)自分だけの武蔵野のまちをつくろう

展示解説のあと、地図パネルの上に、駅、市役所、住宅、公園、病院、郵便局、商店街などさまざまな建物の模型を置いて、自分だけのまちをつくってみよう!

【日時】 上記展示開催期間中 毎週木曜日 10時30分~12時

【対象】 小学校3年生から6年生及び中学生・毎回先着順 5名

【お申込】武蔵野ふるさと歴史館 tel:0422-53-1811

(B)町名パズルで遊ぼう

町名整理の際に登場した武蔵野市域の町名をパズル式でマグネットに貼り付けて、実現しなかった町名で武蔵野のまちをつくろう!

【日時】 上記展示開催期間中いつでも、申込不要

(C)武蔵野の未来図を描こう

A2判とA3判の武蔵野市の白地図(4種類)にスタンプと色鉛筆(クレヨン)で、武蔵野の未来図を描いてみよう!A3判はラミネート加工してプレゼント。

【日時】 上記展示開催期間中いつでも、申込不要 ※ラミネート加工は平日10時~11時30分

【詳細】下記チラシか、コチラをご覧ください。

 

また、同展示関連イベントとして、講演会、担当職員による展示解説も開催しています。

(1)講演会 「昭和前期・武蔵野町の様相-立川町と対比しながら-」

【講師】 保坂 一房((公財)たましん地域文化財団歴史資料室 室長)

【日時】 2017年9月16日(土)14時~16時

【定員】 50名 ※事前申込制

【お申込】上記チラシ、もしくはこちらをご覧いただき、お申込みください。

(2)担当職員による展示解説

【日時】 2017年8月26日(土)・9月10日(日)13時30分~(30分程度を予定)

以前も当blogでレポートさせていただきましたが、学芸員さんの解説付きで展示を見ると、新たな視点を与えてもらえますし、理解がより深まりますよ!

夏休み後半戦も暑い日☀が続きそうですので、是非「武蔵野ふるさと歴史館」にて、涼みながら武蔵野市について考えを巡らせてみませんか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です