【む~観photoギャラリー📷】武蔵野アール・ブリュット2017①

2017年7月7日(金)~7月10日(月)まで、武蔵野市内の4会場で開催されてた『武蔵野アール・ブリュット2017』。

期間中は2,800人以上の方が来場され、大盛況の末に幕を閉じました。

む~観スタッフも4会場全てにお伺いし(あまりの暑さ☀に3日に分けて行きました。)、初「武蔵野アール・ブリュット」体験をしてきましたので、ここに皆さんとシェアさせていただきます。

まずは、吉祥寺大通り沿い、ヨドバシカメラさんのお隣の「ギャラリー永谷1・2」から。

イメージカラーの紫のお花が皆様をお迎えします。

展示された全作品が掲載されたパンフレット!む~観にも掲示させていただきます。

続きまして、吉祥寺美術館へ行く途中、コピス「ふれあいデッキこもれび」にて、こんなヒトビトに出会いましたよ!

7/8(土)-7/9(日)ワークショップ「HIMONINGEN(ヒモニンゲン)」みんなのアートが開催されていました。

HIMONINGEN(ヒモニンゲン)は、紐の持つ、結ぶ、繋がる機能をテーマにヒトの繋がりを表現した、美術家SYUTA(三友周太)氏が提案する参加型のビジュツ作品です。

2本の紐を用いて人型を制作する作品は、誰でも比較的容易に制作に参加でき、制作者が自分の分身を創りだしてゆきます。(武蔵野アール・ブリュット2017パンフレットより抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【む~観photoギャラリー📷】武蔵野アール・ブリュット2017②へ続く。

 

「【む~観photoギャラリー📷】武蔵野アール・ブリュット2017①」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です