武蔵境で一日ジャズが楽しめる『武蔵境JAZZ SESSION』

武蔵境JAZZ

ジャズの故郷はアメリカ南部のニューオリンズ。ここで生まれた「ニューオリンズ・ジャズ」に始まり、バンド編成でウキウキするリズムとメロディを演奏する 「スウィング・ジャズ」や、「モダンジャズ」「コンテンポラリー」「フュージョン」などと呼ばれる様々なジャンルがあり楽しまれています。

曲そのものをよく知らなくてもその場の演奏を聴けばじゅうぶんに楽しめるのがジャズ!
コンサートホールでジャズを楽しんでみませんか?

【日  時】 2016年2月20日(土) 13:00(開場)
【場  所】 武蔵野スイングホール(JR武蔵境駅北口徒歩1分/180席)
【入場料】 無料

昼の部:入場自由/夜の部:事前申し込み

【主  催】 武蔵野市 武蔵境商店会連合会/武蔵野市観光機構
【後  援】 武蔵野市
【制  作】 むさしのFM 78.2MHz

【プログラム】

昼の部 開場13:00/開演13:30 入退場自由
13:30 聖徳学園JAZZ BAND
聖徳学園高等学校吹奏楽部の部員と
OB・OGからなるバンド。
14:10 NEXT ASIAN QUARTET(亜細亜大学 軽音楽部)
亜細亜大学軽音楽部に所属する部員で結成したバンド。
大学ではジャズを中心に様々なジャンルの音楽を演奏している。
休憩
15:00 若生りえ
若生りえ(vo,fl)、細野よしひこ(gt)、二村希一(pf)、ジャンボ小野(ba)、田鹿雅裕(dr)
わこうりえ氏は「JAZZをもっと身近に」をテーマに、スタンダードJAZZを中心に演奏活動を行っている、日本人には珍しい中低音域の響きとフルートをフィーチャーした独自のスタイルで注目を集めている。
夜の部 開場17:030/開演18:00 事前申込制
18:00 ものんくる
ボーカルの吉田沙良、作詞・作編曲の角田隆太によるユニット。2011年結成。2014年2ndアルバム『南へ』でメジャーデビューし、同ディスクでJazz Japan Award2014新人賞を受賞。
日本語詞の世界観と様々な音楽ジャンルを吸収した瑞々しい感性と独特のポップ感が詰まった楽曲は同世代を中心に世代を超えて反響を呼んでいる。

【夜の部申込方法】 2016年1月15日(必着)
往復はがきに「武蔵境JAZZ SESSION」を明記し、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、希望人数(2名まで)をご記入のうえ下記まで。
〒180-0023 武蔵野市境南町2-10-24
武蔵境商店会連合会事務局「武蔵境ジャズセッション」係り

※申し込みはお1人様1通(定員180名を超えた場合には抽選)
※申し込みの結果は1月末に返信ハガキで通知。

【問合せ】武蔵野市観光機構 0422-23-5900

【関連リンク】

武蔵野スイングホール

武蔵境商店会連合会

むさしのFM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です