カテゴリー別アーカイブ: 音楽

【む~観photoギャラリー📷】第5回 吉祥寺アロハフェスが開催されました🌺

2018年5月3日(木・祝)、吉祥寺アロハフェスが開催されました🌺

新緑と衣装の赤のコントラストも美しく。満席の井の頭恩賜公園野外ステージを斜め後ろから。

第5回を迎える今年は、更にパワーアップして吉祥寺周辺の3会場にて開催✨

吉祥寺駅北口駅前ロータリー 特設ステージ
子どもから大人まで大人気♬ U900のステージ
この後武蔵野公会堂ステージにも出演する、大忙しのU900。

かわゆいダンサーさんたちもセクシーでした♪

井の頭恩賜公園野外ステージ

武蔵野公会堂
MCの池村祐美さん。
古賀まみ奈フラスタジオの皆さん
Mamina Koga氏。フラダンサーでありハワイアンミュージシャンでもある。

「プイリ」を使って。竹の棒に、縦に切れ目がはいっている楽器です。
タヒチアンダンスも披露。

 

【動画あり🎥】む~観親善大使「寶船」が吉祥寺ビューティーフェスティバルでパフォーマンスを行いました!

む~観親善大使寶船(宝船)が、2018年5月1日(火)吉祥寺ビューティーフェスティバルに出演、熱いパフォーマンスを魅せてくれました!

会場の「コピス吉祥寺ふれあいデッキこもれび」。11時~14時までは、ヘアアレンジブースが展開されていました。

AREA WESTの皆さん手作りのフォトブース📷も可愛らしく(⋈◍>◡<◍)。✧♡

fling tigerとのコラボ。

いよいよ15時、オープニングパフォーマンスのスタートです♪
MCは宮原さん(むさしのFM)♪

世界中のフェスから熱いラブコールが後を絶たない寶船。KBF吉祥寺ビューティーフェスティバル翌日には、メキシコに向けて飛び立つそうです✈

こちら↓から、む~観親善大使 寶船の、圧巻のパフォーマンスをお楽しみください!

 

GWは吉祥寺へ!『吉祥寺音楽祭』レポ第3弾 5/6吉音スーパーステージ編

2018年のゴールデンウィーク。
最終日も初夏のような日差し☀に恵まれました。
第33回吉祥寺音楽祭もいよいよ大詰め。5日に引き続き6日も13時から始まった「吉音スーパーステージ@北口駅前野外特設ステージ」はご覧の通り音楽好きなオーディエンスで溢れていました。

「ヤマノミュージックサロン ヴォーカルインストラクターズ」の皆さん。ハーモニーが美しすぎてその場を離れたくありませんでした。

屋根付きの「おもいやりシート」が設置されています。

ステージ前の座席は9割ほど埋まっていました。日暮れに向けて会場もどんどん盛り上がり、座席後方の立見席も混雑の予想です。
期間中、吉祥寺の街角至る所でLIVEが行われていました。PARCO前では島村楽器JOYFULコンサート。

司会の青江コースケさんとMC芦原優愛さんのノリノリなやり取りが会場を盛り上げます。

夕暮れ近く、場内満席。期待も興奮もどんどん高まります。
「bwpとファンキーヘッドライツ」FUNKなタテ乗りと管楽器のサウンドに、勝手に身体が動き出します♪

吉祥寺駅前・商店街・井の頭公園あちらこちらがライブ会場と様変わりし、音楽に溢れる吉祥寺を満喫できたGWでした♬

吉祥寺音楽祭 公式ホームページ http://www.kichion.com/
吉祥寺音楽祭 公式Facebook https://www.facebook.com/kichion.or/
吉祥寺音楽祭 公式Twitter https://twitter.com/kichion_or

吉音2018「吉音コンテストvol.17 決勝大会」審査結果♪

昨日 2018年5月3日(木・祝)、吉祥寺シアターにて「吉音コンテストvol.17 決勝大会」が開催されました♪🎷🎸🎹

吉音公式Facebookに、グランプリ発表の瞬間の動画がアップされていましたのでご紹介させていただきます♪

吉祥寺糸モノまつりでもお馴染み、「手織工房じょうた」さん作の優勝旗🏁🚩、素敵ですね。

第33回吉祥寺音楽祭、吉音コンテストvol.17決勝大会の結果は、以下の通りです。

🎊おめでとうございます!!

吉音公式HPより情報をいただきました。)

今後1年間吉祥寺がまちを挙げて応援し、さまざまなイベントに出演していただく他、グランプリのThe mammy rowsは、むさしのFMで1年間レギュラー番組を担当します!

楽しみですね♪

皆様応援よろしくお願いいたします(((o(*゚▽゚*)o)))

 

【速報】吉音2018「吉音コンテストvol.17 決勝大会」チケット情報

本日、2018年5月3日(木・祝)吉祥寺シアターにて開催される、

『吉音コンテストvol.17 決勝大会』のチケットは予定枚数を終了いたしました🙇

有り難うございましたm(__)m

ですが、「どうしても観たい(≧∇≦)!」というアナタ!!

確約は出来ませんが、全く入場するチャンスがないわけではないのです。

例年、『吉音コンテスト決勝大会』では、途中退席された方がいらっしゃった場合、その場で当日券(1,200円)をご購入いただいて入場することが出来ます。

ですので、ダメもとですが、今からでも、吉祥寺シアターに行って受付にてご確認ください!(例年、会場外に並んでいただいているそうです。)

昨年のグランプリ「ますかけ」に続く、2018年吉音コンテストグランプリ誕生の瞬間を、見届けるチャンスです(((o(*゚▽゚*)o)))

吉祥寺音楽祭の情報はこちらをご覧ください!

 

GWは吉祥寺へ!『吉祥寺音楽祭』レポ第二弾!4/29公園コンサート編

吉音2018」2日目、4/29は公園コンサートが開催されました♪🎸🎷

井の頭恩賜公園野外ステージを会場に、緑の中でゆっくりと音楽を楽しめる「公園コンサート」。

13時30分~ 藤村女子高等学校吹奏楽部(^^♪

 

トリを務めたのは、2017吉音コンテストグランプリのますかけ😄
ますかけは、沖縄出身の赤嶺裕樹(右)と明星学園出身のソロアーティストshinji(左)の二人組。
息の合ったハーモニー♬が彼らの魅力。
ますかけライブは、毎回MCも楽しみ。思わず爆笑するむ~観スタッフ。

ますかけのライブは、演奏だけでなくMCも楽しみの一つ😊二人のおしゃべりがとにかく面白い!

む~観スタッフは皆、彼らのラジオ(むさしのFM「吉祥寺Sunday Café」内、『ますかけのますますご迷惑おかけします!!』)の大ファンなのです。

吉音2018、この後もますかけが登場しますよ!

  • 5月3日(木) 吉音コンテスト(吉祥寺シアター)
  • 5月5日(土) 吉祥寺音楽祭スーパーステージ(北口駅前野外特設ステージ)

詳しくは、吉音公式HPをご覧ください。

 

GWは吉祥寺へ!『吉祥寺音楽祭』レポ第一弾!4/28ホコ天パレード編

ゴールデンウイーク中は、イベント盛りだくさんの吉祥寺!

第一弾4/28「ホコ天パレード&ストリートライブ」

ホコ天パレードでは、元町通りコピスA館ふれあいデッキこもれびをスタート、サンロード商店街を経由し、歩行者天国になった平和通りパルコ前まで、パフォーマンスが行われました。

快晴の4月28日(土)。14:00 に始まったイベント。大勢の市民の方で溢れたコピス前でのパレードの様子をミニ写真レポします。

コピスA館ふれあいデッキこもれび前は黒山の人!

J.Gr00ve Dixieland Jazz楽団の陽気な演奏が先陣です。

明星学園サンバ部&インペリオ・ド・サンバ

 

12/19むさしのエアーアプリに、『第15回武蔵境JAZZ SESSION』(夜の部)に出演する佐藤春樹さんが登場しました!(再放送もあるよ♫)

12/19(火)むさしのFMむさしのエアーアプリ、「本日のお客様コーナー」のゲストは、、、、、、!

2018年2月24日(土)開催『第15回武蔵境JAZZ SESSION』夜の部に出演する、ジャズトロンボーン奏者の佐藤春樹さんでした!
ダンディーでシャイな秋田人、でも奏でるサウンドはアグレッシブなジャズトロンボーン奏者 佐藤春樹さん。

佐藤さんのオフィシャルなプロフィール等は、こちらこちらをご覧いただけるので・・・。

当blogでは、名パーソナリティー川久保さんが引き出してくれた、むさしのFMでしか聴けない佐藤春樹情報をお届けします(^^♪

火曜日のパーソナリティは川久保秀一さん。ジャンルは違えどミュージシャン同士、会話が盛り上がります!「この曲(最初に紹介した”5 crossing”)は、何拍子なのですか?」(川久保氏)、「4拍子です。」(佐藤氏)。(4拍子にも何拍子にも聴こえない、JAZZ素人のむ~観スタッフ。)

<トロンボーンとの出会いは部活動>
吹奏楽部でたまたま余っていた楽器が「トロンボーンかクラリネット」だった。迷わずトロンボーンを選択。(運命の出会いとチョイス✨)

<Jazzとの出会いは高校2年生頃>
ラジオのJazz番組をたまたま聴いて「なんなんだ!!!!!」、ずっと吹奏楽を演ってきたので、全くの新しい世界=Jazzに衝撃を受ける。その後、「田舎の繁華街のJazz喫茶に入り浸った」(本人談)。(ジャズトロンボーン奏者 佐藤春樹の原点。)

<下積み時代>
高校卒業後、一度は東京で就職するも一年で辞め、トロンボーン奏者としての道を歩み始める。赤坂界隈のキャバレーのハコバン(※)としてキャリアを積み(本人曰く「修行」)、その後PIT INN(ライブハウス)出演をきっかけに、色々なメンバーと知り合うようになって、様々なバンドから誘いがかかるようになった。修行時代の面白エピソードを突っ込んで聞いていた川久保さんでしたが、残念ながら公共の電波で言えないことばかりだそうで…残念💦
※ハコバン=ライブハウス等のお店専属のバンド

(その後の佐藤さんのご活躍ぶりは、JAZZ Trombone 佐藤春樹のホームページでご覧いただけます。

<『武蔵境JAZZ SESSION』への意気込み>
今回はCD「Collage」のメンバー(佐藤春樹 5 Crossing)で演るので、バンドのカラーを1時間でどのようにして出せるかが課題であり、楽しみなところ。

曲紹介をご本人から。”moon drops”。
”佐藤春樹 5 Crossing”が出演する『第15回 武蔵境JAZZ SESSION 』夜の部は、入場無料ですが事前申し込みが必要です♪
夜の部申込み締切:2018年1月6日(土)(必着)

【日時】2018年2月24日(土) 夜の部は17時30分開場、18時開演

【会場】武蔵野スイングホール (東京都武蔵野市境2丁目14番1号)

【応募方法】往復はがきに「武蔵境JAZZ SESSION」を明記し、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・希望人数(2名まで)を必ずご記入のうえ、下記までご郵送ください。

〒180-0023 武蔵野市境南町2-10-24
武蔵境商店会連合会事務局「武蔵境ジャズセッション」係り

※お申し込みはお1人1通(定員180名を超えた場合には抽選)
※お申し込み結果は1月末に返信ハガキで通知。

★★★★★

「来年まで待てない!今すぐ佐藤春樹のトロンボーンを生で聴きたい(≧∇≦)🎵」と言う方に朗報!なんと今週末、吉祥寺サムタイムにてライブがあります。

2017年12月24日(日)
★昼の部(daytime)14:00~/15:30~
★昼 Charge 1,000円
★詳細はこちら>> http://www.sometime.co.jp/sometime/live.html

★★★★★

川久保さんのスマートフォンで撮影しているのは、むさしのFMの石塚氏。
語り口調も醸し出される雰囲気も、大変穏やかな佐藤さん。それが一旦トロンボーンを手にするとどう豹変するのか!演奏と共にそのギャップも楽しみです。

<忘れちゃならない昼の部!>
『第15回 武蔵境 JAZZ SESSION』昼の部には、地元のグループが三組出演します。
亜細亜大学の軽音楽部『INDIVIDUAL ASIAN QUARTET』、
聖徳学園の『聖徳学園 JAZZ BAND』、
吉祥寺南町のビッグバンド『武蔵野 Jazz Orchestra(MJO)』が出演!

昼の部は、「13時開場、13時30分開演」、「入場無料、入退場自由」となっておりますので、是非ご来場ください🎶

第15回 武蔵境 JAZZ SESSIONについて詳しくは、こちら>> http://musashino-kanko.com/musashino-event/musashino-jazz-session/

<番組を聞き逃しちゃった方へ>
最後に、佐藤春樹さんがゲスト出演したむさしのエアーアプリを聞き逃しちゃった~😨って方に朗報!再放送があります♫

【再放送】2017年1224()10時~「本日のお客様まとめて再放送!」

聴き逃した方は要チェック!

むさしのFMはインターネットで全国どこからでも聴取可能です。
詳しくはむさしのFMのホームページまで→ http://www.musashino-fm.co.jp/

それでは皆さん、2018年2月24日(土)は、武蔵野スイングホールでお会いしましょう🎼

 

第8回武蔵野市国際オルガンコンクール 表彰式

雨模様の中での本選を終え、いよいよ表彰式です。

コンクール組織委員の皆さんとプレゼンターの邑上市長
5人のファイナリストと審査員の皆さん
組織委員長、海老澤敏氏のご挨拶

いよいよ発表です。まずは第3位から。

審査委員長のギ・ボヴェ氏より発表。プレゼンターは邑上市長。

第3位は、カテリン・エマーソンさん(アメリカ)🎊🎊👏👏

第3位:賞状、賞金60万円

第2位は、トーマス・エドウィン・ゲイナーさん(ニュージーランド)🎊🎊👏👏

第2位:賞状、賞金80万円

そして第1位は!

アマンダ・モールさん(アメリカ)🎊🎊👏👏

第1位:賞状、賞金120万円。

<第1入賞者への副賞>
・第1入賞者のCDを、Naxosレーベルより世界発売する。
・第1入賞者に、2019年度に武蔵野文化事業団の招聘による日本での演奏の機会を与える。

続きまして第5位は、木村 理佐さん(日本)🎊🎊👏👏

第5位:賞状

第4位は、千田 寧子さん(日本)🎊🎊👏👏

第4位:賞状

おしまいに、聴衆賞は、千田 寧子 さん🎊🎊🎊👏

聴衆賞:賞状、記念品。プレゼンターは海老澤組織委員長。聴衆賞は、本選出場者の中から聴衆の投票により選出された者に授与された。

以上で、全ての賞の発表が終わりました。

ギ・ボヴェ審査委員長より。審査は大変スムーズに喧嘩もなく(笑)ほとんど全員一致で決まったそうです。また、音楽に点数をつける、優劣をつけるのはほとんど不可能である(音楽は生きているから)ものの、コンクールは若い奏者を助ける良い機会であり、参加者が友情を育む良い機会である、とおっしゃっていたのが印象的でした。
所々日本語も交えて、英語でお話くださいました。日本語の発音もほぼ完璧!さすが音楽家です。

 

邑上市長もご挨拶。
名残惜し気なファイナリストと審査員の皆さん。皆様本当に、お疲れ様でした。

 

第8回武蔵野市国際オルガンコンクール 本選の様子は、コチラ>>

 

第8回武蔵野市国際オルガンコンクール 本選

昨日武蔵野市民文化会館にて開催された、第8回武蔵野市国際オルガンコンクール 本選を観に/聴きに行ってきました🎹

台風の影響で、雨模様の本選でした。
9/17本選と9/18入賞者披露演奏会のチケットは完売です!

本選が、1次予選、2次予選と大きく違うのは、「ファイナリストたちの自由な選曲によるリサイタル」であるところです。

本選<演奏曲目>
自由な選曲によるリサイタル。1960年以降生まれの作曲家によるオリジナルのオルガン曲を1曲含むこと(10分以内)。ひとりあたりの持ち時間(出入りと曲間の時間も含む)は、40分以上50分以内で休憩なしとする。 (本選 プログラムより抜粋。)

ふむふむ、曲目が指定されていた1次、2次と比べて、より「その人らしさ」が垣間見られるという事ですね🎶

む~観スタッフが武蔵野市民文化会館に到着した時、ちょうど3人目のファイナリスト、トーマス・エドウィン・ゲイナーさんの演奏中だったため、会場の外で聴きながら待ちました。

約10分の休憩をはさみ、4人目のファイナリスト、千田 寧子 さんの登場です。

椅子の高さも各自調整します。
手も脚も使って奏でます。かなりの運動量!腹筋を鍛えないとオルガニストにはなれませんね💦
会場は撮影禁止なので、特別にPAルーム(と呼んでよいのでしょうか…?)で撮影させていただきました。関係者の皆様、有り難うございました。

10分休憩を挟みます。

続いて、5人目の奏者、アマンダ・モールさんの登場です。

 

18時、ファイナリスト5人全員の演奏が終わりました。

すぐに審査に入るため、観客は一旦会場から出て、ホワイエで待機します。

ここで、当日配られた本選プログラムより、ファイナリストの皆さまの演奏曲目をご紹介します。

18時45分~、いよいよ表彰式です🎊

第8回武蔵野市国際オルガンコンクール 表彰式の模様はコチラ>>